サンデーVSマガジン 集結!頂上大決戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンデーVSマガジン 集結!頂上大決戦
ジャンル 対戦アクションゲーム
対応機種 PlayStation Portable
開発元 アルヴィオン
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
人数 1人 - 4人
メディア UMD 1枚
発売日 2009年3月26日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
テンプレートを表示

サンデーVSマガジン 集結!頂上大決戦』(サンデーバーサスマガジン しゅうけつ ちょうじょうだいけっせん)は、2009年3月26日からコナミデジタルエンタテインメントより発売されているPlayStation Portable用ゲームである。

概要[編集]

コナミから発売された「週刊少年サンデー」と「週刊少年マガジン」の創刊50周年記念ゲーム第2弾であり、両誌から歴代の各15作品ずつ、計30作品[1]から100以上のキャラクターが登場するクロスオーバー作品である。1対1の対戦アクションであり登場キャラクターは全員原作通りの技を持つ。

ゲームとしての特徴[編集]

このゲームには次々と現れる相手を倒していく「アーケードモード」、友人やCOMと自由に対戦ができる「フリーバトル」、新たなキャラクターや必殺技を習得できる「クエストモード」の3種類が用意されている。また操作方法も2種類あり、初心者にも操作しやすい「シンプルモード」と上級者向けの「テクニカルモード」がある。一応、ボイスが殆どのキャラに充てられているが、アニメ化経験作品であっても、アニメとは違う吹き替えが充当された。吹き替え音声も「ドリャー」「うわぁ」と言った掛け声ぐらいしか入っておらず、固有の技名を言うことは無い。R・田中一郎に至っては声すら入っていない(尤も、担当声優が既に故人であるという事情もある)。

登場キャラクター[編集]

太字は作品名、上段は操作キャラ、下段はサポートキャラ、※は初期キャラクター。作品名は五十音順。

週刊少年サンデー[編集]

ARMS』より
犬夜叉』より
うえきの法則』より
うしおととら』より
がんばれ元気』より
    • 堀口元気
究極超人あ〜る』より
  • R・田中一郎
    • R・29号、鳥坂先輩、成原成行
Gu-Guガンモ』より
    • 佃ガンモ
結界師』より
拳児』より
    • 剛拳児
史上最強の弟子ケンイチ』より
絶対可憐チルドレン』より
ハヤテのごとく!』より
炎の転校生』より
  • 滝沢昇
    • 高村友花里、金沢
YAIBA』より
  • 鉄刃
烈火の炎』より
その他
  • サンデーロゴマーク・ナマズ

週刊少年マガジン[編集]

あしたのジョー』より
エア・ギア』より
MMR マガジンミステリー調査班』より
    • キバヤシ
GetBackers-奪還屋-』より
コータローまかりとおる!』より
サイボーグ009』より[1]
  • 島村ジョー
魁!!クロマティ高校』より
  • メカ沢新一
    • 神山高志+林田慎二郎&前田彰、ゴリラ、フレディ
SAMURAI DEEPER KYO』より
  • 鬼眼の狂
    • 真田幸村、椎名ゆや
さよなら絶望先生』より
スーパードクターK』より
    • KAZUYA
タイガーマスク』より
  • タイガーマスク
    • グレート・ゼブラ、健太、ルリ子先生、ちびっこハウス一同、ミスターX
デビルマン』より
  • デビルマン
    • 飛鳥了、政/哲&万次郎&六、牧村美樹
はじめの一歩』より
FAIRY TAIL』より
魔法先生ネギま!』より
  • ネギ・スプリングフィールド※
    • エヴァンジェリン&絡繰茶々丸、神楽坂明日菜、近衛木乃香、桜咲刹那、3-A全員集合!、タカミチ・T・高畑、バカレンジャー、宮崎のどか※
その他
  • マガジンロゴマーク・ピモピモ

本作オリジナル[編集]

  • ボス

声の出演[編集]

序列はスタッフロールに準ずる。役名表記はなし。


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『サイボーグ009』は両誌とも連載されたが、本作ではマガジン枠となっている。

外部リンク[編集]