ゆふ (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゆふ
ゆふいんの森
Yuhuinnomori.jpg
キハ71系「ゆふいんの森」
概要
種類 特別急行列車
現況 運行中
地域 福岡県の旗 福岡県佐賀県の旗 佐賀県大分県の旗 大分県
運行開始 1992年7月15日(ゆふ)[1]
1989年3月11日(ゆふいんの森)
運営者 JR logo (kyushu).svg 九州旅客鉄道(JR九州)
路線
起点 博多駅
終点 大分駅別府駅(ゆふ)
由布院駅・別府駅(ゆふいんの森)
使用路線 鹿児島本線久大本線日豊本線
技術
車両 キハ185系気動車大分車両センター)(ゆふ)
キハ71系気動車キハ72系気動車直方車両センター)(ゆふいんの森)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
テンプレートを表示

ゆふは、九州旅客鉄道(JR九州)が博多駅 - 大分駅別府駅間を、鹿児島本線久大本線日豊本線経由で運転する特急列車である。

本項では、博多駅 - 由布院駅・別府駅間で運行される特急「ゆふいんの森」、ならびに久大本線で運転されていた優等列車の沿革についても記述する。

概要[編集]

特急「ゆふ」は、1992年7月15日にそれまで博多駅 - 別府駅間で運行されていた急行「由布」(ゆふ)を、四国旅客鉄道(JR四国)から購入したキハ185系気動車を投入の上で特急に格上げする形で運行を開始した。「由布」自体が運行開始したのは1961年10月1日に博多駅 - 由布院駅 - 別府駅 - 門司港駅間で運転開始した準急列車としてで、この運転区間から分かるように循環列車に近い性格を持った列車であったが、1968年10月1日に博多駅を起終点とする循環急行「ゆのか」を吸収して2往復体制となった際に博多駅 - 別府駅間運転の急行に改められた。

1980年10月1日には別府駅 - 長崎駅佐世保駅間を運行していた急行「西九州」を博多駅発着に変更のうえで「由布」に編入し、「由布」は3往復体制となった。以降、「ゆふ」への変更を経て2013年現在まで3往復体制で推移している。なお2004年3月13日から2011年1月10日まで、「ゆふ」の一部はキハ183系気動車を充当した「ゆふDX」(ゆふデラックス)として運行されていた。

特急「ゆふいんの森」は1989年3月11日に運転開始した観光列車で、現在九州各地で運行されている「D&S列車」(デザイン&ストーリー列車)の嚆矢となった。当初から専用編成に予備がない関係で臨時列車として運行されている。

なお、2017年7月に発生した九州北部豪雨により光岡駅 - 日田駅間の鉄橋が流出し、復旧のめどが立っていないため、当面「ゆふ」「ゆふいんの森」は本来と別の区間で臨時運転を行う(詳細は後述)。

列車名の由来[編集]

「由布」→「ゆふ」は、豊後富士とも呼ばれる大分県由布市にある由布岳が由来となっている。「ゆふいんの森」は由布岳と湯布院町(当時)にちなんでおり、牧歌的な風景をイメージしたものである。

運行概況[編集]

ここでは「ゆふ」「ゆふいんの森」ともに通常運行時の概況を記す。

基本的には「ゆふ」、「ゆふいんの森」と2系統の特急列車として運転されているが、「ゆふいんの森」の運休時には同一ダイヤで「ゆふ」が運転されている。由布院駅・大分駅方面への列車が下り、博多駅方面への列車が上りとして扱われている。

九州新幹線鹿児島ルートの全線開業以降は、日中に鹿児島本線鳥栖駅 - 久留米駅間を運行する唯一の特急列車になっている。

ゆふ[編集]

キハ185系「ゆふ」

博多駅 - 別府駅間2往復(下り1・3号/上り4・6号)、博多駅 - 大分駅間1往復(下り5号/上り2号)の計3往復が運行されている。列車番号は号数+80Dである。

1992年の特急格上げ時点では3往復とも別府駅発着で運行されていたが、2001年に1往復が大分駅発着に変更され、さらに2008年3月15日からは大分駅高架化事業に伴い大分駅 - 別府駅間が臨時列車扱いになり、同年8月24日からは運行自体を休止していた。しかし高架化事業の進捗により、2008年3月ダイヤ改正以前に別府駅発着だった列車に関しては、2012年3月17日のダイヤ改正で別府駅発着に戻されている。

停車駅[編集]

博多駅 - 二日市駅 - 鳥栖駅 - 久留米駅 - (久留米大学前駅) - (田主丸駅) - 筑後吉井駅 - (うきは駅) - 日田駅 - 天ケ瀬駅 - 豊後森駅 - 豊後中村駅 - 由布院駅 - 湯平駅 - 向之原駅 - 大分駅 - 別府駅

  • ( )は一部の列車のみ停車。
    • 久留米大学駅前駅は下り1号/上り4号が停車。
    • 田主丸駅・うきは駅は下り3・5号/上り2・4号が停車。

使用車両・編成[編集]

2017年7月24日現在の編成図
ゆふ
← 別府・大分
日田 →
1 2 3
指自
  • 全車禁煙
凡例
指=普通車座席指定席
自=普通車自由席

大分鉄道事業部大分車両センターに所属するキハ185系気動車の3両編成が充当されている。グリーン車は連結されていない。同じキハ185系で運行される豊肥本線特急「九州横断特急」とは基本的に運用は分けられている。

ゆふDX[編集]

運行終了時点の編成図
ゆふDX
← 大分
博多 →
1 2 3 4
P指 指P
  • 全車禁煙
凡例
指=普通車座席指定席
自=普通車自由席
P=パノラマシート(普通車座席指定席)

2004年3月13日のダイヤ改正からは、「ゆふ」のうち1.5往復をキハ183系気動車4両編成を充当した「ゆふDX」として運行した。車両は2003年まで大村線特急「シーボルト」に用いられていたものを改造したもので、1992年から1999年までは「ゆふいんの森」に使われていたものである。

日によって「ゆふ」と「ゆふDX」の運行を入れ替える方式を取っており、奇数日は1・4・5号が「ゆふ」、2・3・6号が「ゆふDX」として運行、偶数日はその逆となっていた。なお、毎月31日と、閏年の2月29日は全列車「ゆふ」での運行となっていた。キハ183系は予備車両がないため、検査時などの場合も3往復とも「ゆふ」として運行されていた。

「ゆふDX」は1・4号車が普通車座席指定席、2・3号車が普通車自由席として運行されていた。1・4号車の車端部には前面展望が可能なパノラマシートが設けられており、パノラマシート利用時の特急料金はJR九州の通常期特急料金の200円増しで通年同額と区別されていた。パノラマシートは座席が車端向きに固定されているため、下り列車の4号車、上り列車の1号車では進行方向と逆向きになっていた。

キハ183系は、豊肥本線熊本駅 - 宮地駅間の特急「あそぼーい!」に転用されることが決まったため(「あそぼーい!」は2011年6月4日より運行開始)、「ゆふDX」の運行は2011年1月10日をもって終了した[2]

ゆふいんの森[編集]

博多駅 - 由布院駅間2往復(下り1・5号/上り2・6号)、博多駅 - 別府駅間1往復(下り3号/上り4号)の計3往復が運行されている。下り1・5号/上り2・6号は5両編成、下り3号/上り4号は4両編成。列車番号は、号数+7000Dである。

1989年に1往復で運行を開始した時は別府駅発着で、1992年に2往復化された際に増発分の列車は博多駅 - 由布院駅 - 別府駅 - 小倉駅間で運転[3]され、かつての準急「由布」のような循環列車に近い性格を有していたが、1995年に全列車別府駅発着となり、車両の変更があった1999年に現行の運行本数となった。なお、別府駅発着列車に関しては「ゆふ」と同様に大分駅発着で運転されていた時期がある。また、由布院駅発着列車が設定された際に、このうち1往復に接続する形で由布院駅 - 別府駅間運行の「ゆふ」が設定されたが、この「ゆふ」は2002年に廃止されている。

なお「ゆふいんの森」は予備車両がないため、車両の検査時には「ゆふ」の車両により「ゆふ7○号」(○は本来の「ゆふいんの森」の号数)、列車番号は号数+9000D(本来の列車の号数+9070D)として運行される。

数あるJR九州の観光列車の中でも外国人の人気がとりわけ高く、日によっては乗客の7割が外国人ということもある[4]。そのため、サービス向上のため車内で無料Wi-Fi接続サービスを行っている[5]

停車駅[編集]

博多駅 - 二日市駅 - 鳥栖駅 - 久留米駅 - 日田駅 - 天ケ瀬駅 - 豊後森駅 - 由布院駅 - 大分駅 - 別府駅

  • 「ゆふ」と比べてより観光色の強い列車であるため、久大本線内の停車駅は主要駅のみに絞られている。

使用車両・編成[編集]

2017年7月15日現在の編成図
ゆふいんの森
← 由布院/博多
小倉 →
91・92号
1 2 3 4
指・b
93・94号
1 2 3 4 5
指・b
  • 全車禁煙
  • 93・94号は1号車が小倉寄り、5号車が由布院/博多寄り
  • 小倉駅で進行方向が変わる
凡例
指=普通車座席指定席
b=ビュッフェ

筑豊篠栗鉄道事業部直方車両センターに所属するキハ71系気動車キハ72系気動車が充当され、3・4号がキハ71系、1・2・5・6号がキハ72系で運行される。全車普通車でグリーン車は存在しないが、座席のグレードは「ゆふ」より高くなっている。運行開始以来、全車座席指定席で運行されている(2001年3月のダイヤ改正で1両自由席が設定されたが、自由席の混雑が激しかったことから同年7月に全車指定に戻された)。キハ71系は2号車、キハ72系は3号車にビュッフェを備えている。

1989年の運行開始当初は3両編成であったが、好評を博したことから翌年には4両に増結された。以降全列車4両編成で運行されてきたが、外国人観光客の取り込み目的もありキハ72系に関しては車両を1両新造して、2015年7月18日から5両編成での運行を開始している[6]

なお「ゆふ」として運行される際は「ゆふ」と同様のキハ185系3両編成で運行される。その場合は自由席が連結され、ビュッフェの営業はない。


災害時の臨時運用[編集]

久大本線が災害で運休になった際に、「ゆふ」「ゆふいんの森」が本来とは違うルートで臨時運行されることがある。

2012年九州北部豪雨[編集]

うきは駅 - 日田駅間で線路施設が断続的に被災したため、2012年7月21日から8月27日まで、「ゆふ」「ゆふいんの森」はそれぞれ日田駅 - 大分駅間1往復、日田駅 - 別府駅間1往復の計2往復ずつ運行された。大分駅発着が「ゆふ103・100号」「ゆふいんの森93・90号」、別府駅発着が「ゆふ101・102号」「ゆふいんの森91・92号」であった。

車両は「ゆふ」はキハ185系、「ゆふいんの森」は90・91号がキハ72系、92・93号がキハ71系を充当したが、キハ72系が大分駅・別府駅発着の「ゆふいんの森」に充当されるのは初めてであった。また車両輸送の都合上「ゆふいんの森」は通常と車両の上下方向が逆転していた。

8月28日に久大本線全線で運行再開されたため、「ゆふ」「ゆふいんの森」とも通常ダイヤに復した。

停車駅(「ゆふ」「ゆふいんの森」共通)

日田駅 - 天ケ瀬駅 - 豊後森駅 - 豊後中村駅 - 由布院駅 - 湯平駅 - 向之原駅 - 大分駅 - 別府駅

  • 「ゆふいんの森」は通常運行時には停車しない豊後中村駅・湯平駅・向之原駅にも停車した。

2017年九州北部豪雨時 [編集]

光岡駅 - 日田駅間で鉄橋流出が発生し、復旧には長期間かかることが予想されるため、2017年7月15日から「ゆふいんの森」は博多駅 - 由布院駅間(小倉駅・日豊本線経由)2往復(91 - 94号)で運転を再開した[7]。同年7月24日からは「ゆふ」も日田駅 - 別府駅間2往復(81 - 84号、82号のみ大分駅始発)で運転を再開した[8]

「ゆふ」「ゆふいんの森」とも、現時点では8月31日まで毎日運転(ただし8月13日の「ゆふいんの森」は91号のみ運転)することが発表されている[9]

車両は「ゆふ」はキハ185系、「ゆふいんの森」は91・92号がキハ71系、93・94号がキハ72系である。また91・92号は久大本線内での方向が通常運転時と逆になる。

「ゆふいんの森」の博多駅 - 大分駅間は同区間で運行される特急「ソニック」よりも大幅に停車駅を絞っているが[10]、急遽ダイヤが組まれた臨時列車であることや車両性能の関係で「ソニック」に比べて所要時間は長くかかる(「ソニック」は2時間 - 2時間半程度[11]、「ゆふいんの森」は3時間半 - 4時間強[7])。なお大分駅 - 由布院駅間については通常運行時と同様に途中駅はすべて通過する[7]

博多駅 - 由布院駅間の全体での所要時間は4時間半 - 5時間程度で通常運行(2時間半程度)の約2倍だが、7月31日までは92号は別府駅で53分停車する(その間に特急2本・普通1本が発車する)ダイヤだったため、他の列車よりもさらに所要時間が長くなっていた[7][8][9]

一部の臨時列車では通常運行時のダイヤを用いており、「ゆふ81・82・84号」の日田駅 - 大分駅・別府駅間は「ゆふ1・2・6号」、「ゆふ83号」の日田駅→由布院駅間は「ゆふいんの森1号」、「ゆふいんの森92号」の由布院駅→別府駅間は「ゆふ3号」(7月31日まで)、「ゆふいんの森93号」の別府駅→由布院駅間は「ゆふいんの森4号」がそれぞれ該当している[7][8][11]

「ゆふいんの森」の停車駅

博多駅 - 小倉駅 - 別府駅 - 大分駅 - 由布院駅

  • 小倉駅 - 西小倉駅間が重複運転となるが、「旅程第152条」にある「特定列車による折返し区間外乗車の取扱いの特例」が適用されるため、運賃・料金計算では小倉駅 - 西小倉駅間の往復分(1.6㎞)は含めずに計算する(小倉駅で乗降する場合はこの特例は適用されない)。重複運転のため、小倉駅で列車の進行方向が変わる。
  • なお「ゆふ」の停車駅は2012年の臨時運行時と同様である。

久大本線優等列車沿革[編集]

国鉄時代[編集]

キハ58系急行「由布」(JR九州急行用塗色変更後)
  • 1961年(昭和36年)10月1日:「ゆのか」の増便扱いで、博多駅 - 由布院駅 - 別府駅 - 門司港駅間を運転する準急「由布」(ゆふ)の運転開始。
  • 1962年(昭和37年)10月1日:「由布」を小倉駅発着とする。
  • 1963年(昭和38年)10月1日:臨時列車として、直方駅(下り)・門司港駅(上り) - 由布院駅間の準急「はんだ」、門司港駅(下り)・直方駅(上り) - 豊後中村駅間の準急「日田」(ひた)の運転開始。
  • 1964年(昭和39年)3月20日:「はんだ」「日田」を定期列車化。
    • 4月10日:別府駅 - 長崎駅佐世保駅間を日豊本線・久大本線・鹿児島本線・長崎本線佐世保線経由で運転する準急「西九州」(にしきゅうしゅう)の運転開始。
      • この「西九州」の運行形態は運転当時としては観光列車の一つとして捉えられており、大分県長崎県の観光地を広域に結ぶ列車として設定された。この点では異色ではあった。
    • 10月1日:「日田」を由布院駅まで延長。また上り列車に関しては久大本線内で「ゆのか」に併結とする。
  • 1965年(昭和40年)10月1日:このときのダイヤ改正に伴い、以下のように変更する。
    1. 従来浜田駅・石見益田駅(現在の益田駅) - 博多駅間を運転していた準急「あきよし」の運転区間を、浜田駅 - 東唐津駅山口線経由)・天ヶ瀬駅(美祢線・日田彦山線経由)間に変更(浜田駅 - 石見益田駅間・厚狭駅 - 小倉駅間で併結運転)。
    2. 「西九州」の一部編成を博多駅 - 鳥栖駅 - 長崎駅間に変更。
    3. 下り「ゆのか」の別府駅 - 博多駅間を廃止。
    4. 「はんだ」「日田」の運転区間を変更。「はんだ」は門司港駅 - 黒崎駅 - 直方駅 - 日田駅 - 由布院駅間(伊田線経由)、「日田」は直方駅 - 黒崎駅 - 城野駅 - 日田駅 - 由布院駅間の運転とする。
      • 「はんだ」「日田」は北九州地方や筑豊地方の主要駅の客の利便性のため、やや遠回りの経路をとっていた。
キハ58系・キハ65系気動車急行「由布」(1987年)
キハ58系・キハ65系気動車急行「由布」九州急行色(1992年 博多駅)
キハ185系気動車「ゆふ」専用塗色車(初代)
キハ183系「ゆふDX」(初期塗色「古代漆色」)
  • 1966年(昭和41年)3月5日:準急・急行料金制度の改変に伴い、久大本線乗り入れの準急をすべて急行列車に格上げ。
  • 1967年(昭和42年)10月1日:「ゆのか」を再び上下とも博多駅発着の循環列車とする。また「由布」「日田」を上下とも久大本線内併結運転とする。
  • 1968年(昭和43年)10月1日:「ゆのか」の名称を日豊本線の急行列車に使用するため、「由布」は旧「ゆのか」を編入して2往復化。運転区間は全列車博多駅 - 別府駅間とする。旧「ゆのか」の下り列車に関しては「はんだ」を併結。また「西九州」の博多駅発着編成は「いなさ」に編入(併結は継続)。
  • 1970年(昭和45年)10月1日:「あきよし」の日田駅 - 天ヶ瀬駅間、下り「あさぎり」の豊後森駅 - 由布院駅間を普通列車に格下げ。
  • 1975年(昭和50年)3月10日: 山陽新幹線の全線開業に伴い、「あきよし」は浜田駅 - 博多駅間運転の列車が廃止となり、浜田駅 - 天ヶ瀬駅間のみの運転になる。
  • 1978年(昭和53年)10月2日:上り「西九州」の大分駅→別府駅間を普通列車に格下げ。
  • 1980年(昭和55年)10月1日:このときのダイヤ改正に伴い、以下のように変更する。
    1. 「西九州」を博多駅発着に変更のうえ「由布」に編入。「由布」は3往復となる。
    2. 「はんだ」「日田」「あさぎり」を快速に格下げ。ただし、旧「日田」の下り列車に関しては当初「由布」との併結を継続し由布院駅まで乗り入れていた。
    3. 「ひこさん」および「あきよし」の日田駅 - 天ヶ瀬駅間を廃止。「あきよし」の下関駅 - 日田駅間は快速に格下げ。
  • 1985年(昭和60年)3月14日:「あきよし」廃止。また「由布」のグリーン車を普通車指定席に格下げ。

民営化後[編集]

  • 1989年平成元年)
    • 3月11日:博多駅 - 別府駅間に、急行用のキハ58系キハ65系を改造したキハ71系気動車を充当する臨時特急「ゆふいんの森」の運転開始。「ゆふいんの森I世」という俗称もある。
    • この年から1991年にかけて、主に長期休暇期間中に別府駅 - 佐世保駅間運転の臨時急行「佐世保」・「べっぷ」が運転された(佐世保駅行きが「佐世保」、別府駅行きが「べっぷ」として運転、鳥栖駅 - 別府駅間は「由布2・5号」に併結)。なお、1990年は長崎駅発着の「旅博べっぷ号」として運転されることが多かった。
  • 1992年(平成4年)7月15日:以下のように変更する。
    1. JR四国から購入したキハ185系気動車を改造のうえで「由布」に投入し、特急「ゆふ」に格上げする。
    2. 「ゆふいんの森」は博多駅 - 由布院駅 - 小倉駅間の列車を増発し2往復となる。なお、増発分には「オランダ村特急」で使用していたキハ183系気動車を改造のうえで充当され、「ゆふいんの森II世」の愛称が付けられた。別府駅から先の停車駅は、別府駅 - 杵築駅 - 中津駅 - 行橋駅 - 小倉駅であった。[3]
  • 1995年(平成7年)4月20日:「ゆふいんの森」は2往復とも博多駅 - 別府駅間の運転となる。
  • 1999年(平成11年)3月13日:キハ183系による「ゆふいんの森II世」の使用を終了し、新造されたキハ72系気動車を投入。この気動車は、「ゆふいんの森III世」という俗称もある。キハ71系を用いた博多駅 - 別府駅間1往復と、キハ72系を用いた博多駅 - 由布院駅間2往復の運転になる。また、由布院駅発着の「ゆふいんの森」に接続する形で、由布院駅 - 別府駅間の「ゆふ」が1往復設定された。

2000年代の動き[編集]

  • 2001年(平成13年)
    • 3月3日:ダイヤ改正に伴い以下のように変更。
      1. 「ゆふ2・5号」を大分駅発着とする。
      2. それまで全車座席指定だった「ゆふいんの森」に1両自由席が設定される(別府駅・由布院駅行きの4号車、博多駅行きの1号車)。
    • 7月1日:「ゆふいんの森」が全車座席指定に戻される。
  • 2002年(平成14年)3月23日:由布院駅 - 別府駅間の「ゆふ」を廃止。
  • 2004年(平成16年)3月13日:「シーボルト」廃止に伴い保留車となっていたキハ183系を再改造のうえで「ゆふ」に投入。キハ183系の「ゆふ」は「ゆふDX」として運転される。当初は「古代漆色」の外観であった。
  • 2005年(平成17年)4月1日:「ゆふ(DX)」の車内販売が廃止。
  • 2008年(平成20年)3月11日:「ゆふDX」の塗装がプレミアムイエローに変更され、運転を開始。
    • 3月15日:大分駅高架化工事に伴い、「ゆふ(DX)」「ゆふいんの森」の大分駅 - 別府駅間を臨時列車扱いとする。また「ゆふ(DX)」の全列車を小野屋駅に臨時停車させた。[12]
    • 8月24日:「ゆふ(DX)」「ゆふいんの森」、大分駅 - 別府駅間の臨時延長を終了する。また「ゆふ(DX)」の小野屋駅への臨時停車を終了した。
  • 2009年(平成21年)3月14日:全車禁煙となる。

2010年代の動き[編集]

  • 2011年(平成23年)1月10日:「ゆふDX」の運転が終了[2]
  • 2012年(平成24年)
    • 3月17日:「ゆふ」「ゆふいんの森」の大分駅 - 別府駅間の運転再開。別府駅への乗り入れ本数は2008年以前と同じ。
    • 7月21日:この月の11日から14日にかけて発生した平成24年7月九州北部豪雨により久大本線のうきは駅 - 日田駅間が不通となったため、「ゆふ」「ゆふいんの森」は日田駅 - 大分駅・別府駅間で暫定的に運行再開[13]
    • 8月28日:久大本線の復旧作業が完了し、「ゆふ」「ゆふいんの森」は通常ダイヤでの運行再開。
  • 2014年(平成26年)12月27日:「ゆふいんの森」で車内無料Wi-Fi接続サービスを開始[5]
  • 2015年(平成27年)7月18日:「ゆふいんの森」のうちキハ72系を4両から5両編成に増車。
  • 2017年(平成29年)
    • 7月5日:平成29年7月九州北部豪雨により、久大本線のうきは駅 - 日田駅間(7月18日からは光岡駅 - 日田駅間)が不通となったため、この日から「ゆふ」「ゆふいんの森」は運休となる。
    • 7月15日:「ゆふいんの森」は小倉駅経由の迂回ルートで運行再開[7]。「ゆふ」は引き続き運休。
    • 7月24日:「ゆふ」は日田駅 - 大分駅・別府駅間で運行再開[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2004年3月13日から2011年1月10日まで「ゆふ」の一部は「ゆふDX」として運行
  2. ^ a b “平成23年春の観光列車新設について” (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2010年10月22日), オリジナル2011年7月22日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110722015047/http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/9dd28b8cb8f46cee49256a7d0030d2e6/fe104fbdc8762311492577c20057fb7f?OpenDocument 2015年12月12日閲覧。 
  3. ^ a b 『ゆふいんの森Ⅱ世 運転開始時の公式パンフレット』による
  4. ^ ゆふいんの森、客車新造へ JR九州、外国客取り込み(当該箇所を閲覧するには会員登録が必要) - 朝日新聞デジタル、2014年10月21日付
  5. ^ a b “特急「ゆふいんの森」Wi-fiサービス提供および5両編成での運転開始” (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2014年12月22日), http://www.jrkyushu.co.jp/top_info/pdf/386/m187.pdf 2015年12月12日閲覧。 
  6. ^ “特急「ゆふいんの森」号 7月18日(土)より増結して5両編成で運行開始” (PDF) (プレスリリース), 九州, (2015年6月19日), https://www.jrkyushu.co.jp/top_info/pdf/535/yufumori.pdf 2015年12月12日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f 博多~由布院間を小倉経由で!!特急「ゆふいんの森」を運転します!-九州旅客鉄道株式会社(2017年7月11日)
  8. ^ a b c d 別府・大分~日田間 特急「ゆふ」を運転します! -九州旅客鉄道株式会社(2017年7月20日)
  9. ^ a b 夏休みのご旅行に!8月も 特急「ゆふいんの森」「ゆふ」を運転します! -九州旅客鉄道株式会社(2017年7月25日)
  10. ^ 「ソニック」の一部停車駅はすべて通過し、全列車停車駅の折尾駅黒崎駅行橋駅中津駅は通過ないし、運転停車のみで客扱いは実施しない。なお行橋駅・中津駅・杵築駅はかつて運行されていた小倉駅発着の「ゆふいんの森」の停車駅であった。
  11. ^ a b 交通新聞社 「九州時刻表 2017年春号」通巻808号 交通新聞社(2017) p.221
  12. ^ “春ダイヤ改正のお知らせ”. 広報ゆふ(Yufu City情報広場) (由布市): p. 13. (2008年2月). http://www.city.yufu.oita.jp/wp-content/uploads/2013/12/vol_029.pdf 2015年11月8日閲覧。 
  13. ^ 久大本線 別府・大分~日田間 臨時特急列車の運転について(pdf) - 九州旅客鉄道株式会社(平成24年8月2日)

外部リンク[編集]