安来駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安来駅
Yasugi Station.jpg
駅舎
やすぎ
Yasugi
米子 (8.8 km)
(4.8 km) 荒島
所在地 島根県安来市安来町2136
北緯35度25分41.51秒 東経133度15分32.81秒 / 北緯35.4281972度 東経133.2591139度 / 35.4281972; 133.2591139座標: 北緯35度25分41.51秒 東経133度15分32.81秒 / 北緯35.4281972度 東経133.2591139度 / 35.4281972; 133.2591139
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 D 山陰本線
キロ程 331.8 km(京都起点)
電報略号 スキ
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
906人/日(降車客含まず)
-2019年-
開業年月日 1908年明治41年)4月5日[1]
備考 直営駅[2]
みどりの券売機プラス設置駅
テンプレートを表示

安来駅(やすぎえき)は、島根県安来市安来町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線。島根県内の駅では最も東にある。事務管コードは▲640730[3]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式・島式2面3線のホームを持つ地上駅。米子方面は複線伯耆大山駅まで)・松江方面は単線の行違い駅でもある。単式の1番のりばに面して駅舎があり、互いのホームは跨線橋による連絡。直営駅である[2]が、無人となる時間帯がある。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 D 山陰本線 上り 米子鳥取新見方面 一部2番のりば
2・3 下り 松江出雲市浜田方面  
  • 上り本線は1番のりば、下り本線は3番のりばであり、特急は全てこの2線を経由する。
  • 2番のりばは上下共用の待避線(中線)である。上り列車は特急の待ち合わせの場合のみ2番のりばを使う。なお、下り列車では待ち合わせは設定されていない。
  • かつて米子駅との間に、清水寺信号所が存在したが、複線化により廃止された。

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗車人員906人である[統計 1]。2004年度は867人、1994年度は1,229人、1984年度は1,302人だった。

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 947
2000 904
2001 875
2002 852
2003 876
2004 867
2005 854
2006 848
2007 884
2008 887
2009 851
2010 872
2011 882
2012 884
2013 967
2014 896
2015 859
2016 860
2017 908
2018 921
2019 906

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

一般
特定

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
D 山陰本線
普通
米子駅 - 安来駅 - 荒島駅

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 石野哲(編) 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、308-309頁。ISBN 978-4-533-02980-6 
  2. ^ a b 『学研の大図鑑 JR全駅・全駅舎西日本編(JR東海・JR西日本・JR四国・JR九州)』学習研究社、2004年4月30日、166頁。 
  3. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  4. ^ a b 「安来駅の新駅舎が竣工」『交通新聞』交通協力会、1977年4月7日、1面。
  5. ^ 斉藤智子 (2015年4月5日). “10日間 JR山陰線 春:10日目 安来駅舎骨組み、専門家も感心”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 鳥取全県版 
  6. ^ 奥平真也 (2016年12月18日). “イコカ使って改札通り初め 松江・米子駅”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 島根版 
  7. ^ “対話型券売機設置へ JR出雲市駅と益田駅に 3月中旬ごろ /島根”. 毎日新聞 朝刊 島根版. (2020年1月21日) 
  8. ^ 島根県安来市:しごと:JR安来駅へ「みどりの券売機プラス」が導入されました”. www.city.yasugi.shimane.jp. 2021年11月14日閲覧。

広報資料・プレスリリースなど一次資料[編集]

統計資料[編集]

  1. ^ 島根県統計書

関連項目[編集]

外部リンク[編集]