スティックのり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
プリットブランドのスティックのり(英国版)

スティック糊(スティックのり)は、棒状の固形接着剤を指す総称である。主に紙類の接着用途に用いる。英語のスティック (Stick) は『棒状』の他に『くっつく』『貼り付ける』意味があり、双方の意味が掛けられている。棒口紅と同様の容器形状からリップスティックタイプ糊とも称される。

概要[編集]

棒口紅と同様の円筒や角柱の容器に収めた、棒状に成形した固形接着剤を、容器底部を回転して内底とともに繰り出して塗布する。

歴史[編集]

1969年にヘンケルが開発[1]した。日本ではトンボ鉛筆が初めて生産[要出典]した。従来の澱粉糊液体合成糊に比べて、手指に付着がなく、紙にしわが寄り難い、速乾性に優れるなどの利点があるが、紙の材質や貼付後の経時変化で剥がれ易くなる場合がある。

商品[編集]

簡単に剥がせる仮付け用の商品、色を付けて塗布状況を見やすくした商品(色は乾くと消える)などもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ プラス株式会社 (2017年). “プリットの歴史” (日本語). プラス ステーショナリー. Pritt. プラス株式会社. 2018年8月3日閲覧。
  2. ^ コクヨ株式会社 (2016年12月1日). “コクヨプリット製品終了に関するお知らせ” (日本語). コクヨ. お知らせ. コクヨ株式会社. 2018年8月2日閲覧。
  3. ^ プラス株式会社コーポレート本部総務部広報室 (2017年1月5日). “プラス、のり・接着用品「プリット」ブランドの国内販売を開始” (日本語). PLUS プラス株式会社/PLUSグループ. ニュースリリース. プラス株式会社. 2018年8月2日閲覧。
  4. ^ 株式会社トンボ鉛筆 (2018年). “沿革” (日本語). 株式会社 トンボ鉛筆. 会社情報. トンボ鉛筆. 2018年8月3日閲覧。
  5. ^ 不易糊工業株式会社 (2018年). “フエキの歴史 昭和戦後” (日本語). 不易糊工業株式会社. 不易糊工業. 2018年8月3日閲覧。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]