名古屋車両所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
名古屋車両所

名古屋車両所(なごやしゃりょうしょ)は、愛知県名古屋市中村区にある東海旅客鉄道(JR東海)関西支社管轄[1]車両基地である。東海道新幹線で使用される新幹線用車両の仕業検査、臨時検査を行う。

庄内川左岸に位置し、名古屋駅から上下本線に挟まれたまま本線と約2.1km並行し、そこで回送線が下り本線を乗り越して分岐し、約1.4km進むと車両基地である。なお、名古屋車両所への単線の回送線と並行して、新幹線鉄道事業本部管轄の名古屋保線所基地まで単線の回送線が設けられている。両車両基地を合わせて通称「日比津基地」または「日比津電車基地」とよばれる。 元々、この敷地は新幹線貨物輸送の日比津貨物駅の用地として確保されていた[2]

所属車両[編集]

所属車両なし。主に早朝・深夜帯における名古屋駅発着車両夜間留置に使われている。

設備[編集]

  • 着発収容線11線
  • 仕業検査線3線

歴史[編集]

  • 1975年(昭和50年)3月 - 山陽新幹線博多開業時に供用開始。国鉄時代は大阪第一運転所・名古屋支所であった[3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 東海旅客鉄道(新幹線関西地本掲示物撤去)”. 中央労働委員会 (2010年10月6日). 2014年6月19日閲覧。
  2. ^ 「特集 短路線ミステリー3」鉄道ファン No.467 (2000年3月号)
  3. ^ 『新幹線50年史』 財団法人交通協力会、2015年、261頁。ISBN 978-4-330-56715-0