甲斐隆博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

甲斐 隆博(かい たかひろ、1951年(昭和26年)4月25日 - )は、日本の銀行家肥後銀行代表取締役頭取。九州フィナンシャルグループ代表取締役会長。一般社団法人熊本県銀行協会理事・会長。熊本経済同友会代表幹事。

人物[編集]

熊本県出身。慶大商学部卒業後、肥後銀行入行。

本部勤務等を経て、大津支店長時代には、ホンダ等進出大企業との取引拡大に取り組んだほか、福岡支店長時代には、財界とのパイプづくりに務め営業の伸張をはかった[1]

2009年(平成21年)には、16年ぶりの生え抜きとして頭取に就任した[2]

夫人は、長野吉彰同行元頭取の長女。

略歴[編集]

  • 1975年(昭和50年) - 慶應義塾大学商学部卒業後、肥後銀行入行。
    • 以降、企画部経営企画課調査役、本店営業部融資第一課長兼法人渉外課長、大津支店長等を歴任する。
  • 2000年(平成12年) - 理事福岡支店長兼福岡事務所長。
  • 2001年(平成13年) - 取締役融資第二部長委嘱。
  • 2003年(平成15年) - 常務取締役融資第二部長委嘱。
  • 2006年(平成18年) - 専務取締役。
  • 2008年(平成20年) - 副頭取。
  • 2009年(平成21年) - 頭取。
  • 2015年(平成27年) - 九州フィナンシャルグループ代表取締役会長。

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞 2009年6月26日
  2. ^ 日本経済新聞 2009年4月11日

外部リンク[編集]