唐池恒二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
からいけ こうじ
唐池 恒二
生誕 1953年4月2日
大阪府
国籍 日本の旗 日本
出身校 京都大学法学部
職業 九州旅客鉄道代表取締役会長

唐池 恒二(からいけ こうじ、1953年昭和28年〉4月2日 - )は、日本の経営者九州旅客鉄道代表取締役会長。

人物[編集]

本籍大阪府である[1]大阪府立三国丘高等学校を経て[2]京都大学法学部卒。大学では柔道部に所属[1]し、本人曰く「大学時代は柔道ばっかりしてまして4年の夏も大会があって就職活動してなかった」といい、1977年(昭和52年)4月の日本国有鉄道入社も「柔道部の先輩につられて」だと述懐している[3]

1983年(昭和58年)に大分鉄道管理局に配属されてから九州勤務となり、門司鉄道管理局などを経て、1987年(昭和62年)の国鉄分割民営化時にJR九州に入社し、特急「ゆふいんの森」やSL快速「あそBOY」等のリゾート列車、博多 - 釜山間の高速船「ビートル」の企画を手がけた[3][4]

1993年(平成5年)には外食事業部の次長を命じられ、8億もの赤字を重ね収益確保に苦しむ外食事業の立て直しを手がけて、3年で黒字化を果たし同部門の子会社化(ジェイアール九州フードサービス)に先鞭をつける[5]。一旦経営管理部に異動するが、2000年(平成12年)には再び経営が悪化しつつあったジェイアール九州フードサービスの社長に再就任、同社が展開する炭焼創菜料理店「うまや」の東京進出などといった経営改善策を実行し、当時3年間連続で赤字を計上していた同社の黒字化に貢献した[4]

その後JR九州に戻り、2009年(平成21年)6月から2014年(平成26年)6月までJR九州代表取締役社長を務め、豪華列車「ななつ星in九州」の立ち上げに寄与した[3]。同月27日付で代表権のある取締役会長に就任[1]

略歴[編集]

  • 1953年昭和28年)4月2日 - 大阪府に生まれる[1]
  • 1977年(昭和52年)
    • 3月 - 京都大学法学部卒[1]
    • 4月 - 日本国有鉄道入社[1]
  • 1986年(昭和61年)2月 日本国有鉄道九州総局総務部人事課長
  • 1987年(昭和62年)
    • 4月 - 国鉄分割民営化に伴い九州旅客鉄道株式会社総務部勤労課副長に就任[1]
    • 10月 - 同社営業本部販売課副長[1]
  • 1989年平成元年)10月 - 同社船舶事業部営業課長[1]
  • 1992年(平成4年)6月 - 同社船舶事業部次長[1]
  • 1993年(平成5年)3月 - 同社流通事業本部外食事業部次長[1]
  • 1995年(平成7年)3月 - 同社流通事業本部外食事業部長[1]
  • 1996年(平成8年)4月 - ジェイアール九州フードサービス株式会社社長[1]
  • 1997年(平成9年)6月 - 九州旅客鉄道株式会社総合企画本部経営企画部長[1]
  • 2000年(平成12年)6月 - ジェイアール九州フードサービス株式会社社長[1]
  • 2003年(平成15年)6月 - 九州旅客鉄道株式会社取締役鉄道事業本部副本部長兼同サービス部長兼営業部長(2005年6月からは旅行事業本部長も兼務)[1]
  • 2006年(平成18年)6月 - 同社常務取締役総合企画本部副本部長兼同経営企画部長[1]
  • 2008年(平成20年)6月 - 同社常務取締役総合企画本部長[1]
  • 2009年(平成21年)6月 - 同社代表取締役社長[1]
  • 2014年(平成26年)6月 - 同社代表取締役会長[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 唐池恒二 『JR九州・唐池恒二のお客さまをわくわくさせる発想術―世界から集客!』 ぱる出版、2011年2月28日ISBN 9784827206142
  • 唐池恒二 『鉄客商売(てっかくしょうばい)〜JR九州大躍進の極意』 PHP研究所、2016年5月25日ISBN 9784569829197

関連項目[編集]

先代:
石原進
九州旅客鉄道社長
第4代:2009年 - 2014年
次代:
青柳俊彦