倉富純男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

倉富 純男(くらとみ すみお、1953年8月13日[1] - )は、日本企業家西日本鉄道代表取締役社長。福岡県出身。[2]

略歴[編集]

  • 1978年に青山学院大学法学部卒業[1][3]、1978年に西日本鉄道入社。[2]
  • 2003年に都市開発事業本部流通レジャー事業部長などを経て、2011年取締役常務執行役員経営企画本部長[1][4]。2013年6月27日に代表取締役社長就任[5]
  • 都市開発事業畑で長年にわたってソラリアステージなど福岡市・天神地区の商業施設の開発、運営に携わった。2011年からは経営企画本部長として中期経営計画をまとめた。[4]
  • 竹島前社長と同様に流通レジャー事業部長や都市開発事業本部長・経営企画本部長も務め、グループ事業全般に精通しているが、西鉄は2代続けてバスや鉄道部門の経験のない人が社長に就くことになった。[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 代表取締役の異動に関するお知らせ (PDF)”. 西日本鉄道株式会社. p. 2 (2013年4月11日). 2015年9月6日閲覧。
  2. ^ a b 【祥瑞をつかめ 未年の戦略】西日本鉄道・倉富純男社長(61)”. 産経新聞 (2015年1月9日). 2015年9月6日閲覧。
  3. ^ 前掲産経新聞の記事では経済学部卒となっているが、公式発表である前掲IRの記載を採る。
  4. ^ a b [地方]西鉄社長に倉富氏 福岡(2013.4.11 02:01)”. MSN産経ニュース (2013年4月11日). 2013年6月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月6日閲覧。
  5. ^ 取締役・執行役員の担当等について (PDF)”. 西日本鉄道株式会社 (2013年6月27日). 2015年9月6日閲覧。
  6. ^ 西鉄新社長人事の裏側で~対外的に顔を売った人は社長になれず”. NetIB-NEWS. データマックス. 2015年9月6日閲覧。
先代:
竹島和幸
西日本鉄道社長
第17代:(2013年 - )
次代:
-