里見治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さとみ はじめ
里見 治
生誕 (1942-01-16) 1942年1月16日(74歳)
群馬県福島町
国籍 日本の旗 日本
職業 セガサミー会長、馬主
著名な実績 菊花賞優勝馬主
流派 日本中央競馬会
配偶者 里見美恵子

里見 治(さとみ はじめ、1942年1月16日 - )は、日本の実業家群馬県福島町(現富岡市)出身[1]青山学院大学法学部中退[1]。衆議院議員の鈴木隼人は娘婿[2]

略歴[編集]

大学在学中の1964年に友人とゲーム機の販売会社を起こす。しかし経営がうまく行かなかったため販売会社を1年で清算、自らゲーム機の開発を行う方向に転じる。翌1965年に父親が経営していた食品メーカー「東京栄養食品」の商号を「株式会社さとみ」に変更してその専務に就任。同社内にアミューズメント部門を設立してクレーンゲームアレンジボール機の開発・販売等を手がけた。

1977年には取引先の手形の不渡りのあおりを食って株式会社さとみが倒産するが、残った社員と共に同社の関連会社であるサミー工業(1975年設立、現在のサミー)を再建する形で事業を継続。1980年にはサミー工業の社長となり、以後同社にて主にパチンコパチスロ機の開発・販売を行い、サミーを業界大手の一角に成長させた。

里見が金融商品の売却などを巡って約30億円の申告漏れ東京国税局から指摘されていたことが、2016年9月に判明した[3]

主な役職[編集]

(2015年現在)

馬主として[編集]

日本中央競馬会(JRA)と地方競馬全国協会(NAR)に馬主登録されており、冠名は「サトノ~」と「~サミー」を使用しているが、冠名を使用しない馬もわずかにいる。勝負服の柄は緑,黄菱山形,袖黄縦縞を使用している。過去には白、青縦縞、桃袖や緑、水色縦縞、白袖の柄を使用していた。

主な所有馬[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考資料[編集]