アクアライナー (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アクアライナー
JR west-dc126-0.jpg
キハ126系による「アクアライナー」
(山陰本線米子駅-安来駅間)
概要
種類 快速列車
現況 運行中
地域 鳥取県の旗 鳥取県島根県の旗 島根県
前身 快速列車「しまねライナー」
運行開始 2001年7月7日
運営者 JR logo (west).svg 西日本旅客鉄道(JR西日本)
路線
起点 米子駅
終点 浜田駅益田駅
営業距離 150.3 km (93.4 mi) (米子 - 浜田間)
191.5 km (119 mi) (米子 - 益田間)
運行間隔 5往復
使用路線 JR西日本:山陰本線
車内サービス
クラス 普通車
技術
車両 キハ126系・キハ121系気動車
後藤総合車両所
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 非電化
運行速度 最高100 km/h (62 mph)
テンプレートを表示

アクアライナー (Aqua Liner) は、西日本旅客鉄道(JR西日本)が山陰本線米子駅 - 浜田駅益田駅間で運行している快速列車の愛称である。

運行形態[編集]

2016年3月26日現在、米子駅 - 浜田駅間で下り1本、米子駅 - 益田駅間で上り5本・下り4本が運転されている[1]。 最高速度は、米子 - 出雲市間100km/h、出雲市 - 益田間90km/h(2001年のキハ126系運行開始当初は全区間最高速度100km/h)である。 2011年3月12日のダイヤ改正まで、平日朝の益田行き1本は倉吉駅始発で運転されていた。米子駅まで普通列車 (225D)、米子駅から快速「アクアライナー」(3453D) となっていたが、このダイヤ改正で前者が米子駅止め、後者が米子駅始発になった。

停車駅[編集]

米子駅 … この間は各駅に停車 … 出雲市駅 - (西出雲駅) - (出雲神西駅) - (江南駅) - (小田駅) - (田儀駅) - (波根駅) - (久手駅) - 大田市駅 - (静間駅) - (五十猛駅) - 仁万駅 - (馬路駅) - (湯里駅) - 温泉津駅 - (石見福光駅) - (黒松駅) - (浅利駅) - 江津駅 - 都野津駅 - (敬川駅) - 波子駅 - (久代駅) - (下府駅) - 浜田駅 - 西浜田駅 - (周布駅) - 折居駅 - 三保三隅駅 - (岡見駅) - (鎌手駅) - (石見津田駅) - 益田駅

  • ( )の駅には一部の列車が停車。ただし、益田行きの浜田駅 → 益田駅間は例外なく各駅に停車する。

使用車両[編集]

後藤総合車両所に所属するキハ126系0番台が主に使用されている。ただし、極稀に運用の都合でキハ126系10番台や、キハ121系気動車を2両に連結した編成も使用されることがある。

全列車がワンマン運転を行うが、朝の下り1本(3451D)は出雲市駅まで車掌が乗務する。それ以外にも車掌が乗務することがあるが、あくまでワンマン運転のため進行方向から2両目の車両は一部の駅でドアが開かない。

沿革[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『JR時刻表』2016年4月号、交通新聞社
  2. ^ 平成27年春ダイヤ改正について - 西日本旅客鉄道 2014年12月19日
  3. ^ 平成28年春ダイヤ改正について - 西日本旅客鉄道 2015年12月18日

関連項目[編集]