新幹線E956形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
新幹線E956形電車
E956S13Sendai.jpg
基本情報
運用者 東日本旅客鉄道
製造所 川崎重工業(1 - 6号車)
日立製作所(7 - 10号車)
製造年 2019年
製造数 10両
投入先 東北新幹線
主要諸元
編成 10両
軌間 1,435 mm
電気方式 交流25,000V 50Hz
最高運転速度 360km/h
最高速度 400km/h
テンプレートを表示

新幹線E956形電車(しんかんせんE956がたでんしゃ)は、2019年(令和元年)5月に登場した東日本旅客鉄道(JR東日本)の新幹線用高速運転試験電車である。 愛称は「ALFA-X」(アルファエックス)で、『Advanced Labs for Frontline Activity in rail eXperimentation』(最先端の実験を行うための先進的な鉄道試験室)に由来する[1]

概要[編集]

北海道新幹線札幌開業を視野に360km/h営業運転が可能な営業車両の開発を目的とし、2019年5月から2022年3月にかけて、400km/h走行なども含めた様々な試験を実施する。同年5月10日夜から試験を開始するにあたり2019年5月9日新幹線総合車両センターにて報道公開された。[2]

1 - 6号車は川崎重工業、7 - 10号車は日立製作所で製造された[3](10号車の先頭車の意匠はJR東日本と日立製作所が共同で取得している[4])。2018年12月12日に1号車の車体が川崎重工業兵庫工場で公開され[5]、2019年2月8日には10号車の車体が日立製作所笠戸事業所で公開された[3]。先端部分の「鼻」の長さが1号車は約16メートル、10号車は約22メートルあり、両端を異なる形状にしてトンネル進入時の車体への圧力などの違いを分析する[6]。中間車の2 - 9号車のうち、3・7号車は他の車両と比べて窓が小さく、5号車には客室の窓が設けられていない。これらの車両では、窓の大きさや有無による車両構造・客室内環境等の評価が行われる。8号車は客室を2つに分けた車両となり、客室環境の比較評価が行われる。走行時は先頭車・中間車の各車両に測定器等が搭載される。[7]

編成[編集]

← 東京
新潟・金沢・新青森・新函館北斗・札幌 →
号車 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
形式 E956

(M1c)

E956

(M1)

E956

(M2)

E956

(M2)

E956

(M1)

E956

(M1)

E956

(M2)

E956

(M2s)

E956

(M1s)

E956

(M2c)

S13編成
番号
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

試験走行反対運動[編集]

沿線の宮城県栗原市では、試験走行の車両の通過時間帯が深夜から早朝となるため、試験走行に反対する運動が起こった。その後、栗原市議会には、ALFA-Xの深夜走行の中止を求める意見書が提出され、2019年10月3日の本会議で採択が行われたが反対多数で否決されている[8]

脚注[編集]

  1. ^ 次世代新幹線の実現に向けた試験車両の新造について (PDF) - 東日本旅客鉄道、2017年7月4日閲覧)。
  2. ^ [1]-マイナビニュース、2019年5月9日閲覧
  3. ^ a b “新幹線試験車両を公開 日立笠戸”. 山口新聞. (2019年2月9日). https://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2019/0209/1p.html 2019年2月13日閲覧。 
  4. ^ 知的財産情報 (PDF) - 東日本旅客鉄道、2019年2月8日閲覧。
  5. ^ JR東日本E956形「ALFA-X」の構体が公開される”. railf 鉄道ニュース (2018年12月12日). 2019年2月13日閲覧。
  6. ^ “長い「鼻」の新幹線公開 JR東日本、試験車両”. 産経新聞. (2019年2月8日). https://www.sankei.com/economy/news/190208/ecn1902080037-n1.html 2019年2月8日閲覧。 
  7. ^ [2]-マイナビニュース、2019年5月9日閲覧より
  8. ^ 次世代新幹線の深夜試験走行 中止求める意見書否決 宮城・栗原市議会”. 河北新報 (2019年10月4日). 2019年10月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]