浜田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
浜田駅
南口(2010年12月23日撮影)
南口(2010年12月23日撮影)
はまだ - Hamada
下府 (3.6km)
(5.4km) 西浜田
所在地 島根県浜田市浅井町791-2
所属事業者 JR logo (west).svg西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線
キロ程 473.3km(京都起点)
電報略号 ハマ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
843人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1921年大正10年)9月1日
備考 直営駅(事実上の管理駅
みどりの窓口
浜田駅の位置
浜田駅の位置
浜田駅の
位置
浜田駅の位置

浜田駅(はまだえき)は、島根県浜田市浅井町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。

概要[編集]

浜田市の中心駅であり、全ての列車が停車する。直営駅であり、当駅を含む山陰本線の波根駅 - 益田駅間各駅と、三江線内のすべての中間駅を管理する浜田鉄道部の最寄り駅である。一部の普通列車はこの駅で系統分断される(当駅を越えて運転される普通列車は列車番号が変更される)ほか、益田方面への下り快速はこの駅から先は各駅に停車する。

広島からの高速バスが発着することから、山陽地方から島根県西部への玄関口としての役割も担っている。そのため、島根県西部の山陰本線の主要駅では、広島駅発着の新幹線の企画乗車券を扱う。

鉄道敷設法には広島駅 - 当駅間の鉄道が記載され、今福線として建設されていたが、国鉄再建法で工事が凍結され、三段峡駅まで開通していた区間も2003年(平成15年)に廃止された。

駅構造[編集]

プラットホーム

単式・島式の複合型2面3線のホームを持つ。ホームは地上だが改札はホームを跨ぐ橋上に設置されている。ホーム間の連絡は階段と通路を使用する。

2009年(平成21年)11月、旧貨物ホーム跡に浜田医療センターが移転し、駅舎と通路でつながった。

浜田駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 山陰本線 下り 益田新山口方面
2 山陰本線 上り 出雲市松江方面 一部の普通・快速列車
下り 益田方面 一部の普通列車
3 山陰本線 上り 出雲市・松江方面

駅施設[編集]

  • みどりの窓口
    • 駅舎の2階に設置されている。
  • デイリーイン
  • 市民サロン
    • 物産品販売コーナーの他、市の行政サービスを行えるコーナーが設置されている。
  • 薬局
  • 高速バス乗車券販売窓口
    • 駅舎の1階に設置されており、広島行きのいさりび号の乗車券を扱っている。なお、業務委託駅などと同じタイプのPOS端末も設置されており、JRの乗車券と自由席特急券も発売している。

駅周辺[編集]

浜田駅前(南口)
駅前広場の神楽時計

南口[編集]

北口[編集]

浜田駅前(北口)

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は843人である(2012年度)。2004年度は1,076人、1994年度は1,479人、1984年度は1,889人だった。

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 1,231
2000 1,238
2001 1,182
2002 1,093
2003 1,069
2004 1,076
2005 1,034
2006 979
2007 960
2008 954
2009 946
2010 901
2011 874
2012 843

バスのりば[編集]

路線バス[編集]

  • 石見交通
    • 市内循環線
    • 周布線(周布行)
    • 浜田益田線(益田方面行)
    • 櫟田原線(櫟田原方面行)
    • 弥栄線(弥栄方面行)
    • 長沢・瀬戸ヶ島線(長沢・瀬戸ヶ島方面行)
    • 大学線(県立大学方面行)
    • 周布江津線(周布、江津方面行)
    • 有福線(周布、有福温泉・江津方面行)
    • 瑞穂線(旭町瑞穂IC方面行)
    • 波佐線(周布、金城・波佐方面行)
  • 詳しい停留所・時刻等は石見交通の公式サイトを参照のこと。

高速バス[編集]

歴史[編集]

浜田駅
満州事変出征の乃木部隊の一部が帰還、浜田駅前での出迎え風景(1937年3月)
  • 1921年大正10年)9月1日 - 国有鉄道山陰本線が都野津駅から延伸し、その終着として開業。客貨取扱を開始。当時は木造駅舎だった。
  • 1922年(大正11年)3月10日 - 山陰本線が周布駅まで延伸し、途中駅となる。
  • 1983年昭和58年)12月31日 - 貨物取扱を廃止。
  • 1987年(昭和62年)4月1日 - 国鉄分割民営化により、西日本旅客鉄道の駅となる。
  • 2008年平成20年)6月26日 - 駅舎改築に伴い仮駅舎使用開始。年末頃に、鉄筋コンクリートの2代目駅舎解体完了。
  • 2009年(平成21年)
    • 6月6日 - 仮駅舎閉鎖。3代目の新駅舎使用開始。
    • 11月1日 - 浜田医療センター開院により工事終了。1階に市民サロンオープン。

隣の駅[編集]

※特急「スーパーおき」「スーパーまつかぜ」・快速「アクアライナー」(全列車停車)

特急、快速列車隣の停車駅は、各列車記事参照。

西日本旅客鉄道
山陰本線
下府駅 - 浜田駅 - 西浜田駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]