寛朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

寛朝(かんちょう、かんじょう[1]916年延喜16年) - 998年7月13日長徳4年6月12日))は、平安時代中期の真言宗。父は宇多天皇の皇子敦実親王。真言声明の第一人者でもあった。洛外・広沢池ほとりの遍照寺の住持であったことから「広沢僧正」「遍照寺僧正」とも呼ばれた。

926年延長4年)祖父宇多法皇の下で出家し、948年天暦2年)寛空から灌頂を受けた。967年康保4年)仁和寺別当を経て、貞元2年(977年)6月権律師、同10月権少僧都法務、11月東寺三長者西寺別当に補任、加えて広沢房を御願寺として別当に補せられたため、年に六度の賀ありと言われ、986年寛和2年)真言宗では初めて、また、日本では三番目の大僧正に至った。この間、円融天皇が受戒する際の戒和尚を勤めている。989年永祚元年)10月26日円融天皇の命により広沢湖畔に遍照寺を建立した。この際の供養の記事が藤原実資の日記小右記に載っており、円融法皇を始めとして多くの公卿が参列したことが分かる。密教の事相・教相に詳しく「金剛界次第」「不動次第」などを著している。また「理趣経」読誦の音調を整備するなど声明に通じ、東密声明中興の祖とされる。

平将門が関東で反乱を起こした際には自ら関東に下向し祈祷をした。その時に祈祷した不動明王を本尊として創建されたのが「成田不動」で有名な成田山新勝寺である。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『国史大辞典』

参考文献[編集]

外部リンク[編集]