尾上旭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
尾上 旭
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県旭市
生年月日 (1959-04-22) 1959年4月22日(58歳)
身長
体重
175 cm
68 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1981年 ドラフト1位
初出場 1982年4月7日
最終出場 1990年7月4日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

尾上 旭(おのうえ あきら、1959年4月22日 - )は、千葉県旭市出身の元プロ野球選手内野手)。

来歴・人物[編集]

小学4年から野球を始め、飯岡中学時代に投手から内野手に転向[1]銚子商では1976年中堅手として夏の甲子園に出場、準々決勝に進むが桜美林に敗れる。チームメートに1年先輩の宇野勝がいた。1977年には遊撃手として春の選抜に出場、2回戦で智辯学園山口哲治に抑えられ敗退 [1]

卒業後は中央大学へ進学。東都大学リーグでは1979年春季リーグで優勝。同年の全日本大学野球選手権大会でも決勝で早大を降し優勝する。1981年日米大学野球選手権日本代表に選出された[1]。リーグ通算108試合出場、394打数105安打、打率.266、14本塁打、43打点。遊撃手としてベストナイン1回受賞。大学同期に米村明がいる。

1981年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団[1]。 巧打と堅守を誇る即戦力内野手との評価を受け、一年目から一軍に定着。打撃面で伸び悩み、宇野勝や上川誠二(同学年・同期入団=ドラフト外)の壁を越えられず、レギュラーには届かなかったが、遊撃手、二塁手三塁手をこなすユーティリティプレーヤーとして活躍する。

1987年には同じタイプの仁村徹の伸長もあって出場機会が減り、同年11月、島田芳明と共に仲根政裕との2対1の交換トレードで近鉄バファローズに移籍[1]。近鉄では特筆すべき活躍は無く1991年現役引退[1]

翌1992年地元千葉に戻り家業の青果業を継ぎ[1][2]選手時代の広島遠征でチーム御用達の店で食べた広島風お好み焼きを気に入り[3]1995年春から、銚子市で「広島焼 おのうえ」を経営している [3]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1982 中日 50 73 65 11 14 4 0 1 21 9 2 2 1 0 4 0 3 17 4 .215 .292 .323 .615
1983 57 73 67 8 15 4 0 2 25 5 1 0 0 0 6 1 0 14 1 .224 .288 .373 .661
1984 57 50 43 12 8 0 0 1 11 10 2 0 2 2 2 0 1 9 0 .186 .229 .256 .485
1985 81 78 70 8 14 2 1 0 18 3 4 3 2 0 5 0 1 6 2 .200 .263 .257 .520
1986 70 110 96 8 17 1 0 1 21 5 1 2 6 1 5 1 2 14 2 .177 .231 .219 .450
1987 18 10 9 1 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 4 0 .111 .200 .111 .311
1988 近鉄 15 18 15 5 4 0 0 0 4 1 0 0 0 0 2 0 1 4 0 .267 .389 .267 .656
1989 1 2 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .500 .500 .500 1.000
1990 13 13 10 2 3 1 0 0 4 0 0 0 0 0 3 0 0 1 0 .300 .462 .400 .862
通算:9年 362 427 377 55 77 12 1 5 106 33 10 7 11 3 28 2 8 69 9 .204 .272 .281 .553

記録[編集]

背番号[編集]

  • 14 (1982年 - 1984年)
  • 2 (1985年 - 1987年)
  • 19 (1988年 - 1991年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、133ページ
  2. ^ お好み焼き店は大人気!“容姿不問”嫁さん募集中 - ZAKZAK
  3. ^ a b 「プロ野球引退読本 花道と戦力外通告」、英和出版社、2015年ISBN 9784865452587

関連項目[編集]