上村基宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上村基宏(かみむら もとひろ、1952年8月18日 - )は、日本の銀行家。鹿児島銀行代表取締役頭取。九州フィナンシャルグループ代表取締役社長。一般社団法人鹿児島県銀行協会会長。鹿児島経済同友会代表幹事。

来歴・人物[編集]

鹿児島県出身。鶴丸高校、慶大商学部卒業後、鹿児島銀入行。

小中時代には水泳、高校時代は野球、大学在学時にはボクシング部に所属。また常務時代まで毎日、腕立て伏せと腹筋を300回こなすなどスポーツに勤しんできた[1]

30歳代、3年間にわたった東京赴任時には、当時の頭取から「銀行にとって革新的なことを考えてくれ。」との特命の下、仕事に役立つ知見を得るため自腹で1000万円近くの交際費を費やした逸話を持つ[1][2]

各支店長を歴任後、事務を統括する業務統括部長を務め、2004年取締役に選出される。常務在任時には人事、システム、審査を担当。またシステムは4年間管掌した[3]

2010年頭取に就任する[4]甲斐隆博肥後銀行頭取とは、福岡支店長時代から親交が深く、また慶大商学部の同窓生であることが今般の経営統合、九州FG設立の大きな誘因の一つとなったと報じられている[5][6]

略歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 「鹿児島銀行上村基宏氏 ぶらぶら行員 金融を変える」 『日本経済新聞』 2012年1月21日
  2. ^ 「第6部 変わる地域金融①特命ブラ勤銀行員 『日本経済新聞』 1988年2月16日
  3. ^ 「鹿児島銀頭取に上村氏 1次産業の支援拡大」『日本経済新聞』 2010年3月11日
  4. ^ “鹿児島銀行頭取に上村氏”. 日本経済新聞. (2010年3月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF10005_Q0A310C1000000/ 2015年5月12日閲覧。 
  5. ^ 「登場 鹿児島銀行次期頭取に上村基宏氏 豊富な人脈逃げずに挑む」『日本経済新聞』 2010年4月14日
  6. ^ “九州有力地銀、異例の健全行同士の経営統合 加速する再編のモデルか 「対等」の難題”. ビジネスジャーナル. (2014年11月21日). http://biz-journal.jp/2014/11/post_7424.html 2015年5月12日閲覧。 
先代:
永田文治
鹿児島銀行頭取
2010年 -
次代:
-