IBLJ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社IBLJ
IBLJ Incorporated
IBLJ Incorporated Head Office.jpg
常磐町当時の本社(2010年 - 2012年)
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
760-0042
香川県高松市大工町7丁目21番地
設立 2004年(平成16年)
業種 サービス業
事業内容 プロ野球興行(独立リーグ
代表者 代表取締役社長:中村俊洋
資本金 4億1550万円(2011年2月1日時点)
発行済株式総数 1万1,610株(2011年2月1日時点)
純利益 △1711万7000円(2010年12月期)
純資産 1億1043万7000円
(2010年12月31日時点)
総資産 1億7562万6000円
(2010年12月31日時点)
決算期 12月末日
主要株主 株式会社セイア石毛宏典、他11社
外部リンク http://www.iblj.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社IBLJは、プロ野球独立リーグ四国アイランドリーグplusを運営する企業である。 IBLJは、Independent Baseball League of Japanの略。この言葉を日本語に直すと「日本独立野球リーグ」となるが、江本孟紀らが発足を企図していた日本独立リーグとは関係がない。

リーグ発足の2005年までは、すべてのチーム、首脳陣、選手がIBLJの下にあり、IBLJが選手の配分等を決めていたが、2006年シーズンからは各チームを独立した法人(社名は○○(チーム名)球団株式会社。例:香川オリーブガイナーズ球団株式会社)とし、独立採算制を採るようになった[1]

沿革[編集]

2004年に元プロ野球選手石毛宏典によって設立された。リーグ発足後、経営難の際に支援を行った出資者側に運営の主導権が移り、2007年3月に石毛は社長を退任してコミッショナーに就任、出資者の一人である鍵山誠が社長となった。さらに同年12月末のコミッショナー契約満了をもって石毛はコミッショナーを退任し、自らが創設したリーグ全体の運営からは完全に離れた。ただし石毛は現在も株主で、2008年1月からはリーグ内の愛媛マンダリンパイレーツのシニア・チームアドバイザーに就任している。

  • 2004年4月23日 - 設立。当時は東京都目黒区に所在していた。
  • 2005年6月1日 - 高松市扇町に運営事務局を移転。
  • 2006年8月1日 - 登記上本店も高松市に移転。
  • 2007年3月10日 - 石毛宏典が社長を退任し、コミッショナー専任となる。かわって専務の鍵山誠が社長就任。
  • 2007年12月31日 - 契約満了に伴い、石毛宏典がコミッショナーを退任。
  • 2008年4月1日 - 本社を丸亀町(旧富士銀行高松支店跡[2])に移転。
  • 2010年2月26日 - 本社を常磐町一丁目に移転。
  • 2013年1月21日 - 本社を香西東町に移転。
  • 2016年4月1日 - 鍵山誠が代表取締役を退任し、後任に森本美行が就任[3]
  • 2017年2月15日 - 本社を大工町に移転。
  • 2017年3月24日 - 森本美行が会長に就任し、代表取締役社長には非常勤取締役だった中村俊洋が新たに就任[4]

株主[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ その後、愛媛マンダリンパイレーツは自治体の出資受け入れに伴い、2010年より「愛媛県民球団株式会社」に再度社名を変更した。徳島も2010年の開幕前に出資者が撤退してリーグ直営に戻ったあと、2012年のシーズンから社名の異なる新会社による運営となっている。
  2. ^ 退去後の再開発で丸亀町グリーンに建て替えられた。
  3. ^ 株式会社IBLJ 及び 四国アイランドリーグplus 役員人事の変更について - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2016年4月1日)
  4. ^ 株式会社IBLJ 及び 四国アイランドリーグplus 役員人事の変更について - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2017年3月24日)

外部リンク[編集]