奥浪鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
奥浪 鏡
関メディベースボール学院
2015Bs61.jpg
オリックス時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 広島県呉市
生年月日 (1995-08-29) 1995年8月29日(23歳)
身長
体重
176 cm
100 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手一塁手
プロ入り 2013年 ドラフト6位
初出場 NPB / 2016年6月14日
最終出場 NPB / 2016年7月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

奥浪 鏡(おくなみ きょう、1995年8月29日 - )は、広島県呉市出身[1]野球選手内野手)。2014年から2017年のシーズン途中までは、NPBオリックス・バファローズに所属していた。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

呉東リトルリーグで野球を始めると、呉市立広中央中学校時代は広島ジャガーボーイズに所属。全国大会に出場した[1]ほか、硬球を使用した3年時の対外試合では、マツダスタジアム左翼席場外のネットに当たる本塁打(推定飛距離150m)を放った[2]

創志学園高校への進学後は、春夏ともに甲子園球場での全国大会に出場できなかったが、対外試合で通算71本塁打を記録[1]。「岡山の李大浩」と呼ばれていた[2][3]。3年生の春には、済美高校との練習試合で、2年生の安樂智大から2打席連続本塁打を放っている[1]

2013年のNPBプロ野球ドラフト会議で、かつて李が所属していたオリックス・バファローズから6巡目で指名[4]。契約金2,500万円、年俸500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は61[2]

オリックス時代[編集]

2014年には、7月14日フレッシュオールスターゲーム長崎ビッグNスタジアム)に、ウエスタン・リーグ選抜チームの「6番・一塁手」として先発出場。4打数2安打2打点1本塁打という成績で、優秀選手賞を受賞した[5]。同リーグの公式戦には84試合に出場。チーム最多の7本塁打を放った[6]

2015年には、ウエスタン・リーグ公式戦でチーム最多の103試合に出場。チーム最多の8本塁打と50打点を記録した[7]

2016年には、6月14日阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で、「7番・一塁手」としてスタメンで一軍公式戦にデビュー。2回表の第1打席でプロ初安打を放つと[8][9]、2本目の安打で出塁した6回表には、二塁への盗塁成功によって一軍初盗塁を記録した[10]7月10日の対埼玉西武ライオンズ戦(西武プリンスドーム)では、8回表2死1・2塁から代打へ起用されると、三塁への適時内野安打によって一軍での初打点をマーク[11][12]。一軍公式戦全体では、15試合の出場で、打率.265(34打数9安打2二塁打)、1打点、1盗塁という成績を残した。なお、ウエスタン・リーグ公式戦には、通算87試合の出場で打率.223、4本塁打、25打点を記録。7月14日倉敷マスカットスタジアムで催されたフレッシュオールスターゲームには、同リーグ選抜の「4番・指名打者」として、スタメンで2年振りに出場した[13]

2017年には、ウエスタン・リーグ公式戦30試合に出場。打率.188、2本塁打、12打点という成績を残しただけで、一軍公式戦への出場機会はなかった。その一方で、シーズン中に自家用車を運転したところ、スピード違反で摘発。大阪府公安委員会から5月17日より30日間の運転免許停止処分を受けた。奥浪は、球団にその旨を報告しないまま、処分期間中の5月22日にも「青濤館」(当時居住していた合宿所)のある舞洲大阪市此花区)の路上で自家用車を運転。さらに、交差点を右折中に2人乗りのオートバイと接触したことによって、オートバイの乗員2人に軽傷を負わせた。運転免許停止処分以降の事態を重く見たオリックス球団では、奥浪に対して、無期限の謹慎処分を科すことを翌23日に発表。野球の練習や(青濤館からの)外出を一切認めず、青濤館の寮長による指導の下で、奉仕活動へ臨ませることも明らかにした[14][15]。オリックス球団はシーズン終了後の戦力外通告を予定していたが、「早く地元の広島で次の進路への準備に入りたい」という奥浪の意向を受けて、8月3日付で選手契約を解除[16]。同日付で、NPBから自由契約選手として公示された[17]

オリックス退団後[編集]

前述の交通事故を取り扱っていた大阪府警察此花警察署では、2017年8月7日に、自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)の疑いで奥浪を書類送検に処した[18]。この決定を受けて、大阪地方裁判所では、同年12月27日付で奥浪を在宅起訴[19]2018年5月15日には、懲役8ヶ月、執行猶予3年の有罪判決を下した[20]

奥浪自身は、退団を機に広島へ帰郷。NPB他球団での現役復帰を目標に、2017年11月15日12球団合同トライアウトマツダスタジアム)に向けて、広島文化学園大学のグラウンドや施設で大学生とともにトレーニングを続けた[21][22]。この時期には、「(同年の)シーズン終了を待たずにオリックス球団へ選手契約の解除を申し入れたのは、野球と別の道に進むのではなく、トライアウトへの参加に向けた練習をしたかったから」と語っている[21]

なお、2017年の12球団合同トライアウトには、オリックスのユニフォーム姿で参加[23]シートバッティング形式で4人の投手と対戦したが、無安打1四球という結果に終わった[24]

2018年には、4月から関メディベースボール学院の野球選手科へ入学するとともに、学院と同名のクラブチームへ参加。NPBへの復帰を目標に、野球選手としての再起を社会人野球で図っている[25]

選手としての特徴[編集]

高校通算71本塁打の長打力が持ち味[1]。大柄な体格でありながら、高校時代に50メートル走で最速6秒3を記録したほどの俊足の持ち主でもあった[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2016 オリックス 15 42 34 3 9 2 0 0 11 1 1 0 0 0 7 0 1 11 0 .265 .405 .324 .728
通算:1年 15 42 34 3 9 2 0 0 11 1 1 0 0 0 7 0 1 11 0 .265 .405 .324 .728

年度別守備成績[編集]


一塁手 三塁手
























2016 4 26 2 1 5 .966 7 3 11 1 2 .933
通算 4 26 2 1 5 .966 7 3 11 1 2 .933

表彰[編集]

記録[編集]

初記録

背番号[編集]

  • 61 (2014年 - 2017年途中)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e オリックスドラフト候補 創志学園・奥浪内野手 日刊スポーツ 2013年9月3日紙面から
  2. ^ a b c d オリ6位・奥浪は“動けるデホ” デイリースポーツ online 2013年11月23日掲載
  3. ^ 2013年ドラフト 奥浪 鏡 スポニチ Sponichi Annex
  4. ^ 2013年度ドラフト会議 契約交渉権獲得選手 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト 2013年12月14日配信
  5. ^ 2014年度フレッシュオールスター・ゲーム 試合結果プロ野球フレッシュオールスターゲーム2014 表彰一覧 NPB.jp 日本野球機構
  6. ^ 2014年度 オリックス・バファローズ 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  7. ^ 2015年度 オリックス・バファローズ 個人打撃成績(ウエスタン・リーグ) NPB.jp 日本野球機構
  8. ^ オリックス 3年目奥浪が初打席初安打 スポニチ Sponichi Annex 2016年6月14日掲載
  9. ^ 2016年6月14日 阪神 対 オリックス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  10. ^ 2016年6月14日 阪神 対 オリックス 一球速報 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  11. ^ オリックス奥浪、巨体揺らし安打でプロ初打点 デイリースポーツ online 2016年7月10日掲載
  12. ^ 2016年7月10日 埼玉西武 対 オリックス 成績詳細 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  13. ^ プロ野球フレッシュオールスターゲーム2016 出場者試合結果 NPB.jp 日本野球機構
  14. ^ 奥浪鏡選手 無期限謹慎処分の件 2017年5月23日 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  15. ^ オリックス・奥浪、免停中に人身事故で無期限謹慎処分 球団に「免停」報告せず 2017年5月23日 デイリースポーツ
  16. ^ オリックス 奥浪と契約解除 免停中に接触事故「地元広島で早く次の準備をしたいという意向」に沿う2017年8月3日 スポーツニッポン
  17. ^ 奥浪鏡選手 契約解除のお知らせ2017年8月3日 オリックス・バファローズ オフィシャルサイト
  18. ^ 元オリックス・奥浪選手を書類送検 免停中に車運転、接触事故2017年8月7日 サンケイスポーツ
  19. ^ 元オリックス奥浪鏡を在宅起訴2018年1月4日 日刊スポーツ
  20. ^ “元オリックス、奥浪被告に有罪判決 免停中に事故”. 日刊スポーツ. (2018年5月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201805150000290.html 2018年7月7日閲覧。 
  21. ^ a b 本郷陽一 (2017年11月16日). “トライアウト群像。2度戦力外の木村昇吾と不祥事途中解雇の奥浪鏡を結ぶ「野球は楽しい」の共通言語”. Yahoo!ニュース. https://news.yahoo.co.jp/byline/hongoyoichi/20171116-00078208/ 2017年11月16日閲覧。 
  22. ^ “【オリックス】免停中事故の前オリックス・奥浪、3打数無安打にも「どんな形であれプロを」”. スポーツ報知. (2017年11月15日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20171115-OHT1T50155.html 2017年11月16日閲覧。 
  23. ^ 合同トライアウトに53人がエントリー 選手一覧2017年11月10日 スポーツニッポン
  24. ^ “大隣、柿田ら力投/12球団合同トライアウト詳細”. 日刊スポーツ. (2017年11月15日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201711140000229.html 2017年11月16日閲覧。 
  25. ^ “元オリックス奥浪 社会人チームで再起「2年後、上の世界へチャレンジしたい」”. Sponichi Annex. (2018年3月2日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/03/02/kiji/20180302s00001003060000c.html 2018年3月4日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]