齊藤誠人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
齊藤 誠人
埼玉西武ライオンズ #78
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道札幌市東区
生年月日 (1995-08-07) 1995年8月7日(23歳)
身長
体重
180 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 捕手
プロ入り 2017年 育成選手ドラフト2位
年俸 300万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

齊藤 誠人(さいとう まさと、1995年8月7日 - )は、北海道札幌市出身のプロ野球選手捕手育成選手)。右投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

経歴[編集]

札幌市立札苗中時代に所属していた札幌北シニアでは、選手が10人しかいない中で補欠であった[2][3]

札幌光星高時代は、3年次夏の南北海道予選で8強に進出したのが最高成績[3]

高校卒業後は、体育教師を目指すために北海道教育大学岩見沢校に進学する[3]。当初は野球を続けるつもりはなかったが、練習を見学した際の部員たちからの強引な勧誘によって札幌学生野球連盟に加盟する同校の硬式野球部に入部しプレーを継続することとなる[3]。指導者がいない中、選手たちで意見を出し合い練習メニューを決め、3年次からは齊藤が事実上の采配をふるっていた[4]。4年間チームとしては2部リーグで過ごしたが、自身は1年次から主軸を務め、1年次の春季リーグから5季連続でベストナインを獲得した[2]。4年次は、春に右手の有鉤骨を骨折した影響からDHのみの出場となり、シーズン通して満足なプレーができなかった[2][5]

2017年10月26日プロ野球ドラフト会議埼玉西武ライオンズから育成選手ドラフト2位指名を受け[6]、入団。北海道内の国立大学からは初のドラフト指名選手となった[7]2019年6月28日、支配下選手登録。

人物・プレースタイル[編集]

最大の武器は、遠投110m、二塁送球1.75秒の強肩[4]城島健司ヤディアー・モリーナの動画を見て研究し、座ったままでも二塁送球は1.8秒台を計測できる[4]

大学時代は指導者がいなかったため、野村克也古田敦也の本を教材に独学で捕手の技術を身に付けた[2][4]

卒業論文のテーマは「高齢者における運動スポーツに対する能否認識に関する研究」[8]

詳細情報[編集]

背番号[編集]

  • 122(2018年 - 2019年6月27日)
  • 78(2019年6月28日 - )

脚注[編集]

  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2019年2月14日閲覧。
  2. ^ a b c d 北海道教大岩見沢・斉藤、道内国公立大初の指名待つ”. 日刊スポーツ (2017年10月17日). 2019年1月14日閲覧。
  3. ^ a b c d 10人チームで補欠、目指したのは体育教師…雑草捕手がたどり着いたプロの世界 <1>”. full-Count (2017年12月11日). 2019年1月14日閲覧。
  4. ^ a b c d 10人チームで補欠、目指したのは体育教師…雑草捕手がたどり着いたプロの世界 <2>”. full-Count (2017年12月11日). 2019年1月14日閲覧。
  5. ^ 西武育成2位斉藤、目指せ米屈指強肩捕手モリーナ”. 日刊スポーツ (2017年11月14日). 2019年1月14日閲覧。
  6. ^ 2017年ドラフト会議 全指名選手”. 埼玉西武ライオンズ (2017年10月26日). 2019年1月14日閲覧。
  7. ^ 北海道教大岩見沢・斉藤 道内国公立大初プロ指名”. 日刊スポーツ (2017年10月26日). 2019年1月14日閲覧。
  8. ^ 10人チームで補欠、目指したのは体育教師…雑草捕手がたどり着いたプロの世界 <3>”. full-Count (2017年12月11日). 2019年1月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]