中谷翼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中谷 翼
HC-Tsubasa-Nakatani.jpg
広島時代
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府枚方市
生年月日 (1984-09-30) 1984年9月30日(34歳)
身長
体重
180 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 内野手
プロ入り NPB / 2005年 育成選手ドラフト1巡目
初出場 NPB / 2007年5月8日
最終出場 NPB / 2010年9月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

中谷 翼(なかたに つばさ、1984年9月30日 - )は、大阪府枚方市出身の元プロ野球選手内野手)。右投左打。現在は読売ジャイアンツの球団職員。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

大阪府枚方市出身。招提中学時代はオール枚方ボーイズに在籍し1999年ジャイアンツカップに出場。高校は仙台育英高に進学し、2年時には二塁手として第73回選抜高等学校野球大会で準優勝を経験する。同期に矢貫俊之菊池俊夫

高校卒業後は立命館大学に進学(金刃憲人は同期)するが1年秋に中退。社会人チームの採用もなかったが、進退をかけて臨んだ四国アイランドリーグの入団テストに合格し、2005年に、愛媛マンダリンパイレーツに入団。打率.296、本塁打5、打点38と、いずれの部門でもリーグ2位の成績を残す。盗塁はチームトップの21。二塁手としてベストナインも獲得。同年の育成選手ドラフト1巡目で広島東洋カープから指名を受けて入団。背番号128は、愛媛時代の28に100を足したものであった[1]

プロ入り後[編集]

2007年2月18日の紅白戦で高橋建から左打者ながらレフトオーバーの2塁打を放つ。その10日後の2月28日に支配下登録をされ、背番号も128から56に変更。同年5月8日に一軍初出場を果たした。打撃の評価は高いものの、二軍では2007年に15失策、2008年に6失策を喫するなど守備に不安が残った。

2008年2009年は一軍出場が無かった。

2010年、9月25日の阪神戦で初の先発出場を果たした。守備では内野フライを落球する失策を犯した一方で、打撃では一軍初安打と初打点を記録した[2]。しかし9月末に右肘靭帯を負傷、10月に再建手術を受けて回復まで8か月以上を要すると見込まれた[3]。そのため10月26日に戦力外通告を受け[3]支配下選手登録を外れた後11月16日に育成選手として再契約した。

2013年10月1日付で球団から2度目の戦力外通告を受けた[4]10月31日、自由契約公示された[5]

引退後[編集]

現役引退後は、読売ジャイアンツブルペン捕手に転身した[6]

2018年1月1日付けで運営部に異動することが発表された。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 広島 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
2010 2 5 5 0 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .200 .200 .400 .600
通算:2年 4 7 7 0 1 1 0 0 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .143 .143 .286 .429

記録[編集]

NPB

独立リーグでの打撃成績[編集]

















2005 愛媛 87 297 40 88 5 38 21 0 3 45 3 70 .296
通算:1年 87 297 40 88 5 38 21 0 3 45 3 70 .296

背番号[編集]

  • 28 (2005年)
  • 128 (2006年 - 2007年途中、2011年 - 2013年)
  • 56 (2007年途中 - 2010年)
  • 210 (2014年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]