藤王康晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
藤王 康晴
矢場とんブースターズ #88
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県一宮市
生年月日 (1965-04-13) 1965年4月13日(52歳)
身長
体重
184 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手外野手
プロ入り 1983年 ドラフト1位
初出場 1984年7月14日
最終出場 1992年9月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

藤王 康晴(ふじおう やすはる、1965年4月13日 - )は、愛知県一宮市出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

一宮市立大和中学校卒業後、愛知・享栄高校のスラッガーとして1年秋から一塁手、四番打者として活躍。1982年夏の甲子園県予選決勝に進出するが、中京高のエース野中徹博に抑えられ敗退。翌1983年春の選抜に出場、平田幸夫(中大河合楽器)の好投もあり準々決勝に進むが、東海大一高に延長10回サヨナラ負け[1]。しかし大会記録の11打席連続出塁をマークした。同年夏は県予選決勝でまたも中京高の野中の前に敗退、夏の甲子園には届かなかった。高校通算49本塁打を記録する。

1983年のドラフト会議で地元の中日ドラゴンズ第1位指名で入団。左打ちの長距離ヒッターとして期待され、入団時には高木守道が引退後、選手としては着ける者がいなかった背番号「1」[2]を与えられた。

1984年には高卒ルーキーながら夏に一軍昇格を果たし、代打起用中心で優勝を争う試合で活躍した。1986年には三塁手として18試合に先発出場。しかし打率低迷もあってレギュラー争いに加われず、1988年には同期入団の山本昌らと共に業務提携していたロサンゼルス・ドジャース傘下のマイナーに留学。1989年は日本に復帰し、5月18日の対巨人戦で9回表に代打で登場、足下にボールが投げられてストッキングを脱いで死球をアピールする姿が全国放送に中継された(スローVTRでは当たっていなかった)。1990年小松崎善久と共に、田中幸雄早川和夫と交換トレードで日本ハムファイターズに移籍。

日本ハムに移籍してからは一本足打法に取り組み、1990年のオープン戦では打率.347の結果を残した。その年のシーズンは75試合に出場、うち31試合には主に一塁手、指名打者として先発した。しかし翌年からは出場機会が減り、1992年自由契約となりそのままプロから引退した。

その後佐川急便中京支社に就職し、セールスドライバーとして勤務[3]しながらプレーした。

佐川急便を退社後、実家の繊維業を継ぐ。2006年には「吹け吹け、伊吹おろし」という中日ドラゴンズ応援歌の歌唱を担当して[4][5]、当時の中日新聞に取り上げられた[6]

2007年より第2の古巣である佐川急便中京支社に再入社し、セールスドライバーとして現場復帰を果たした。同時に軟式野球部にも復帰している。

2012年に再退社し、矢場とんに転職[7]、2015年春に設立された硬式野球部「矢場とんブースターズ」の監督に就任[8]、内野手も兼任した。2016年からは片貝義明が部長兼監督に就任しており[9]、以降、藤王の名前はブースターズ公式サイトには掲載されていない[10]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1984 中日 34 39 36 5 13 3 0 2 22 8 0 0 0 0 3 0 0 6 4 .361 .410 .611 1.021
1985 39 66 60 2 13 1 0 1 17 5 0 1 0 0 5 0 1 17 2 .217 .288 .283 .571
1986 29 83 80 5 14 3 0 1 20 3 0 1 0 0 3 1 0 14 1 .175 .205 .250 .455
1987 18 36 34 2 8 1 0 1 12 3 0 0 0 0 2 1 0 4 1 .235 .278 .353 .631
1989 16 23 22 2 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 1 7 0 .136 .174 .182 .356
1990 日本ハム 75 160 142 10 35 7 1 4 56 14 1 0 0 0 18 0 0 34 2 .246 .331 .394 .726
1991 22 44 41 4 6 2 0 1 11 4 0 0 0 0 3 0 0 12 1 .146 .205 .268 .473
1992 4 3 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .000 .000 .000 .000
通算:8年 237 454 418 31 92 18 1 10 142 37 1 2 0 0 34 2 2 96 11 .220 .282 .340 .622

記録[編集]

背番号[編集]

  • 1 (1984年 - 1987年)
  • 0 (1988年 - 1989年)
  • 35 (1990年 - 1992年)
  • 88 (2015年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 高木自身が1980年限りで現役を引退後、1981年1982年はコーチとして1を使用、1983年は空番となっていた。
  3. ^ 当時の中京支社管内での営業成績は非常に優秀で、佐川急便の社内報「飛脚」でも話題となるなど、社内では伝説化していたほどであった。
  4. ^ 中日ドラゴンズ新応援歌、全国へ発信 尾北ホームニュース 
  5. ^ 吹け吹け.伊吹おろし:カラオケ楽曲検索 JOYSOUND.com
  6. ^ 中日新聞夕刊「伊吹おろし」で竜Vだ「六甲」より強い応援歌、ネットで配信 2006年9月22日紙面
  7. ^ 中日83年ドラ1藤王さん豚まん振る舞う 日刊スポーツ 2012年11月14日
  8. ^ 社会人野球:名古屋の矢場とんがクラブチーム(毎日新聞、2014年11月4日)
  9. ^ 元中日の片貝さん率いる矢場とんブースターズが全日本クラブ野球選手権に初出場 サンケイスポーツ 2016年6月26日
  10. ^ スタッフ・選手紹介 - 矢場とんブースターズ公式サイト

関連項目[編集]

外部リンク[編集]