東京交番検査車両所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東京交番検査車両所
基本情報
鉄道事業者 東海旅客鉄道
帰属組織 新幹線鉄道事業本部
所属略号 幹トウ
配置両数
電車 1079両
合計 1079両
備考 2020年4月1日現在
テンプレートを表示

東京交番検査車両所(とうきょうこうばんけんさしゃりょうしょ)は、東京都品川区八潮にある東海旅客鉄道(JR東海)新幹線鉄道事業本部管轄の車両基地であり、交番検査を行っている。

品川駅より数キロ南東に位置し、品川駅(旧品川信号所)とは回送線でつながっている。同じ敷地内に事業所を持つ東京仕業検査車両所東京修繕車両所とともに大井車両所とも呼ばれ、さらに大井保線所、大井電力所、大井信号通信所とともに新幹線大井基地とも呼ばれる。

歴史[編集]


設備[編集]

2009年(平成21年)7月1日、車両所組織再編により設備管理部署が東京仕業検査車両所となる。

  • 敷地面積:379,000m2(大井基地全体)
  • 現業事務所(大井基地総合事務所棟、東京第一運輸所大井派出棟)
  • 列車扱所(大井基地総合事務所)
  • 検修倉庫
  • 外託関係詰所
  • 検修線(検修庫):12線
  • 着発線:38線
  • 組替線:3線
  • 臨修線(臨修庫):1線
  • 引上線:1線
  • 事業用線(事業用庫):1線
  • 事業用留置線:1線
  • 研削線:1線

配置車両の車体に記される略号[編集]

  • 幹トウ…新幹線を意味する「幹」と、東京を意味する「トウ」から構成される。なお、車両所の再編以前は「幹トウ」は旧東京第一車両所の略号で、本所の前身の東京第二車両所は「幹トニ」(「トニ」はうきょう だいを意味する)だった。

配置車両[編集]

2020年4月1日現在の配置車両は以下のとおり[3]

注釈[編集]

  1. ^ 当初は、3月8日のぞみ (列車)315号を持って営業運転終了を予定していたが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を踏まえ運行を取りやめた
  2. ^ 2013年8月に運行を開始したN700Aである。
  3. ^ 0番台からの改造車でN700aである。
  4. ^ 試験走行用であり、営業列車には充当されていない。

脚注[編集]

  1. ^ https://www.asahi.com/articles/ASN325DZBN32UTIL021.html
  2. ^ https://mainichi.jp/articles/20200302/k00/00m/040/179000c
  3. ^ 『JR電車編成表2020夏』交通新聞社、2020年、p108-112,420。ISBN 978-4-330-05020-1