田中靖洋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
田中 靖洋
Tanaka Yasuhiro Chiba Lotte Marines at Tokyo Dome.jpg
2019年6月7日 東京ドーム
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 石川県小松市[1]
生年月日 (1987-06-21) 1987年6月21日(35歳)
身長
体重
183 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト4巡目
初出場 2010年4月15日
最終出場 2022年9月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
派遣歴

田中 靖洋(たなか やすひろ、1987年6月21日 - )は、石川県小松市出身[1]の元プロ野球選手投手)。右投右打。

実兄の田中良平も元プロ野球選手で、靖洋の前に投手としてロッテに所属していた[2]

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

高校生までは捕手を中心に内外野すべてをこなしていたが、高校2年生の時に本格的に投手に転向した[3]。3年生時に石川県選抜チームのメンバーに選ばれ、日米親善試合に出場した。夏の甲子園・石川大会の1回戦に県立加賀高校の五番・投手として出場したが、同校はこの試合で敗退した[4]

2005年10月3日に行われたプロ野球ドラフト会議西武ライオンズから高校生ドラフト4位指名を受け入団[5]

西武時代[編集]

2006年、ルーキーイヤーの一軍登板は無く、イースタン・リーグでも1試合に登板したのみであった[6]

2007年はイースタン・リーグで11試合に登板し、22イニングを投げ3勝0敗・防御率3.27を記録した[7]

2008年はイースタン・リーグで5試合の登板、投球回数も14イニングと実戦登板が少なかった[8]

2009年はイースタン・リーグで18試合に登板し、18回1/3を投げ2勝1敗・防御率4.42という成績であり[9]、プロ入りから4年続けて一軍登板が無くシーズンを終えた。オフにダルビッシュ有らと共に自主トレを行った[10]

2010年4月13日に初めて出場選手登録をされ[11]、同15日の東北楽天ゴールデンイーグルス戦の9回表に4番手でプロ初登板し、1回2安打1失点という内容であった[12][13]西口文也が発熱の影響で登板予定を変更したことで4月29日の千葉ロッテマリーンズ戦では急遽プロ初先発となったが[14]、3回6安打4失点でプロ初黒星を喫した[12][15]。その後は中継ぎとして一軍に帯同していたものの、6月12日の広島東洋カープ戦での登板[16]を最後に、右肘の痛みで同20日に登録抹消[12][17]。ファームで調整を続けるも患部の状態が悪化し、8月31日に右肘の靭帯再建手術を受けた[12]。この年は一軍で11試合(1先発)に登板し、0勝1敗・防御率4.97を記録した[18]

2011年7月26日、ロッテとのイースタン・リーグ公式戦で手術からの実戦復帰を果たした[19]。この年は同リーグで10試合に登板したが[20]、一軍登板は無かった。

2012年8月7日に出場選手登録をされ[21]、同11日の北海道日本ハムファイターズ戦で2年ぶりの一軍登板を果たした[22]。その後は8月26日に登録抹消[23]、9月11日に一軍へ昇格するも[24]同20日に再び登録抹消となり[25]、この年は5試合の登板で防御率6.48という成績であった[26]

2013年5月26日、東京都練馬区内で自家用車を運転中に環状8号線井荻トンネル内で追突事故を起こした[27]。この年は一軍登板が無くシーズンを終えたが、イースタン・リーグでは38試合に登板し、53イニングを投げて1勝3敗・防御率4.75、チーム最多の9セーブを記録した[28]。シーズン終了後には、岩尾利弘相内誠藤澤亨明と共にオーストラリアン・ベースボールリーグメルボルン・エイシズへ派遣され、現地のウインターリーグに参加した[29]

2014年は4月29日に一軍登録され[30]、その後は抹消と再登録を2度繰り返し[31][32]、8月15日に3度目の登録抹消[33]となって以降は一軍へ昇格することができずにシーズンを終えた。この年は8試合の登板で0勝1敗・防御率6.43という成績であった[34]

2015年は5月27日に一軍へ昇格し[35]、7月3日に出場選手登録を抹消されたものの[36]、8月14日に一軍再昇格[37]。同31日の楽天戦でプロ初セーブ[38]、9月12日の日本ハム戦ではプロ初勝利を挙げるなど[39][40]、再昇格後はシーズン終了まで一軍に帯同した。この年は一軍で18試合に登板し、1勝1敗1セーブ・防御率1.35[41]。二軍では28試合の登板で0勝1敗・防御率2.83[42]、イースタン・リーグ2位の11セーブを記録したが[43]、球団は翌2016年の戦力構想から田中を外した。その上でNPBの他球団にトレードを打診したものの、成立には至らなかったため[44]、10月27日に戦力外通告を受け[45]、12月2日付でNPBから自由契約選手として公示された[46]

西武退団後[編集]

NPB他球団での現役続行を希望していたことから、2015年11月10日に12球団合同トライアウト静岡草薙球場)へ参加。打者3人に対するシートバッティング形式での対戦で、前年まで東京ヤクルトスワローズに育成選手として所属していた佐藤貴規二塁打を浴びたものの[47]ストレートの球速は参加した投手の中で最速となる147km/hを計測した[44]

トライアウト直後の2015年11月15日、実兄の良平がかつて所属していたロッテ[48]が田中の入団テストを同17日から19日まで、秋季キャンプにて実施することを発表[49]。紅白戦で最速147km/hのストレートを投げたことなどが評価され、合格が確実であると報じられた[50]

ロッテ時代[編集]

2015年12月7日にロッテへの入団が正式に発表された[51]。推定年俸は550万円、背番号は47[48]

2016年1月に一般女性と結婚[52]。開幕から二軍暮らしが続いたものの、8月4日に出場選手登録をされ[53]、同7日のオリックス・バファローズ戦で移籍後初登板を果たした[54]。その後は9月7日の日本ハム戦でプロ初ホールドを記録するなど[55]、シーズン終了まで一軍に帯同し、この年は17試合の登板で0勝1敗1ホールド・防御率2.76を記録。オフに450万円増となる推定年俸1000万円で契約を更改した[52]

2017年は8月9日に出場選手登録をされると[56]、9月6日の埼玉西武ライオンズ戦で移籍後初セーブ[57]、同24日の日本ハム戦では移籍後初勝利を挙げるなど[58]、シーズン終了まで一軍に帯同。この年は13試合の登板で1勝0敗1セーブ・防御率1.98を記録し、オフに250万円増となる推定年俸1250万円で契約を更改した[59]

2018年は4月7日に出場選手登録をされ[60]、一軍のブルペンを支えていたが、夏場に調子を落とし[61][62]、8月2日に登録抹消[63]。同24日に一軍へ昇格するも[64]9月4日に再び登録抹消となり[65]、そのまま二軍でシーズンを終えた。この年は32試合の登板で2勝1敗5ホールド・防御率4.44を記録し、オフに750万円増となる推定年俸2000万円で契約を更改した[66]

2019年は4月5日に一軍へ昇格すると[67]、8月に一時離脱しながらも、44試合の登板で4勝1敗2ホールド・防御率2.72とプロ14年目で最高の成績を収めた[68]。オフに1500万円増となる推定年俸3500万円で契約を更改した[69]

2020年は新型コロナウイルスの影響で120試合制の短縮シーズンとなり、開幕も6月に延期されたが、自身初の開幕一軍入りを果たした[70]。8試合の登板で1勝0敗2ホールド・防御率2.45を記録していたものの[71]、7月22日に出場選手登録を抹消されると[72]、8月3日に右肘の後方骨棘切除術及び遊離体除去術を受け、全治3か月の見込みであることが球団から発表された[71][73]。10月末には二軍戦で実戦復帰したが[74]、シーズン中の一軍復帰はかなわず、オフに800万円減となる推定年俸2700万円で契約を更改した[75]

2021年も開幕一軍入りを果たし[76]、16試合に登板して1勝0敗4ホールド・防御率0.73と好成績を収めていたが、5月17日に登録抹消[77]。翌18日には左内腹斜筋損傷と診断され、復帰までは6~8週間かかる見込みであることが球団から発表された[78]。6月25日の二軍戦で実戦復帰し[79]、7月4日には一軍へ復帰[80]。その後はタフネスな投球でブルペンを支え、シーズン終盤は5登板連続失点と失速したものの、この年は38試合の登板で1勝2敗10ホールド・防御率4.54を記録し、オフに700万円増となる推定年俸3400万円で契約を更改した[81]

2022年は開幕二軍スタートとなり、4月24日に野手の福田秀平と入れ替わりで一軍昇格を果たすと、同日のオリックス戦(京セラドーム)7回裏にシーズン初登板し、1イニングで吉田正尚への申告敬遠を含む3四球を与えたものの無失点に抑えホールドを記録、同月28日の楽天戦(ZOZOマリン)では7回表に先発の美馬学が2点目を与えなお2死1、3塁の場面で2番手として登板、浅村栄斗を2ゴロに打ち取り追加点を許さないなど、同月は3試合に登板し無失点だったものの、5月に入り3日の西武戦(ベルーナドーム)2-3の8回裏に3番手として登板した際、2死3塁から暴投で追加点を与えると、同月6日のソフトバンク戦(ZOZOマリン)では延長11回表にグラシアルに勝ち越し点を許し敗戦投手となり、翌7日は9回表に中村稔弥が無死から6連打を浴び0-13と大量リードされ無死2塁の状況から登板、最初の打者柳田悠岐に2点本塁打を浴びるなど3失点(自責点1)で、同月11日に廣畑敦也と入れ替わる形で登録抹消。8月3日に2度目の一軍昇格を果たすが、同月は7試合に登板し9失点(自責点6)、9月は2試合に登板し、13日の日本ハム戦(ZOZOマリン)で3-8の9回表に5番手で登板、アルカンタラの本塁打により3失点した後登板完了したのが一軍シーズン最終登板となり、この後16日に登録を抹消されシーズンを終える。シーズン終了後の10月6日、同シーズン限りで現役を引退することが発表された[82]

2023年からは同球団のストレングストレーナーに就任[83]

選手としての特徴・人物[編集]

西武時代までの投球フォームはオーバースローだったが、ロッテへの移籍を機に、サイドスローへ変更[84]。右打者へのシュートを武器に、30代の前半からロッテの一軍救援陣へ食い込んでいる[69]

愛称は「やす[85]、「やっさん[85]、「デンチュー[86]、「アウチューン田中(西武時代に出演したLIONS CHANNELテレビ埼玉)にてAutumnをアウチューンと読み間違えたことからファンに名付けられた)」[87]

2019年4月にチームメイトの中村奨吾が守備練習中に左目の下を10針縫う大けがを負った際、顔の傷口が治るまで1人で洗髪するのに苦労していたのに田中が気づき、傷口を避けながらシャンプーで頭を洗ってくれたというエピソードを中村が明かしている[88]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2010 西武 11 1 0 0 0 0 1 0 0 .000 60 12.2 16 1 6 0 0 7 0 0 9 7 4.97 1.75
2012 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 40 8.1 10 1 6 0 0 6 0 0 6 6 6.48 1.92
2014 8 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 35 7.0 11 1 5 0 1 2 0 0 5 5 6.43 2.29
2015 18 0 0 0 0 1 1 1 0 .500 105 26.2 23 1 7 0 0 13 0 0 4 4 1.35 1.13
2016 ロッテ 17 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 68 16.1 16 2 5 0 2 11 1 0 5 5 2.76 1.29
2017 13 0 0 0 0 1 0 1 0 1.000 50 13.2 5 0 4 0 1 6 1 0 3 3 1.98 0.66
2018 32 0 0 0 0 2 1 0 5 .667 113 26.1 27 3 5 3 1 16 1 0 13 13 4.44 1.22
2019 44 0 0 0 0 4 1 0 2 .800 166 39.2 42 2 12 2 3 29 0 0 12 12 2.72 1.36
2020 8 0 0 0 0 1 0 0 2 1.000 30 7.1 5 1 4 0 0 8 0 0 2 2 2.45 1.23
2021 38 0 0 0 0 1 2 0 10 .333 156 33.2 42 3 13 5 2 20 3 0 18 17 4.54 1.63
2022 15 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 75 14.0 25 2 10 2 0 6 2 0 17 13 8.36 2.50
通算:11年 209 1 0 0 0 10 9 2 22 .526 898 205.2 222 17 77 12 10 124 8 0 94 87 3.81 1.45
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2010 西武 11 1 1 0 0 1.000
2012 5 0 1 1 0 .500
2014 8 0 2 0 0 1.000
2015 18 2 2 0 1 1.000
2016 ロッテ 17 1 4 0 0 1.000
2017 13 1 2 0 0 1.000
2018 32 4 7 0 0 1.000
2019 44 1 9 0 1 1.000
2020 8 0 1 0 0 1.000
2021 38 5 9 0 0 1.000
2022 15 1 2 0 0 1.000
通算 209 16 40 1 2 .982

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 57(2006年 - 2008年)
  • 66(2009年[89] - 2015年)
  • 47(2016年 - 2022年)

登場曲[編集]

  • 「Hall of Fame (feat. will.i.am)」The Script(2016年)
  • 「Not Afraid」EMINEM(2017年 - )

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「2015プロ野球 12球団全選手 カラー百科名鑑」 廣済堂出版発行 97頁
  2. ^ 田中 オリオールズとマイナー契約へ! スポニチ Sponichi Annex 2009年5月3日掲載
  3. ^ 12球団選手カラー百科名鑑 2006 日本スポーツ出版社 P66
  4. ^ 2008年度西武ライオンズ名鑑 田中 靖洋 スポニチ Sponichi Annex
  5. ^ 2005年 新人選手選択会議(埼玉西武ライオンズ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  6. ^ 2006年度 インボイス 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  7. ^ 2007年度 グッドウィル 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  8. ^ 2008年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  9. ^ 2009年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  10. ^ ダース感激「チーム・ダルビッシュ」結成”. Sponichi Annex (2010年1月25日). 2022年2月12日閲覧。
  11. ^ 西武が田中、後藤を出場選手登録”. 日刊スポーツ (2010年4月13日). 2022年2月12日閲覧。
  12. ^ a b c d 監督から信頼の言葉 1年かかっても田中再起目指す スポニチ Sponichi Annex 2010年9月9日掲載
  13. ^ 2010年4月15日 埼玉西武 対 楽天イーグルス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2008年12月10日配信
  14. ^ 西武5年目田中29日ロッテ戦で初先発へ”. 日刊スポーツ (2010年4月28日). 2022年2月12日閲覧。
  15. ^ 2010年4月29日 埼玉西武 対 千葉ロッテ 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  16. ^ 2010年6月12日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vs広島東洋)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  17. ^ 西武が小野寺を登録、田中を抹消”. 日刊スポーツ (2010年6月20日). 2022年2月12日閲覧。
  18. ^ 2010年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  19. ^ 2011年7月26日 【ファーム】 試合結果 (千葉ロッテvs埼玉西武)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  20. ^ 2011年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  21. ^ 【西武】田中、宮田を登録”. 日刊スポーツ (2012年8月7日). 2022年2月12日閲覧。
  22. ^ 2012年8月11日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  23. ^ 【西武】岡本洋を登録、田中を抹消”. 日刊スポーツ (2012年8月26日). 2022年2月12日閲覧。
  24. ^ 【西武】山本らを登録、マイケルを抹消”. 日刊スポーツ (2012年9月11日). 2022年2月12日閲覧。
  25. ^ 【西武】田中を抹消”. 日刊スポーツ (2012年9月20日). 2022年2月12日閲覧。
  26. ^ 2012年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  27. ^ 西武田中が追突事故、相手は軽傷 日刊スポーツ 2013年5月27日掲載
  28. ^ 2013年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ) 日本野球機構オフィシャルサイト
  29. ^ オーストラリア ウインターリーグ参加メンバーのお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2013年10月23日配信
  30. ^ 西武田中、米野を1軍登録”. 日刊スポーツ (2014年4月29日). 2022年2月12日閲覧。
  31. ^ 西武が田中、上本の1軍登録を抹消”. 日刊スポーツ (2014年5月16日). 2022年2月12日閲覧。
  32. ^ 西武が上本、岡本洋を登録、田中らを抹消”. 日刊スポーツ (2014年7月11日). 2022年2月12日閲覧。
  33. ^ 西武が増田らを登録、田中らを抹消”. 日刊スポーツ (2014年8月15日). 2022年2月12日閲覧。
  34. ^ 2014年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  35. ^ オリ・中島と中日・平田が抹消 27日のプロ野球公示”. BASEBALL KING (2015年5月27日). 2022年2月12日閲覧。
  36. ^ 【3日の公示】日本ハム・陽岱鋼が1軍復帰、佑ちゃん抹消”. Sponichi Annex (2015年7月3日). 2022年2月12日閲覧。
  37. ^ 西武が田中を1軍登録、宮田を抹消”. 日刊スポーツ (2015年8月14日). 2022年2月12日閲覧。
  38. ^ 2015年8月31日 楽天イーグルス 対 埼玉西武 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイトを参照。西武が8点をリードしている7回裏の先頭から登板し、リードを保ったまま試合終了までの3イニングを完了したため(公認野球規則9.19(d)(3))。
  39. ^ 西武 秋山先頭弾に始まり、おかわり逆転サヨナラ37号締め スポニチ Sponichi Annex 2015年9月13日掲載
  40. ^ 2015年9月12日 埼玉西武 対 北海道日本ハム 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  41. ^ 2015年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(パシフィック・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  42. ^ 2015年度 埼玉西武ライオンズ 個人投手成績(イースタン・リーグ)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  43. ^ 2015年度 イースタン・リーグ リーダーズ(投手部門)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  44. ^ a b 西武戦力外 田中が見せた「神対応」 来年はロッテで… スポニチ Sponichi Annex 2015年11月24日掲載
  45. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について 埼玉西武ライオンズオフィシャルサイト 2015年10月27日
  46. ^ 2015年度 自由契約選手 日本野球機構オフィシャルサイト
  47. ^ ソフトバンク白根が3安打/合同トライアウト詳細 日刊スポーツ 2015年11月10日掲載
  48. ^ a b 前西武の田中靖洋「まさか」兄に続きロッテ入り”. 日刊スポーツ (2015年12月7日). 2022年2月12日閲覧。
  49. ^ ロッテ 西武戦力外の田中をテストへ”. Sponichi Annex (2015年11月15日). 2022年2月12日閲覧。
  50. ^ ロッテ 西武戦力外の田中獲得へ 関係者「まだ十分やれる」”. Sponichi Annex (2015年11月22日). 2022年2月12日閲覧。
  51. ^ 田中靖洋投手の入団について 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト 2015年12月7日配信
  52. ^ a b “ロッテ田中靖 一般女性と結婚していた 増額1000万円でサイン”. スポニチアネックス. (2016年11月28日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/11/28/kiji/K20161128013808570.html 2016年11月28日閲覧。 
  53. ^ 楽天安楽ら登録、オコエらを抹消/4日プロ野球公示”. 日刊スポーツ (2016年8月4日). 2022年2月12日閲覧。
  54. ^ “ロッテ田中靖洋が移籍後初登板「やっとチームの一員に」”. 日刊スポーツ. (2016年8月7日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1690992.html 2017年2月1日閲覧。 
  55. ^ 2016年9月7日 【公式戦】 試合結果 (北海道日本ハムvs千葉ロッテ)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  56. ^ 9日の公示 阪神は岩貞、ロッテは石川を抹消”. Sponichi Annex (2017年8月9日). 2022年2月12日閲覧。
  57. ^ ロッテ田中靖洋、初登板の成田救う火消し2年ぶりS”. 日刊スポーツ (2017年9月6日). 2022年2月12日閲覧。
  58. ^ 2017年9月24日 【公式戦】 試合結果 (千葉ロッテvs北海道日本ハム)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  59. ^ ロッテ 契約更改 2017年”. Baseball LAB. 2022年2月12日閲覧。
  60. ^ 【7日の公示】日本ハム・斎藤佑が昇格 ソフトBは千賀抹消”. Sponichi Annex (2018年4月7日). 2022年2月12日閲覧。
  61. ^ 2018年7月9日 【公式戦】 試合結果 (埼玉西武vs千葉ロッテ)”. 日本野球機構. 2022年2月12日閲覧。
  62. ^ ロッテ中継ぎ炎上で4連敗 井口監督「入れ替えも考えます」”. Sponichi Annex (2018年8月2日). 2022年2月12日閲覧。
  63. ^ 2日の公示 DeNA・梶谷、巨人・吉川尚抹消”. Sponichi Annex (2018年8月2日). 2022年2月12日閲覧。
  64. ^ 24日の公示 巨人・山口俊、日本ハム・宮台を抹消”. Sponichi Annex (2018年8月24日). 2022年2月12日閲覧。
  65. ^ 4日の公示 巨人・山口俊、中日・田島、又吉らを登録”. Sponichi Annex (2018年9月4日). 2022年2月12日閲覧。
  66. ^ “ロッテ田中750万増「濃い」自己最多32試合登板”. 日刊スポーツ. (2018年11月27日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201811270000438.html 2019年12月5日閲覧。 
  67. ^ 【5日の公示】日本ハム・斎藤佑樹ら抹消”. Sponichi Annex (2019年4月5日). 2022年2月12日閲覧。
  68. ^ ロッテ田中、プロ14年目で最高成績、1500万増で「いい経験になった」”. デイリースポーツ (2019年12月5日). 2022年2月12日閲覧。
  69. ^ a b “ロッテ 田中、1500万円増で更改 44試合登板、自己最多4勝「シュートが安定して投げられた」”. スポーツニッポン. (2019年12月5日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/12/05/kiji/20191205s00001173229000c.html 2019年12月5日閲覧。 
  70. ^ 開幕一軍メンバーの登録公示 ロッテはルーキー2名に加え、鳥谷も開幕一軍スタート”. BASEBALL KING (2020年6月18日). 2022年2月12日閲覧。
  71. ^ a b "【ロッテ】中継ぎの田中靖洋が右肘手術 全治3か月の見込み". スポーツ報知. 報知新聞社. 4 August 2020. 2020年8月4日閲覧
  72. ^ 【22日の公示】広島・野村、オリックス・白崎ら登録 DeNA・ピープルズは抹消”. Sponichi Annex (2020年7月22日). 2022年2月12日閲覧。
  73. ^ "田中靖投手の手術について". 球団公式サイト. 千葉ロッテマリーンズ. 3 August 2020. 2020年8月4日閲覧
  74. ^ ロッテ田中800万減、手術で「力になれず悔しい」”. 日刊スポーツ (2020年12月4日). 2022年2月12日閲覧。
  75. ^ 【ロッテ】8月に右肘を手術した田中靖洋は800万円減で更改 来季に向けて「休むことなくやっていく」”. スポーツ報知 (2020年12月4日). 2022年2月12日閲覧。
  76. ^ 「開幕一軍」の登録公示 ロッテはドラ1・鈴木がメンバー入り”. BASEBALL KING (2021年3月25日). 2022年2月12日閲覧。
  77. ^ ロッテ・田中靖洋は左内腹斜筋損傷で抹消 吉井コーチ「悪い予感が…」”. BASEBALL KING (2021年5月18日). 2022年2月12日閲覧。
  78. ^ 抹消のロッテ田中靖洋は左内腹斜筋損傷 復帰まで6~8週間の見込み”. 日刊スポーツ (2021年5月18日). 2022年2月12日閲覧。
  79. ^ 左内腹斜筋損傷のロッテ田中靖洋が2軍で実戦復帰 持ち味出し3者凡退に”. 日刊スポーツ (2021年6月25日). 2022年2月12日閲覧。
  80. ^ 【パ・リーグ公示】7月4日 ロッテ・田中が登録、西武・佐野は抹消”. サンスポ (2021年7月4日). 2022年2月12日閲覧。
  81. ^ ロッテ田中靖洋700万円増も「最後に自分がやられて」5登板連続失点反省”. 日刊スポーツ (2021年12月9日). 2022年2月12日閲覧。
  82. ^ “田中靖投手・松永投手 引退のお知らせ” (プレスリリース), 千葉ロッテマリーンズ, (2022年10月6日), https://www.marines.co.jp/news/detail/00008500.html 2022年10月7日閲覧。 
  83. ^ 田中靖洋氏 ストレングストレーナー就任のお知らせ|千葉ロッテマリーンズ” (日本語). 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト. 2023年1月9日閲覧。
  84. ^ “ロッテ田中靖450万↑ 新妻に「何かプレゼントを」”. 日刊スポーツ. (2016年11月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1744479.html 2017年2月1日閲覧。 
  85. ^ a b 47 田中 靖洋 選手名鑑2021|千葉ロッテマリーンズ” (日本語). 千葉ロッテマリーンズ オフィシャルサイト. 2021年8月25日閲覧。
  86. ^ 埼玉西武ライオンズ 田中 靖洋投手、藤澤 享明捕手 インタビュー - GO豪メルボルン” (日本語). メルボルン体感サイト - GO豪メルボルン. 2021年9月15日閲覧。
  87. ^ 田中靖洋~あだ名は「アウチューン」。兄弟の意志を継ぐベテランリリーバー~(千葉ロッテマリーンズ)【インサイト的選手名鑑】|選手フォーカス|パ・リーグ.com” (日本語). パ・リーグ.com. 2021年9月15日閲覧。
  88. ^ 「シャンプー田中」SNSでファンとつながるロッテ”. 日刊スポーツ. 2020年4月26日閲覧。
  89. ^ 2009年 背番号のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2008年12月10日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]