イオンモール成田

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イオンモール成田
ÆON MALL NARITA
Aeon-mall-narita20190816.jpg
地図
店舗概要
所在地 286-0029
千葉県成田市ウイング土屋24番地
座標 北緯35度47分44.4秒 東経140度19分6.8秒 / 北緯35.795667度 東経140.318556度 / 35.795667; 140.318556座標: 北緯35度47分44.4秒 東経140度19分6.8秒 / 北緯35.795667度 東経140.318556度 / 35.795667; 140.318556
開業日 2000年平成12年)3月18日[1]
敷地面積 135,771 m²
商業施設面積 71,808 m²
中核店舗 イオン成田店
店舗数 ÆONと180の専門店
営業時間 店舗により異なる
駐車台数 4,000台
最寄駅 成田駅
京成成田駅
(京成成田駅西口からバス10分)
最寄IC 成田IC
外部リンク 公式サイト
AEON MALL logo.svg
テンプレートを表示

イオンモール成田(イオンモールなりた)は、千葉県成田市ウイング土屋に所在するイオンモール株式会社運営のモール型ショッピングセンターである。成田国際空港の近隣施設としてインバウンド需要を取り込んでいる[2]

概要[編集]

成田国際空港から約5キロメートル、成田市土屋山ノ崎(現在の成田市ウイング土屋)の商業用地に2000年(平成12年)3月18日にグランドオープンした。敷地面積135,771平方メートル。店舗面積71,808平方メートル(オープン時65,276平方メートル)。地上2階建て。東西約580メートル、南北約80メートル。駐車場は4,000台(オープン時3,500台)収容可能の大型ショッピングモールである。ハートビル法認定店舗。

成田空港に近いという場所柄もあり、成田空港周辺のホテルに宿泊する乗り継ぎ客や乗務員、成田空港に勤務する航空会社の社員を中心とした外国人の買い物客も多く、マロウドインターナショナルホテル成田ホテル日航成田成田ビューホテルなど主要ホテルとの間の巡回バスも運行されている。また、成田空港が主催するトランジットツアーの目的地の一つともなっている。

2019年には全店舗の約60%となる専門店約100店舗の大規模リニューアルを開始し、同年4月20日に新規30店、移転8店、改装50店の計88店舗が第1期としてリニューアルオープンし、同年7月12日の第2期には新規7店舗、移転2店舗、改装4店舗の計13店舗をリニューアルオープンした[3]。1階には地域最大となる食物販ゾーン「満福参道」、レストラン街「NARITA美食小町」、2階には14店舗約900席のフードコート「フードフォレスト」が展開する。館内各所には無料の携帯電話充電スポット、大型サイネージモニター(電子看板)を配置し、成田市特別観光大使「うなりくん」を起用した「うなりくん広場」には大型曲面型LEDビジョンを導入するなど施設面も大規模リニューアルを行った[4]。『Narita Glocal Urban Life』をリニューアルコンセプトとし、「日本の玄関都市『成田』を象徴する役割を担う」としている[5]

沿革[編集]

  • 2000年平成12年)3月18日 - イオン成田ショッピングセンター開業[1]
  • 2006年(平成18年)
    • 5月25日 - 北側の平面駐車場の立体駐車場化工事完成。
    • 7月 - イオン成田ショッピングセンターとHUMAXシネマズ8の接続通路の設置工事完成。
    • 9月11日 - リニューアルプレオープン。
    • 9月15日 - スポーツクラブ横の旧立体駐車場部分を店舗の増床に充てる工事が行われ、48の新たな専門店が加わりリニューアルオープン。
  • 2007年(平成19年)9月22日 - イオン成田ショッピングセンターからイオンモール成田へ名称変更。
  • 2011年(平成22年)3月1日 - 「ジャスコ」の名称を「イオン」に変更したことに伴い、店名の「ジャスコイオン成田店」は「イオン成田店」に変更。
  • 2012年(平成24年)9月 - 数十の専門店とイオンの一部の売場で閉店、移転、リニューアルが始まる。
    • 10月20日 - 第一弾リニューアルオープン
    • 11月23日 - リニューアル・グランドオープン
  • 2019年
    • 4月20日 - 第1期リニューアルオープン
    • 7月12日 - 第2期リニューアルオープン

リニューアル前後の比較[編集]

リニューアル前 2006年リニューアル後
オープン 2000年3月18日 2006年9月15日
敷地面積 135,771 m² 135,771 m²
商業施設面積 65,276 m² 71,808 m²
店舗数 JUSCOと120の専門店街 JUSCO(現ÆON)と180の専門店街
駐車台数 3,500台 4,000台

建物概要[編集]

※2000年オープン当初

  • 建物設置者 - イオン興産株式会社
  • 敷地面積 - 116,308.23平方メートル
  • 建築面積 - 52,136.28平方メートル
  • 延床面積 - 97,115.57平方メートル
  • 建物構造 - 鉄骨造2階建一部塔屋付
  • 駐車台数 - 約3,500台
  • 建築設計・施工 - 株式会社福田組
  • ディベロッパー投資額 - 約150億円

(ハートビル法適用店舗)

商圏[編集]

  • 1次商圏 (自動車で約10分圏 17,000世帯 48,000人 )
  • 2次商圏 (自動車で約20分圏 22,000世帯 62,000人 )
  • 3次商圏 (自動車で約30分圏 55,000世帯 178,000人 )
  • 影響圏 (自動車で約40分圏 82,000世帯 265,000人 )
  • 計 176,000世帯 553,000人

主なテナント[編集]

核テナントはイオン成田店である。出店している専門店全店の一覧・詳細情報は公式サイト「ショップリスト」を参照。

営業時間[編集]

店舗により異なる。詳細は公式サイト「営業時間・サービス案内」を参照。

アクセス[編集]

直通バス(京成成田駅西口)

鉄道

自動車

バス

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 全国都道府県別SC一覧:千葉県”. 一般社団法人日本ショッピングセンター協会. 2016年1月30日閲覧。
  2. ^ イオンモール成田の改装食を充実 回遊性向上、繊研新聞”. senken.co.jp. 2019年8月19日閲覧。
  3. ^ 190620【成田】第2期リニューアル、イオンモール株式会社イオンモール成田、2019年06月20日
  4. ^ 株式会社ロジスティクス・パートナー. “イオンモール成田/全体の60%約100店を刷新、大規模リニューアル開始”. 流通ニュース. 2019年8月19日閲覧。
  5. ^ イオンモール成田4月20日改装オープン 第1期、新規30店舗” (日本語). www.chibanippo.co.jp. 2019年8月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]