九州経済連合会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

一般社団法人 九州経済連合会(きゅうしゅうけいざいれんごうかい)は、九州山口に本社または活動拠点を持つ主要企業・団体を会員とする業界団体。略称は九経連(きゅうけいれん)。英語表記は Kyushu Economic Federation (Kyukeiren)。

概要[編集]

会員企業の意見を取りまとめ国や自治体へ提言するほか、九州・山口経済活性化に関連する調査研究をおこなう。また日本経済団体連合会など主要経済団体および九州地方知事会をはじめ自治体などと連携し、九州・山口経済圏における大規模プロジェクトや文化振興への推進・協力も行っている。福岡市中央区の電気ビル・共創館に事務局を置く。

以前の名称は九州・山口経済連合会であったが、2006年7月に現在の名称となった。

沿革[編集]

  • 1961年4月6日 - 九州・山口経済連合会として設立。
  • 2006年6月26日 - 改称。
  • 2012年4月 - 事務所を移転。
  • 2013年4月 - 一般社団法人に移行。

歴代会長[編集]

会長には初代の安川第五郎より第7代の松尾新吾までは九州電力の会長が就任している。

役員[編集]

2013年6月5日現在[1]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.kyukeiren.or.jp/files/topics/news/130606104601495.pdf

関連項目[編集]

外部リンク[編集]