ひた号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ひた号(西日本鉄道)
ひた号(日田バス)

ひた号(ひたごう)は、福岡県福岡市朝倉市杷木)・大分県日田市を結ぶ高速バスである。

運行会社・担当営業所[編集]

沿革[編集]

  • 1981年8月1日:福岡~日田~杖立線としてひた号が開設される。
  • 1984年11月1日:福岡~日田~高塚線および福岡空港経由系統が開設される。
  • 2001年(平成13年)11月- 西鉄運行便を甘木自動車営業所から日田東町自動車営業所(現・日田第二自動車営業所)に移管。
  • 2009年7月27日:ダイヤ改正
    • 50往復に増便。スーパーノンストップ便を新設し、平日朝の福岡行きのみ1便運行。
    • 日田~杖立間および日田~高塚間の廃止。代替として福岡 - 黒川温泉線が杖立に停車。
    • 日田バスセンター~市役所前間に日田駅北口を新設
    • nimoca導入。
  • 2010年9月6日:減量化を柱とするダイヤ改正を実施。
    • スーパーノンストップ便の廃止(かわりにノンストップ便が1便から2便に増便)
    • 平日昼間時間帯・土休日の減便(平日48往復、土休日47往復に減便)
    • 日田駅北口の名称を一般路線と同じ田島一丁目に変更
  • 2011年7月23日:土日祝日に限り、博多バスターミナル・天神・日田市内のみ停車の「OJIRAN号」を運行開始。以後、特定期間の土日祝日に運行[1][2]
  • 2012年3月31日:日田バスのnimoca未対応の3往復をnimoca対応化、全便へのnimoca導入完了[3]
  • 2013年11月2日:ダイヤ改正を実施。[4]
    • 日田バスセンター~福岡空港~東光二丁目~博多バスターミナルの系統新設(東光二丁目を新設)
      • なお、この系統は西鉄天神バスセンターを経由しない
    • 土曜・日祝日のノンストップ系統新設
      • 平日は日田発の朝の2便であるが、土曜・日祝日は福岡発の午前の1便と日田発の夕方の1便である
  • 2015年4月1日:ダイヤ改正を実施。平日のみ1往復減便し、土休日と同じ47往復となる。また、平日朝の福岡行きノンストップ便を2便から1便に減便。その他、一部の便の時刻や経由などを変更。
  • 2015年12月21日:ダイヤ改正を実施。[5]
    • 日田バスセンター発着便を全便、日田温泉入口(一ノ宮病院前)[6]へと延伸。
    • 日田市内のバス停相互の乗降取り扱いを開始。
      • 区間は日田インター口 - 日田温泉入口(一ノ宮病院前)
      • ただし朝の日田発の便は相互の乗降が不可能。(始発から平日は7時1分まで、土曜・日祝日は7時11分までの便(時刻は日田温泉入口始発時))

運行形態・停車停留所[編集]

  • 月隈ランプ経由便

博多バスターミナル - 西鉄天神高速バスターミナル - 筑紫野(二日市温泉入口) - 高速基山 - 高速小郡大板井 - 高速大刀洗 - 高速甘木 - 朝倉インター - 杷木 - 日田インター口 - 昭和学園前 - 城内・豆田入口 - 市役所前 - 田島一丁目 - 日田バスセンター - 日田温泉入口(一ノ宮病院前)

日中は毎時概ね2本が運行されているが、夜間と平日日中の毎時1本を除き天神発着となっている。2015年12月21日のダイヤ改正以前も日中は毎時概ね2本が運行されていたが全便が博多発着の全区間運行であった。

  • 福岡空港経由便

博多バスターミナル→西鉄天神高速バスターミナル→福岡空港国内線→筑紫野(二日市温泉入口)→高速基山→高速小郡大板井→高速大刀洗→高速甘木→朝倉インター→杷木→日田インター口→昭和学園前→城内・豆田入口→市役所前→田島一丁目→日田バスセンター→日田温泉入口(一ノ宮病院前)

福岡発の始発便のみ運行されている。2015年12月21日のダイヤ改正以前は日中は毎時概ね1本が運行されていて月隈ランプ経由とともに主力系統であったが、東光二丁目経由の大幅増便と引き換えに大幅減便となり、日田発に至っては全廃となった。

  • 東光二丁目経由便

博多バスターミナル - 東光二丁目 - 福岡空港国内線 - 筑紫野(二日市温泉入口) - 高速基山 - 高速小郡大板井 - 高速大刀洗 - 高速甘木 - 朝倉インター - 杷木 - 日田インター口 - 昭和学園前 - 城内・豆田入口 - 市役所前 - 田島一丁目 - 日田バスセンター - 日田温泉入口(一ノ宮病院前)

日中は毎時概ね1本が運行されている。渋滞の激しい天神地区を回避して博多駅への利便性を図った系統である。また、西鉄天神高速バスターミナルには立ち寄らないので乗車の際は注意が必要である。2013年11月2日のダイヤ改正によって新設、当初は日田発が朝の3便と福岡発が夕方以降の3便のみであったが、2015年12月21日のダイヤ改正で従来の福岡空港経由と引き換えに大幅増便となり主力系統になった。

過去の運行形態・停車停留所[編集]

  • スーパーノンストップ

2009年7月27日のダイヤ改正から平日に日田発の朝の1便のみ設定された通勤系統。ノンストップとは違い、杷木には停車しなかった。次の2010年9月6日のダイヤ改正をもって廃止された。

博多駅交通センター - 西鉄天神バスセンター - 高速基山 - 日田インター口 - 昭和学園前 - 城内・豆田入口 - 市役所前 - 日田駅北口 - 日田バスセンター

  • ノンストップ

博多バスターミナル - 西鉄天神高速バスターミナル - 高速基山 - 杷木 - 日田インター口 - 昭和学園前 - 城内・豆田入口 - 市役所前 - 田島一丁目 - 日田バスセンター - 日田温泉入口(一ノ宮病院前)

平日は通勤、土休日は観光の利便性を図った系統であるため運行本数は非常に少なく、平日は日田発が朝に1便、土休日は福岡発が朝に1便と日田発が夕方に1便のみである。土休日は観光の利便性を図って2013年11月2日のダイヤ改正より福岡発が朝に1便、日田発が夕方に1便が存在したが、2015年12月21日のダイヤ改正により廃止となった。

  • OJIRAN号(おじらんごう)

OJIRAN号は2011年夏から2012年度まで観光シーズンの土日祝日に限り運行されていた直行便で、西鉄高速バスと日田バスが運行を担当した。

博多バスターミナル - 西鉄天神バスセンター - 日田インター口 - 昭和学園前 - 城内・豆田入口 - 市役所前 - 田島一丁目 - 日田バスセンター

西鉄天神バスセンター - 日田インター口間では途中の停留所に一切停車しなかった。「おじらん」とは日田弁で「降りない」の意であり、天神と日田市内の間で高速道路を降りないことにちなむ。

2011年度は通常便と同様の座席定員制(予約不要、満席時は乗車不可)、2012年度は予約定員制(座席は自由席)であった。 2013年度からは設定されなくなったが、かわりに2013年11月2日のダイヤ改正で土休日にノンストップが設定された。ただし、このノンストップはOJIRAN号とは違い、高速基山と杷木にも停車する。

  • 杖立発着便

全便が日田バスによる運行で2009年7月27日に廃止された。末期は4往復が運行されていた。

博多駅交通センター - 西鉄天神バスセンター - 福岡空港国内線(第1・第2・第3ターミナル) - 筑紫野(二日市温泉入口) - 基山 - 高速小郡大板井 - 高速大刀洗 - 高速甘木 - 朝倉インター - 杷木 - 日田インター口 - 昭和学園前 - 城内・豆田入口 - 市役所前 - 日田バスセンター - 小渕 - 中川原 - 中鎌手 - 松原ダム - 杖立

日田バスセンター~杖立間は一般路線と同様の扱いで、この区間のみの利用も可能であった。

  • 空港経由高塚着便

西鉄による運行で2009年7月27日に廃止された。福岡発の朝の1便のみ運行であった。

博多駅交通センター - 西鉄天神バスセンター - 福岡空港国内線(第1・第2・第3ターミナル) - 筑紫野(二日市温泉入口) - 基山 - 高速小郡大板井 - 高速大刀洗 - 高速甘木 - 朝倉インター - 杷木 - 日田インター口 - 昭和学園前 - 城内・豆田入口 - 市役所前 - 日田バスセンター - 中川駅前 - 高塚

日田バスセンター~高塚間は一般路線と同様の扱いで、この区間のみの利用も可能であった。

  • 高塚発月隈ランプ経由便

西鉄による運行で2009年7月27日に廃止された。高塚発の昼の1便のみ運行であった。

博多駅交通センター - 西鉄天神バスセンター - 筑紫野(二日市温泉入口) - 基山 - 高速小郡大板井 - 高速大刀洗 - 高速甘木 - 朝倉インター - 杷木 - 日田インター口 - 昭和学園前 - 城内・豆田入口 - 市役所前 - 日田バスセンター - 中川駅前 - 高塚

日田バスセンター~高塚間は一般路線と同様の扱いで、この区間のみの利用も可能であった。

  • 福岡空港経由便

博多バスターミナル←西鉄天神高速バスターミナル←福岡空港国内線(第1・第2・第3ターミナル)←筑紫野(二日市温泉入口)←高速基山←高速小郡大板井←高速大刀洗←高速甘木←朝倉インター←杷木←日田インター口←昭和学園前←城内・豆田入口←市役所前←田島一丁目←日田バスセンター

福岡発の始発便のみ運行されている。2015年12月21日のダイヤ改正以前は日中は毎時概ね1本が運行されていて月隈ランプ経由とともに主力系統であったが、東光二丁目経由の大幅増便と引き換えに大幅減便となり、日田発に至っては全廃となった。

運行経路[編集]

  • 月隈ランプ経由便、ノンストップ

福岡市内~天神北ランプ福岡都市高速太宰府IC九州自動車道鳥栖JCT大分自動車道杷木IC~杷木~杷木IC大分自動車道日田IC~日田市内

  • 福岡空港経由便

福岡市内~天神北ランプ~福岡都市高速~空港通ランプ~福岡空港国内線~金の隈ランプ~福岡都市高速~太宰府IC~九州自動車道~鳥栖JCT~大分自動車道~杷木IC~杷木~杷木IC~大分自動車道~日田IC~日田市内

  • 東光二丁目経由便

博多バスターミナル~空港通り~福岡空港国内線~金の隈ランプ~福岡都市高速~太宰府IC~九州自動車道~鳥栖JCT~大分自動車道~杷木IC~杷木~杷木IC~大分自動車道~日田IC~日田市内

車内設備[編集]

  • 4列シート(日田バス担当の一部便は3列シート)
  • トイレ(日田バス担当の一部の便のみ)
  • nimocaが使用できる。

運行車両[編集]

日田バス

西日本鉄道

脚注[編集]

  1. ^ 福岡~日田間に“最速”高速バスが登場!『OJIRAN(おじらん)号』を期間・曜日限定で運行します! (PDF) - 西日本鉄道、2011年7月13日
  2. ^ 【お知らせ】「福岡~日田」直行バス 今年も『OJIRAN号』を運行いたします (PDF) - 西日本鉄道、2012年7月12日
  3. ^ 高速バス「福岡~日田」線 nimoca全便導入完了! (PDF, 西日本鉄道、2012年3月26日)
  4. ^ 高速バス 福岡・福岡空港~日田線「ひた号」11月2日ダイヤ改正 (PDF, 西日本鉄道、2013年10月18日)
  5. ^ 福岡~日田・大分・湯布院間を結ぶ高速バスがより便利に! (PDF, 西日本鉄道、2015年11月23日)
  6. ^ 日田バス日田営業所構内にあり、日田バスセンター~日田営業所間の回送を営業化

外部リンク[編集]

西日本鉄道公式サイト・ひた号