江津駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
江津駅*
駅舎、駅前広場(2018年5月)
駅舎、駅前広場(2018年5月)
ごうつ
Gōtsu
浅利 (6.3km)
(4.4km) 都野津
所在地 島根県江津市江津町926-4
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 D 山陰本線
キロ程 454.3km(京都起点)
電報略号 コウ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
369人/日(降車客含まず)
-2015年-
開業年月日 1920年大正9年)12月25日
備考 直営駅
みどりの窓口
* 1970年に石見江津駅から改称。
テンプレートを表示
江津駅
ごうつ
Gōtsu
(1.1km) 江津本町
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 F 三江線
キロ程 0.0km(江津起点)
開業年月日 1930年昭和5年)4月20日
廃止年月日 2018年平成30年)4月1日
備考 路線廃止による。
テンプレートを表示
江津駅の位置
江津駅の位置
江津駅の
位置
江津駅の位置

江津駅(ごうつえき)は、島根県江津市江津町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。2018年3月31日までは当駅を起点とする三江線が乗り入れていた。事務管コードは▲640758[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線(1番のりば)と島式ホーム1面2線(2番・3番のりば)、合計2面3線のホームを持つ地上駅。1番のりばは駅改札口に直結している。2番・3番のりばへは跨線橋(バリアフリーには対応していない)を渡る。寝台特急「出雲」が浜田駅まで運転され、当駅に停車した関係で、1番のりばと2番のりばが非常に長い。

1番のりばのうち、東側(大田市駅寄り)の嵩上げされていない部分は撤去されたが西側は撤去されずにそのまま残されている。

以前は3番のりばの外側に多くの側線が敷設され、広大な構内だった。そこから日本製紙ケミカル江津事業所(旧・日本製紙江津工場)へ専用線が延びていて、1番のりばと2番のりばの間には中線もあったが現在はすべて撤去されており、発生した空き地の向こうに三江線の0キロポストが取り残されている。

浜田鉄道部管理の直営駅であるが、早朝と夜間に無人となる時間帯がある。また駅舎内にはキヨスクが営業していたが、2016年6月に閉店となった。

のりば[編集]

プラットホーム
のりば 路線 方向 行先 備考
1 D 山陰本線 上り 出雲市松江方面 一部3番のりば
2 下り 浜田益田方面
3 (待避線)  

三江線の列車は3番のりばを使用していた。なお、3番のりばから出雲市方面(上り)への発車も可能で、山陰本線の上下共用待避線としての役割も担うが、2008年平成20年)3月15日改正現在、当駅での待避列車は上下双方とも設定されておらず、山陰本線の列車で3番のりばを使用するのは一部の下り列車(三江線からの直通を含む)のみとなっていたが、2016年(平成28年)11月19日時点[3]のダイヤでは特急を待ち合わせる列車(下り1本、上り2本)が存在する。

朝と夜には当駅発着の列車もある。

利用状況[編集]

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。なお、1994年度は916人、1984年度は1,013人だった。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 805
2000 739
2001 693
2002 645
2003 650
2004 624
2005 603
2006 567
2007 563
2008 533
2009 429
2010 424
2011 388
2012 386
2013 371
2014 373
2015 369

駅周辺[編集]

かつては駅前が市の中心地だったが、郵便局と銀行以外の商業施設は山陰道を400mほど浜田側へ行った道路沿いに移りつつある。

バス乗り場[編集]

路線バス[編集]

石見交通バス

高速バス[編集]

その他[編集]

  • 三江線の各駅には三江線活性化協議会によって石見神楽の演目名にちなんだ愛称が付けられており、当駅の愛称は「八十神」であった[4]

隣の駅[編集]

※山陰本線の特急「スーパーおき」「スーパーまつかぜ」・快速「アクアライナー」を含めすべて停車する。特急、快速列車の隣の停車駅は、各列車記事を参照のこと。

西日本旅客鉄道(JR西日本)
D 山陰本線
浅利駅 - 江津駅 - 都野津駅

かつて存在した路線[編集]

西日本旅客鉄道(JR西日本)
F 三江線
江津駅 - 江津本町駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  2. ^ 日本貨物鉄道「貨物鉄道百三十年史(中巻)」 p.574 2007年
  3. ^ 『JR時刻表』2016年12月号
  4. ^ 三江線神楽愛称駅名・大型愛称駅名板・神楽演目解説 (PDF) - 三江線活性化協議会。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]