サマーカーニバル'92 烈火

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サマーカーニバル'92 烈火
ジャンル 縦スクロールシューティング
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 KID
発売元 ナグザット
デザイナー 矢川忍
プログラマー 矢川忍
音楽 塩田信之
美術 *E*
NIKOPON
人数 1人
メディア ロムカセット
発売日 日本 199207171992年7月17日
対象年齢 CEROA(全年齢対象)
その他 型式:NAX-RE
テンプレートを表示

サマーカーニバル'92 烈火』(サマーカーニバル'92 れっか)は、1992年7月17日にナグザットから発売された、ファミリーコンピュータ用ソフト。開発はKIDが担当。

ニンテンドー3DSバーチャルコンソールで2012年12月12日より配信された。

概要[編集]

具体的なゲームジャンルは、縦スクロールシューティングゲーム。自機「RECCA」を操作しステージを進んでいく。

特徴としては、ファミコン用ソフトのゲーム内容としては圧倒的な敵や弾の数、巧妙な敵の配置などによる非常に高い難易度が挙げられる。エンディングでは、「スーパーハードシューティングゲーム」を自称している。デルタPCMやノイズを多用した独特のアシッド調のBGM、多関節アーム、曲線ホーミングレーザー、蛇状の長い敵などの実現や、BGの併用による大きなエフェクトの実現、縦横のラスタースクロールの多用による空間の湾曲表現、事前に多数のパターンを用意する手法による一部オブジェクトの回転処理などが技術的な特徴として挙げられる。ただし、大量のスプライトの表示は、(その技術自体は同時代の似たようなハードウェアで常用された手法ではあるものの)フレーム毎[1]に、限界越えのために非表示になるスプライトを入れ替えるという激しく画面がちらつく手法で実現されており、さらには少々の表示欠けが見えるようでも多数のオブジェクトを出すことを優先した結果、ハードウェアの限界を見せるものとなっているが、それが一風独特の演出ともとれる「味」となっている。

より高性能なゲームハードへの移行期だったことや、上記のとおりゲーマー向けの高難易度により、発売当時のゲーム雑誌の評価はあまり芳しくなかった[2]。しかし、そのハードの性能の限界を極めたグラフィックや独特の雰囲気はじわじわと再評価され、今や中古市場ではファミコンでも有数のプレミアソフトの1つとなっている。

サマーカーニバル[編集]

本作のタイトルになっている「サマーカーニバル」とは、ナグザットが夏休みのイベントとして日本全国のいくつかの会場で開催していたゲーム大会のことである。1991年から1993年の3回行われた。同種のイベントとしてはハドソンが1985年から夏休みシーズンに開催している「キャラバン」がある。

本作はそのタイトルの通り、1992年、第2回のサマーカーニバル用ソフトである。なおこの回はPCエンジン部門とファミコン部門の併催となっており、PCエンジンでは同じくナグザット開発の『サマーカーニバル'92 アルザディック』が使われた。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

Bボタンでメインショット攻撃、Aボタンでアイテムから取得したオプションからサブショットを発射、セレクトボタンで5段階まで自機速度の調整ができる。

メインショットを撃たないでいると、自機前方に円状の「バリア」が発生し、敵の弾を防御する。バリアを最大限まで溜めた状態でショットを放つと「ボム」を放つ。

また、周回ごとにコンマ単位でタイマーが表示されており、一定時間を越えると強制的にゲームオーバーになる。このタイマーはポーズ中でも動作し、止めることはできない。

選べるモードは通しプレイのノーマルモードのほか、裏技で使用可能になるクリアまでの残機を競う残機アタックモード(残機を大量に所持し、撃ち返しが発生する)、100万点に達するまでの時間を競うタイムアタックモード、2分間でスコアを競うスコアアタックモードがある。

ステージ構成[編集]

ステージ数は、一周目が4面まで。2周目からは7面にまで増大し、ステージ表記がAREAになりステージ構成も大幅に変化、難易度も激烈に上昇する。

アイテム[編集]

ブルーユニット
青いアイテム。取ると自機のショットがパワーアップする。時間の経過と共に種類が変わっていき、同じものを続けて取る事により3段階までパワーアップする。
  • バルカン - 「V」の文字。前方に連射ショットを放つ。パワーアップすると3方向、5方向に扇状に弾を撃つ。
  • レーザー - 「L」の文字。貫通力のあるレーザーを放つ。3段階までパワーアップすると敵に反応して斜め45度に曲がるようになる。
  • ビーム - 「B」の文字。前方に威力の高い連射ショットを放つ。
  • 5ウェイ - 「F」の文字。パワーアップする事で自機の前方と後方、合わせて5方向にショットを撃つ。
  • ホーミング - 「H」の文字。敵を追尾するホーミング弾を撃つ。スコアアタックやタイムアタックでは出現しない。
レッドユニット
赤いアイテム。自機の周りにオプションが付く。時間の経過と共に種類が変わっていき、同じものを2つまで装備する事ができる。
  • B - 「B」の文字。オプションが自機の後ろに固定され、後方にショットを発射する。
  • C - 「C」の文字。自機の移動方向とは逆向きにオプションがショットを放つ。
  • R - 「R」の文字。オプションが自機の周りを回転する。
  • S - 「S」の文字。オプションが敵のいる方向に自動で向く。スコアアタックやタイムアタックでは出現しない。
  • F - 「F」の文字。オプションが自機の横に固定され、前方にショットを発射する。
バーディ
得点アイテム。落とさずに取得し続けていく事で得られるスコアが上がる。
1UP
残機が1つ増える。

他機種版[編集]

No. 発売日 対応機種 タイトル 開発元 発売元 メディア 型式 売上本数 備考
1 日本 201207172012年7月17日
ヨーロッパ 201308152013年8月15日
アメリカ合衆国 201309052013年9月5日
ニンテンドー3DS
バーチャルコンソール
サマーカーニバル'92 烈火 KID 加賀電子 ダウンロード - - -
バーチャルコンソール版の修正点

激しいフラッシュが特徴の一つに挙げられるゲームだったが、目への負担を軽減するためかそれらのフラッシュ演出はソフトなものに修正されている。(ボスを攻撃した際はフラッシュに使われた色がゆっくりと表示されるのみ、撃破の際はフラッシュ無し。プラズマボムの際はフラッシュなしなど)裏ワザ等はほとんどそのまま移植されている。

開発[編集]

本作の画像データ内部には、任天堂セガのロゴを一部伏せた形をしたマークのデータが存在している。制作者が「セガに似たロゴマークを爆破して、任天堂に似たロゴを上から表示する、というアイキャッチを付けよう」と話したところスタッフが乗り気になり、画像と効果音のデータとプログラムを作成。スタッフの矢川忍は1時間でプログラムを作成したが、結局ナグザットに止められて没になったという。ちなみに、別のゲームソフト「バトルマニア」でも似たような演出が先んじて実行されている。

しかし、前述のデータだけでなくプログラムも、起動処理が消されているだけで、ROM内には存在していることが発見されており、該当部分を書き換えることで、電源投入時に特定のタイミングのキー操作によって表示することができる[3]。効果音は裏技で出現するサウンドテストで再生可能であることから、ロゴ表示ネタの存在をうかがわせていた。

スタッフ[編集]

  • ゲーム・デザイナー:矢川忍
  • プログラマー:矢川忍
  • グラフィック・デザイナー:*E*、NIKOPON
  • 音楽:塩田信之
  • データ:かないたかゆき、OGURA
  • デバッグ・チーム:わかばやしとしお、KINPATSU-KUN、GODHAND-S
  • スペシャル・サンクス:CHISATO、HIROMI、福田雅之、ZANCHAN、OGAWA-CCHI、富田和也

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 19/40点 (FC)[4]
NintendoLife 星10つのうち8つ (VC)[5]
ファミリーコンピュータMagazine 16.8/30点 (FC)[6]
ユーゲー 肯定的 (FC)[7]
  • ゲーム誌『ファミ通』のクロスレビューでは4・4・6・5の合計19点(満40点)となっており[4]、レビュアーの意見としては「グラフィックもキャラクターの処理も消化不足」、「アイテムなどの出現率を減らせば、もう少しわかりやすいゲームになるのに」、「シューティングらしくないダンサブルなBGMが気に入った」、「とにかく難しいが、やりこめば燃えるゲームだと思う」などと評されている。
項目 キャラクタ 音楽 お買い得度 操作性 熱中度 オリジナリティ 総合
得点 2.7 2.8 3.1 2.9 2.6 2.7 16.8
  • ゲーム誌『ユーゲー』では、「よく"ハードの限界を超えた"という言葉があるが、これはまさに本作のために存在するものだろう。のっけからハードの限界を超えることに挑んだ、確信犯STGだったからだ」、「絶え間なく襲い掛かる敵を破壊しまくる快感は、いつの間にか恍惚感へとシフトしていく。BGMのトランステクノとの相乗効果で、まるでヤバい薬のような絶頂世界へプレイヤーを導いてくれる」と評している[7]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 正確にはフィールド毎
  2. ^ ファミ通1992年7月24日号のレビューより
  3. ^ サマーカーニバル'92 烈火 電源投入後の没デモプログラム - ニコニコ動画
  4. ^ a b サマーカーニバル'92 烈火 まとめ[ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2016年9月11日閲覧。
  5. ^ Summer Carnival '92 RECCA (3DS eShop / NES) Review”. Nintendo Life. 2015年2月15日閲覧。
  6. ^ a b 「超絶 大技林 '98年春版」、『Play Station Magazine』増刊4月15日号、徳間書店/インターメディア・カンパニー、1998年4月15日、 54頁。
  7. ^ a b 「ユーゲーが贈るファミコン名作ソフト 100選」、『ユーゲー 2003 Vol.07』第7巻第10号、キルタイムコミュニケーション2003年6月1日、 17頁、 ISBN 雑誌17630-2

外部リンク[編集]