1998年の日本競馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

< 1998年 | 1998年のスポーツ

馬齢は旧表記で統一する。

概要[編集]

海外GI制覇[編集]

安田記念を制したタイキシャトルが番を持してフランス遠征を発表。 ジャック・ル・マロワ賞出走を表明するが、その1週間前に、安田記念では完敗したシーキングザパールが同じフランスのGIモーリス・ド・ゲスト賞(1300メートル)を勝利し、こちらが初の日本調教馬による海外GI制覇となった。 タイキシャトルもジャック・ル・マロワ賞を圧倒的1番人気に応えて優勝。 秋にはマイルチャンピオンシップも圧勝し、短距離馬としては初のJRA賞年度代表馬に選出された。 さらに、ジャパンカップを制したエルコンドルパサーも翌年の長期遠征を発表し、日本競馬にとって大変革となった1年となった。

岡部幸雄 VS 武豊[編集]

タイキシャトルの岡部幸雄騎手とシーキングザパールの武豊騎手がGI通算勝利で熾烈な争いを繰り広げる。以下は、両騎手によるGI制覇。(勝利数はJRAのGIに限る。)

サイレンススズカの快進撃と非業の死[編集]

明けて5歳となったサイレンススズカ大逃げ戦法を確立して快進撃を続けた。まずはオープン特別のバレンタインステークスで勝利を収めると、GII中山記念、GIII小倉大賞典[1]を連勝。さらにGII金鯱賞では重賞競走では珍しい大差勝ちを収めた。宝塚記念では、騎手が武豊から南井克巳に乗り替わったにも関わらず、前年の年度代表馬エアグルーヴ天皇賞・春勝ち馬メジロブライトら並み居るGIホースを差し置いて1番人気に支持され、そこでも勝利を収めた。秋の休養明け初戦の毎日王冠でもグラスワンダーエルコンドルパサーの4歳外国産馬に完勝し、ここまで6連勝を収めた。続く天皇賞・秋では単勝オッズ1.1倍という圧倒的な1番人気に支持され、そして快調に逃げを打っていたかに見えたが、レース中に左前脚手根骨粉砕骨折を発症し、競走を中止。予後不良と診断され、安楽死の処置がとられた。

できごと[編集]

1月 - 3月[編集]

4月 - 6月[編集]

7月 - 9月[編集]

10月 - 12月[編集]

競走成績[編集]

中央競馬・平地GI[編集]

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 所属
月日 競馬場 馬主 勝時計
第15回フェブラリーステークス グルメフロンティア 牡7 岡部幸雄 田中清隆 JRA美浦
2月1日 東京競馬場 石井政義 1:37.5
第58回桜花賞 ファレノプシス 牝4 武豊 浜田光正 JRA栗東
4月12日 阪神競馬場 松岡正雄 1:34.0
第58回皐月賞 セイウンスカイ 牡4 横山典弘 保田一隆 JRA美浦
4月19日 中山競馬場 西山牧場 2:01.3
第117回天皇賞(春) メジロブライト 牡5 河内洋 浅見秀一 JRA栗東
4月27日 京都競馬場 (有)メジロ牧場 3:23.6
第3回NHKマイルカップ エルコンドルパサー 牡4 的場均 二ノ宮敬宇 JRA美浦
5月17日 東京競馬場 渡邉隆 1:33.7
第28回高松宮記念 シンコウフォレスト 牡6 四位洋文 栗田博憲 JRA美浦
5月24日 中京競馬場 安田修 1:09.1
第59回優駿牝馬(オークス) エリモエクセル 牝4 的場均 加藤敬二 JRA栗東
5月31日 東京競馬場 山本慎一 2:28.1
第65回東京優駿(日本ダービー) スペシャルウィーク 牡4 武豊 白井寿昭 JRA栗東
6月7日 東京競馬場 臼田浩義 2:25.8
第48回安田記念 タイキシャトル 牡5 岡部幸雄 藤沢和雄 JRA美浦
6月14日 東京競馬場 (有)大樹ファーム 1:37.5
第39回宝塚記念 サイレンススズカ 牡5 南井克巳 橋田満 JRA栗東
7月12日 阪神競馬場 永井啓弐 2:11.9
第3回秋華賞 ファレノプシス 牝4 武豊 濱田光正 JRA栗東
10月25日 京都競馬場 ノースヒルズマネジメント 2:00.1
第118回天皇賞(秋) オフサイドトラップ 牡8 柴田善臣 加藤修甫 JRA美浦
11月1日 東京競馬場 渡邉隆 1:59.3
第59回菊花賞 セイウンスカイ 牡4 横山典弘 保田一隆 JRA美浦
11月8日 京都競馬場 西山牧場 3:03.2
第23回エリザベス女王杯 メジロドーベル 牝5 吉田豊 大久保洋吉 JRA美浦
11月15日 京都競馬場 (有)メジロ牧場 2:12.8
第15回マイルチャンピオンシップ タイキシャトル 牡5 岡部幸雄 藤沢和雄 JRA美浦
11月22日 京都競馬場 (有)大樹ファーム 1:33.3
第18回ジャパンカップ エルコンドルパサー 牡4 蛯名正義 二ノ宮隆宇 JRA美浦
11月29日 東京競馬場 渡邉隆 2:25.9
第50回阪神3歳牝馬ステークス スティンガー 牝3 横山典弘 藤沢和雄 JRA美浦
12月7日 阪神競馬場 社台レースホース 1:37.0
第50回朝日杯3歳ステークス アドマイヤコジーン 牡3 M.ロバーツ 橋田満 JRA栗東
12月13日 中山競馬場 近藤利一 1:35.3
第32回スプリンターズステークス マイネルラヴ 牡4 吉田豊 稲葉隆一 JRA美浦
12月20日 中山競馬場 (有)サラブレッドクラブ・ラフィアン 1:08.6
第43回有馬記念 グラスワンダー 牡4 的場均 尾形充弘 JRA美浦
12月27日 中山競馬場 半沢(有) 2:32.1

中央競馬・障害[編集]

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 所属
月日 競馬場 馬主 勝時計
第118回中山大障害(春) ノーザンレインボー 牡9 出津孝一 岩元市三 JRA栗東
4月18日 中山競馬場 林進 4:43.1
第119回中山大障害(秋) ビクトリーアップ 牡6 横山義行 吉永正人 JRA美浦
12月19日 中山競馬場 瀧本和義 4:45.5

地方競馬主要競走[編集]

競走名 優勝馬 性齢 騎手 調教師 所属
月日 競馬場 馬主 勝時計
第47回川崎記念 アブクマポーロ 牡7 石崎隆之 出川克己 船橋
1月28日 川崎競馬場 鑓水秋則 2:07.6
第21回帝王賞 アブクマポーロ 牡7 石崎隆之 出川克己 船橋
6月24日 大井競馬場 鑓水秋則 2:03.4
第11回マイルチャンピオンシップ南部杯 メイセイオペラ 牡5 菅原勲 佐々木修一 岩手
10月10日 盛岡競馬場 (有)明正商事 1:35.1
第13回ダービーグランプリ ナリタホマレ 牡4 M.ロバーツ 谷潔 JRA栗東
12月14日 水沢競馬場 山路秀則 2:07.8
第44回東京大賞典 アブクマポーロ 牡7 石崎隆之 出川克己 船橋
12月23日 大井競馬場 鑓水秋則 2:05.4

表彰[編集]

JRA賞[編集]

  • 年度代表馬・最優秀5歳以上牡馬・最優秀短距離馬 タイキシャトル
  • 最優秀3歳牡馬 アドマイヤコジーン
  • 最優秀3歳牝馬 スティンガー
  • 最優秀4歳牡馬 エルコンドルパサー
  • 最優秀4歳牝馬 ファレノプシス
  • 最優秀5歳以上牝馬 メジロドーベル
  • 最優秀父内国産馬 メジロブライト
  • 最優秀ダートホース ウイングアロー
  • 最優秀障害馬 ノーザンレインボー
  • 特別賞 サイレンススズカ

ダートグレード競走最優秀馬[編集]

  • アブクマポーロ

NARグランプリ[編集]

リーディング[編集]

リーディングジョッキー[編集]

分類 騎手の氏名 勝利数
中央競馬
地方競馬
ばんえい競走

リーディングトレーナー[編集]

分類 調教師の氏名 勝利数
中央競馬
地方競馬
ばんえい競走

リーディングオーナー[編集]

リーディングブリーダー[編集]

リーディングサイアー[編集]

リーディングブルードメアサイアー[編集]

誕生[編集]

この年に生まれた競走馬は2001年のクラシック世代となる。

競走馬[編集]

人物[編集]

死去[編集]

競走馬、繁殖馬[編集]

人物[編集]

引退[編集]

競走馬[編集]

人物[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 小倉競馬場改装のため、時期を通年よりも遅らせて中京競馬場での開催となった。
  2. ^ ニュースぷらざ(Sウィーク生産牧場火災)”. ケイバブック. 2015年6月29日閲覧。
  3. ^ ニュースぷらざ(最終戦は3着、シャトル引退式)”. ケイバブック. 2015年6月29日閲覧。

出典・参考[編集]