田沢由哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田沢 由哉
SL-Yuya-Tazawa20100828.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道旭川市
生年月日 (1987-04-17) 1987年4月17日(31歳)
身長
体重
183 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手外野手投手
プロ入り 2005年 高校生ドラフト3巡目
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

田沢 由哉(たざわ ゆうや、1987年4月17日 - )は、北海道旭川市出身の元プロ野球選手内野手)。右投右打。

経歴[編集]

旭川大高に入学すると、1年生にして早くも甲子園の舞台で登板し、141km/hという速球を投げて注目された。

2005年夏、旭川商高に北北海道大会旭川地区代表決定戦で敗れ、甲子園出場を逃した。同年のドラフトで、西武ライオンズに3巡目に指名され投手として入団。

2006年は2軍で7試合に投げて防御率6.63、2007年は15試合に投げて防御率8.29、30四球、被本塁打8本と、まだまだ荒削りなピッチングであった。

2009年シーズン終了後に、内野手へ転向した。

2010年シーズンは、ファームで主に三塁手外野手として出場するも打率.108と結果を残せず、10月1日に戦力外通告を受けた。

選手としての特徴・人物[編集]

投手としては、しなやかなフォームと185cmの長身から繰り出される最速146km/hのストレートと、100km/h前後の緩いカーブが武器の本格的右腕であった。

好きな言葉は「オレに負けという言葉はない」

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 50 (2006年 - 2009年)
  • 61 (2010年)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]