建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

建設を開始すべき新幹線鉄道の路線を定める基本計画(けんせつをかいしすべきしんかんせんてつどうのろせんをさだめるきほんけいかく)とは、全国新幹線鉄道整備法昭和45年5月18日 法律第71号)第4条(基本計画)に基づき、国土交通大臣(当時は運輸大臣)が定め公示した、全国新幹線鉄道の基本計画のことである。

各告示の概要[編集]

昭和46年告示第17号[編集]

昭和46年1月18日 運輸省告示第17号(改正:昭和47年7月3日 運輸省告示第242号[1]

路線名 起点 終点 主要な経過地 現況
東北新幹線 東京都 青森県青森市[1] 栃木県宇都宮市附近、宮城県仙台市附近、岩手県盛岡市 供用中
上越新幹線 東京都 新潟県新潟市 埼玉県さいたま市熊谷市群馬県高崎市 供用中
成田新幹線[2] 東京都 千葉県成田市 千葉県印西市[3] 計画失効[4]

昭和47年告示第243号[編集]

昭和47年7月3日 運輸省告示第243号により追加(変更:昭和48年11月15日 運輸省告示第465号[5]

路線名 起点 終点 主要な経過地 現況
北海道新幹線 青森県青森市 北海道旭川市[5] 北海道函館市附近、北海道札幌市 一部供用中及び事業中
北陸新幹線 東京都 大阪府大阪市 長野県長野市附近、石川県金沢市附近 一部供用中及び事業中
九州新幹線 福岡県福岡市 鹿児島県鹿児島市 供用中

昭和47年告示第466号[編集]

昭和47年12月12日 運輸省告示第466号により追加

路線名 起点 終点 主要な経過地 現況
九州新幹線 福岡県福岡市 長崎県長崎市 事業中

昭和48年告示第466号[編集]

昭和48年11月15日 運輸省告示第466号により追加

路線名 起点 終点 主要な経過地
北海道南回り新幹線 北海道山越郡長万部町 北海道札幌市 北海道室蘭市附近
羽越新幹線 富山県富山市 青森県青森市 新潟県新潟市附近、秋田県秋田市附近
奥羽新幹線 福島県福島市 秋田県秋田市 山形県山形市附近
中央新幹線 東京都 大阪府大阪市 山梨県甲府市附近、愛知県名古屋市附近、奈良県奈良市附近
北陸・中京新幹線 福井県敦賀市 愛知県名古屋市
山陰新幹線 大阪府大阪市 山口県下関市 鳥取県鳥取市附近、島根県松江市附近
中国横断新幹線 岡山県岡山市 島根県松江市
四国新幹線 大阪府大阪市 大分県大分市 徳島県徳島市附近、香川県高松市附近、愛媛県松山市附近
四国横断新幹線 岡山県岡山市 高知県高知市
東九州新幹線 福岡県福岡市 鹿児島県鹿児島市 大分県大分市附近、宮崎県宮崎市附近
九州横断新幹線 大分県大分市 熊本県熊本市

その後の展開と現況[編集]

昭和47年告示第466号以前で告知された路線は、計画が失効した成田新幹線を除き、全線および一部区間が開通済みであるか、一部区間が着工済みである。

しかし、昭和48年告示第466号で告知された路線は、2011年に整備計画が決定した(リニア)中央新幹線を除き、計画は凍結されたままである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 東北新幹線の当初の区間は東京都 - 盛岡市間であったが、昭和47年7月3日 運輸省告示第242号により東京都 - 青森市 間に変更されている。
  2. ^ 成田新幹線に係る基本計画は、日本国有鉄道改革法等施行法(昭和61年12月4日 法律第93号)附則第32条第2項により失効している。
  3. ^ 通過地としては他に東京都江戸川区千葉県浦安市船橋市がある。だが、実際に駅設置が検討されたのは印西市の千葉ニュータウン駅 (仮称・現:千葉ニュータウン中央駅)だけである。
  4. ^ 1983年の計画凍結までに完成していた成田市土屋地区成田空港駅間の設備はJR東日本京成電鉄がそれぞれ1線ずつ利用している。
  5. ^ a b 北海道新幹線の当初の区間は青森市 - 札幌市間であったが、昭和48年11月15日 運輸省告示第465号により青森市 - 旭川市間に変更されている。

関連項目[編集]

リンク先[編集]