横芝光町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よこしばひかりまち
横芝光町
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 千葉県
山武郡
団体コード 12410-9
面積 67.01 km²
総人口 23,504
推計人口、2016年8月1日)
人口密度 351人/km²
隣接自治体 山武市匝瑳市
香取郡多古町山武郡芝山町
町の木
町の花 さくら
町の鳥 コアジサシ
横芝光町役場
所在地 289-1727
千葉県山武郡横芝光町宮川11902
北緯35度39分56.7秒東経140度30分17.4秒座標: 北緯35度39分56.7秒 東経140度30分17.4秒
Yokoshibahikari Town Hall.jpg
外部リンク 横芝光町

横芝光町位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト
横芝光町
横芝光町

横芝光町(よこしばひかりまち)は、2006年平成18年)3月27日千葉県山武郡横芝町匝瑳郡光町が合併し、新たに発足した[1]。 千葉県北東部に位置する人口約2万人の町。

地理[編集]

千葉県の太平洋側、九十九里平野のほぼ中央に位置する。 2006年平成18年)3月27日山武郡横芝町匝瑳郡光町が合併し、新たに発足した[1]。 合併前の横芝町と光町は別の郡(歴史的にはそもそも上総国下総国という別の令制国)に所属していたが、現在の横芝光町は山武郡に属する。

町の北部は標高が高い場所もあるが起伏は大きくなく、中央部を九十九里平野最大の河川である栗山川が流れている。

隣接している自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

横芝光町発足前[編集]

横芝光町発足後[編集]

行政区域変遷[編集]

  • 変遷の年表
  • 変遷表

人口[編集]

Demography12410.svg
横芝光町と全国の年齢別人口分布(2005年) 横芝光町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 横芝光町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
横芝光町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 23,192人
1975年 24,434人
1980年 25,387人
1985年 25,923人
1990年 26,430人
1995年 26,814人
2000年 26,721人
2005年 25,981人
2010年 24,679人
総務省統計局 国勢調査より

行政[編集]

町長[編集]

役所[編集]

  • 横芝光町役場(旧光町役場)
    • (本庁舎)
      山武郡横芝光町宮川11902番地

経済[編集]

農業[編集]

  • 古来より稲作が盛んである。

漁業[編集]

町内に本社のある主な企業[編集]

町内に事業所のある主な企業[編集]

姉妹都市・提携都市[編集]

日本国内[編集]

地域[編集]

教育[編集]

小学校[編集]

  • 横芝光町立大総小学校
  • 横芝光町立上堺小学校
  • 横芝光町立横芝小学校
  • 横芝光町立南条小学校
  • 横芝光町立東陽小学校
  • 横芝光町立白浜小学校
  • 横芝光町立日吉小学校

中学校[編集]

  • 横芝光町立横芝中学校
  • 横芝光町立光中学校

高等学校[編集]

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

出身有名人[編集]

横芝光町を舞台にした作品[編集]

映画

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 齊藤隆蝶々は、微量PCB研究で弁護士に相談した直後に自殺した[10]

出典[編集]

  1. ^ a b c d “新4市・町 誕生祝う 香取市 県内初の自治区制導入 山武市 旧4町村、テープカット 新・成田市 NARITAナンバーを交付 横芝光町 2町合併、喜びかみしめ”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 16. (2006年3月28日) 
  2. ^ “千葉東金道路 2期事業完成 きょう開通 混雑緩和に期待 東金IC~松尾横芝IC間”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 10-11. (1998年3月30日) 
  3. ^ “銚子連絡道路「松尾横芝IC-横芝光IC」きょう開通 山武・東総の活性化に期待 国道126号の渋滞緩和も アクセス強化に寄与 千葉県知事 堂本暁子”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 10-11. (2006年3月25日) 
  4. ^ 横芝光町の被災状況”. 千葉県 (2011年7月15日). 2012年1月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月18日閲覧。
  5. ^ 角川日本地名大辞典編纂委員会『角川日本地名大辞典 12 千葉県』、角川書店、1984年 ISBN 4040011201より
  6. ^ “横芝光町長に佐藤氏 横芝光町長選開票結果”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (2006年4月24日) 
  7. ^ a b “横芝光町長に斉藤氏”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (2010年4月19日) 
  8. ^ “佐藤氏返り咲き 横芝光町長選”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 1. (2012年3月26日) 
  9. ^ “斉藤横芝光町長が自殺?刃物で首切る”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 21. (2012年2月28日) 
  10. ^ “死直前弁護士に相談 微量PCB研究で斉藤町長”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 1,21. (2012年2月7日) 
  11. ^ “あらためて姉妹都市へ 光町 長野・千曲市誕生を受け”. 千葉日報 (千葉日報社): p. 14. (2006年4月28日)