三保三隅駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三保三隅駅
駅舎
駅舎
みほみすみ
Miho-Misumi
折居 (5.0km)
(5.0km) 岡見
所在地 島根県浜田市三隅町西河内469
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 D 山陰本線
キロ程 492.6km(京都起点)
電報略号 ミホ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
139人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1922年大正11年)9月1日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
三保三隅駅の位置
三保三隅駅の位置
三保三隅駅の
位置
三保三隅駅の位置

三保三隅駅(みほみすみえき)は、島根県浜田市三隅町西河内にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線である。全ての快速が停車し、特急も一部停車する。事務管コードは▲640768[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

ホーム「益田下関方面」

単式・島式の複合型2面3線のホームと保線用の側線を持ち、交換・待避設備を有する地上駅。駅舎は単式の1番のりば側にあり、島式の2・3番のりばへは出雲市寄りの跨線橋で連絡している。かつては駅舎に入って右手に売店があったが、現在は閉鎖されている。

浜田鉄道部が管理し、ジェイアール西日本米子メンテックが駅業務を受託する業務委託駅であり、窓口にはPOS端末、駅舎内には自動券売機が設置されている。2010年現在、有人の時間帯は7:00から18:15までとなっており、早朝と夜間は無人となる。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先
1 D 山陰本線 下り 益田新山口方面
2・3 上り 浜田出雲市方面

下り本線は1番のりば、上り本線は2番のりばである。3番のりばは上下副本線であり、上り浜田方面で朝6時台の列車は特急の通過待ちのために3番のりばを使用する。(下り益田方面への発車も可能であるが、2017年(平成29年)7月20日時点[2]では、通過・接続待ちは行われていない。)

駅周辺[編集]

  • 田の浦海岸
  • 浜田市立石正美術館
  • 三隅中央公園
  • 三隅駅前簡易郵便局
  • 浜田市立三隅中学校
  • リハビリテーションカレッジ島根

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は139人である(2014年度)。2004年度は247人、1994年度は376人、1984年度は448人だった。

1999年度以降の1日平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 295
2000 280
2001 283
2002 252
2003 246
2004 247
2005 234
2006 212
2007 191
2008 193
2009 178
2010 164
2011 162
2012 158
2013 163
2014 139

バスのりば[編集]

  • 浜田市営バス三隅路線(ひゃこるバス)
    • 循環線(右回り・左回り)
    • 井野室谷線(室谷・井野方面行き)
    • 平原森溝線(森溝・平原方面行き)
    • 諸谷平原線(森溝・平原・諸谷・みのり会館方面行き)
    • 白砂西河内線(白砂・今浦方面行き)
    • 井野三隅線(大谷方面行き)
    • 黒沢矢原線(矢原・古和方面行き)
  • 津和野エクスプレスは浜田市役所三隅支所付近のバス停に停車し、三保三隅駅前には停車しない。

隣の駅[編集]

※特急「スーパーまつかぜ」「スーパーおき」(双方合わせたうちの半数が停車)・快速「アクアライナー」(当駅には全て停車)の隣の停車駅は各列車記事を参照のこと。

西日本旅客鉄道
D 山陰本線
折居駅 - 三保三隅駅 - 岡見駅

脚注[編集]

  1. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  2. ^ 交通新聞社「携帯全国時刻表」2017年8月号

外部リンク[編集]

関連項目[編集]