2019年のオリックス・バファローズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2019年のオリックス・バファローズ
成績
パシフィック・リーグ6位
61勝75敗7分 勝率.449
本拠地
都市 大阪府大阪市
球場 京セラドーム大阪
Kyocera Dome Osaka (15984073809).jpg
球団組織
オーナー 宮内義彦
経営母体 オリックス
監督 西村徳文
« 2018
2020 »

2019年のオリックス・バファローズでは、2019年シーズンについてのオリックス・バファローズの動向をまとめる。

この年のオリックス・バファローズは、西村徳文監督の1年目のシーズンである。

開幕前[編集]

西村徳文の一軍監督就任に伴い、へッドコーチに風岡尚幸が就任した。 前年までのエースだった金子千尋・西勇輝が相次いで他球団へ移籍したことがあった。西の人的補償に阪神から竹安大知が入団した。ヤクルトを戦力外を受けた成瀬善久がキャンプ中に入団テストを受けて入団をしている。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

オーダー変遷
開幕 5/1 6/1 7/2 8/1 9/1
1 福田周平 福田周平 小田裕也 福田周平 宗佑磨 宗佑磨
2 西浦颯大 佐野皓大 中川圭太 小島脩平 福田周平 福田周平
3 メネセス 吉田正尚 吉田正尚 大城滉二 吉田正尚 吉田正尚
4 吉田正尚 メネセス 杉本裕太郎 吉田正尚 モヤ ロメロ
5 頓宮裕真 小島脩平 ロメロ 中川圭太 ロメロ モヤ
6 小田裕也 中川圭太 小島脩平 マレーロ 西野真弘 小島脩平
7 T-岡田 大城滉二 大城滉二 西野真弘 後藤駿太 小田裕也
8 若月健矢 若月健矢 若月健矢 若月健矢 安達了一 安達了一
9 安達了一 西浦颯大 山足達也 後藤駿太 若月健矢 若月健矢
山岡泰輔 榊原翼 成瀬善久 山岡泰輔 K-鈴木 竹安大知
2019年パシフィック・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 最終成績
1位 ソフトバンク --- ソフトバンク --- ソフトバンク --- ソフトバンク --- ソフトバンク --- 西武 ---
2位 楽天 1.5 楽天 楽天 2.0 日本ハム 0.5 西武 0.0 ソフトバンク 2.0
3位 西武 2.5 西武 0.5 西武 3.5 西武 3.0 楽天 5.5 楽天 7.5
4位 日本ハム 日本ハム 1.0 日本ハム 6.0 楽天 4.5 ロッテ 6.5 ロッテ 9.5
5位 ロッテ 3.5 ロッテ 3.5 ロッテ 6.5 ロッテ 6.5 オリックス 8.5 日本ハム 13.0
6位 オリックス 5.0 オリックス 7.0 オリックス 9.0 オリックス 9.5 日本ハム 8.5 オリックス 16.0

[注 1]

2019年パシフィック・リーグ最終成績
順位 球団 勝率
優勝 埼玉西武ライオンズ 80 62 1 .563 ---
2位 福岡ソフトバンクホークス 76 62 5 .551 2.0
3位 東北楽天ゴールデンイーグルス 71 68 4 .511 7.5
4位 千葉ロッテマリーンズ 69 70 4 .496 9.5
5位 北海道日本ハムファイターズ 65 73 5 .471 13.0
6位 オリックス・バファローズ 61 75 7 .449 16.0

セ・パ交流戦[編集]

日本生命セ・パ交流戦2019 最終成績
順位 球団 勝率
優勝 福岡ソフトバンクホークス 11 5 2 .688 ---
2位 オリックス・バファローズ 11 6 1 .647 0.5
3位 読売ジャイアンツ 11 7 0 .611 1.0
4位 横浜DeNAベイスターズ 10 7 1 .588 1.5
5位 埼玉西武ライオンズ 10 8 0 .556 2.0
6位 東北楽天ゴールデンイーグルス 10 8 0 .556 2.0
7位 北海道日本ハムファイターズ 8 9 1 .471 3.5
8位 中日ドラゴンズ 8 10 0 .444 4.0
9位 千葉ロッテマリーンズ 8 10 0 .444 4.0
10位 阪神タイガース 6 10 2 .375 5.0
11位 東京ヤクルトスワローズ 6 12 0 .333 6.0
12位 広島東洋カープ 5 12 1 .294 6.5

[注 2]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの入退団について記述する。なお、退団の去就はスポーツ関係又は芸能関係の職業に転身した場合のみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。また、退団区分はトレード、FA移籍のみを記載し、空欄は自由契約、任意引退もしくは詳細不明を示す。

支配下選手
登録 抹消
No 選手名 区分 前所属 No 選手名 区分 去就
投手
15 荒西祐大 ドラフト3位 Honda熊本 15 佐藤達也 球団広報部[1]
21 竹安大知 FA人的補償 阪神タイガース 19 金子千尋 北海道日本ハムファイターズ
28 富山凌雅 ドラフト4位 トヨタ自動車 21 西勇輝 FA移籍 阪神タイガース
42 エップラー 新外国人 アメリカ合衆国の旗 パイレーツ傘下AAA 28 塚原頌平 育成再契約
46 成瀬善久 自由契約 東京ヤクルトスワローズ 46 本田仁海 育成再契約
60 左澤優 ドラフト6位 JX-ENEOS 67 佐藤世那
69 大山暁史 打撃投手[1]
内野手
31 太田椋 ドラフト1位 天理高 1 中島宏之 読売ジャイアンツ
33 メネセス 新外国人 アメリカ合衆国の旗 フィリーズ傘下AAA 31 小谷野栄一 楽天一軍打撃コーチ
44 頓宮裕真 ドラフト2位 亜細亜大学 33 縞田拓弥 球団本部編成部アマチュアスカウトグループ[1]
53 宜保翔 ドラフト5位 KBC学園未来高沖縄 44 園部聡 社会人・JX-ENEOS
67 中川圭太 ドラフト7位 東洋大学
外野手
53 吉田雄人
育成選手
登録 抹消
No 選手名 区分 前所属 No 選手名 区分 去就
投手
124 本田仁海 再契約 支配下選手
125 塚原頌平 再契約 支配下選手
127 漆原大晟 育成ドラフト1位 新潟医療福祉大学

[2][3]

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から終了までの入退団について記述する。

支配下選手
登録 抹消
No. 選手名 守備 前所属 区分 区分 No. 選手名 守備 去就
6月 契約解除[注 3] 33 メネセス 内野手
7月 33 松井雅人 捕手 中日ドラゴンズ トレード1 11 松葉貴大 投手 中日ドラゴンズ
56 松井佑介 外野手 56 武田健吾 外野手
1 モヤ 外野手 トレード2
育成選手→支配下
No. 選手名 守備
5月 122→98 張奕 投手
7月 124→96 本田仁海 投手
126→95 神戸文也 投手

[5]

マイナビオールスターゲーム2019[編集]

ファン投票 吉田正尚
選手間投票
監督推薦 山岡泰輔 山本由伸


代表選出選手[編集]

ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019[編集]

日本代表 メキシコ代表
山岡泰輔 メネセス
山本由伸
大城滉二[注 4]
吉田正尚

2019 WBSCプレミア12[編集]

日本代表
山岡泰輔
山本由伸
吉田正尚

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更
  • 張奕 122→98(5月支配下登録)[7]
    本田仁海 124→96(7月支配下登録)[8]
    神戸文也 126→95(7月支配下登録)[8]

    試合結果[編集]

    凡例
    勝利試合 敗北試合 引き分け 中止
    2019年 レギュラーシーズン

    個人成績[編集]

    投手成績[編集]

    色付きは規定投球回数(143イニング)以上の選手





































    山本由伸 20 1 1 8 6 0 0 .571 143 101 8 36 127 37 31 1.95
    山岡泰輔 26 2 0 13 4 0 0 .765 170 154 16 45 154 77 70 3.71

    表彰[編集]

    タイトル[編集]

    達成記録[編集]

    • 4月19日 - 増井浩俊が通算150セーブ、史上14人目。
    • 5月8日 - T-岡田が通算1000安打、史上296人目。
    • 8月2日 - 増井浩俊が通算500試合登板、史上100人目。
    • 9月2日 - 増井浩俊が通算150ホールド、史上8人目。

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)当該球団間の対戦勝率(2)交流戦を除くリーグ戦勝率(3)前年度順位で順位が決定される
    2. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)勝利数(2)当該チーム間の当年度交流戦の直接対決成績(3チーム以上並んだ場合は省略)(3)得点/攻撃イニング-失点/守備イニング(4)前項を自責点に置き換えたもの(5)チーム打率(6)前年度の交流戦順位で順位が決定される。
    3. ^ ドーピング違反による出場停止を受けての措置[4]
    4. ^ 3月4日に追加招集[6]

    出典[編集]

    1. ^ a b c “プロ野球12球団 戦力外、引退、移籍選手/一覧”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2019年1月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809280000378.html 2019年1月24日閲覧。 
    2. ^ 2018年度NPB公示 NPBHP
    3. ^ ニュース オリックス・バファローズ公式HP
    4. ^ “ジョーイ・メネセス選手のアンチ・ドーピング規定違反について”. オリックス・バファローズ公式HP. (2019年6月27日). http://www.buffaloes.co.jp/news/detail/00002512.html 2019年6月27日閲覧。 
    5. ^ 2019年度NPB公示 NPBHP
    6. ^ 「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」に大城滉二選手が追加招集!”. オリックス・バファローズ公式HP (2019年3月4日). 2019年3月4日閲覧。
    7. ^ 張奕投手 支配下選手登録のお知らせ”. オリックス・バファローズ公式HP (2019年5月1日). 2019年5月9日閲覧。
    8. ^ a b 神戸投手、本田投手 支配下選手登録のお知らせ”. オリックス・バファローズ公式HP (2019年7月25日). 2019年7月25日閲覧。

    関連項目[編集]