仁万駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
仁万駅
駅舎(2010年12月23日)
駅舎(2010年12月23日)
にま - Nima
五十猛 (6.1km)
(3.0km) 馬路
所在地 島根県大田市仁摩町仁万516
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 山陰本線
キロ程 428.9km(京都起点)
電報略号 ニマ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
283人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1917年大正6年)5月15日
備考 業務委託駅
仁摩サンドミュージアム

仁万駅(にまえき)は、島根県大田市仁摩町仁万にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)山陰本線

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持ち、行き違い設備を有する地上駅である。ホーム益田寄り海側に設けられた駅舎から構内踏切でホームへ向かう。

浜田鉄道部が管理し、ジェイアール西日本米子メンテックが駅業務を受託する業務委託駅で、窓口にはPOS端末、早朝と夜間は無人となるため、駅舎内には自動券売機が設置されている。かつてはキオスクがあったが、撤退し自動販売機コーナーとなった。また、屋根瓦が青色である。

仁万駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1・2 山陰本線 上り 出雲市松江方面
下り 浜田益田方面

2番のりばを上下本線、1番のりばを上下副本線とした一線スルーのため、行き違いや待避がない限りは基本的に上下線とも2番のりばに発着する。停車列車同士の行違いの場合は、益田方面行(下り)が1番のりば、出雲市方面行(上り)が2番のりばに入る。

駅周辺[編集]

路線バス[編集]

岩見交通バス 世界遺産センター(石見銀山)行き

※ 1日5便のみ、土休日は最終便運休

利用状況[編集]

1日平均の乗車人員は283人である(2012年度)。2004年度は420人、1994年度は519人、1984年度は695人だった。

近年の1日平均乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
1999 498
2000 477
2001 451
2002 457
2003 440
2004 420
2005 392
2006 371
2007 353
2008 349
2009 339
2010 325
2011 311
2012 283

歴史[編集]

隣の駅[編集]

※特急「スーパーまつかぜ」(上りは朝、下りは夕方の1便、計1往復停車)

・快速「アクアライナー」(全て停車)

特急、快速列車の隣の停車駅は各列車記事を参照のこと。また、1往復のみ当駅で折り返す普通列車もある。

西日本旅客鉄道
山陰本線
五十猛駅 - 仁万駅 - 馬路駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]