浜田鉄道部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
浜田鉄道部
基本情報
鉄道事業者 西日本旅客鉄道
帰属組織 米子支社
所属略号 米ハタ
配置両数
気動車 14両
合計 14両
備考 2017年4月1日現在
テンプレートを表示

浜田鉄道部(はまだてつどうぶ)とは、島根県浜田市にある西日本旅客鉄道(JR西日本)の鉄道部の一つである。

概要[編集]

ローカル線の活性化と効率的な鉄道運営ができるように1990年6月1日から鉄道部制度を導入し、主に島根県西部を浜田鉄道部が運営するように改められた。

浜田鉄道部は浜田駅構内に位置しており、米子支社が管轄している。

管轄路線[編集]

所属車両の車体に記される略号[編集]

米子支社の略号である「米」と、浜田の電報略号である「ハタ」から構成された「米ハタ」となっている。

所属車両[編集]

2017年4月1日現在、キハ120形気動車のうち300番台が14両所属しており[1]、山陰本線出雲市駅 - 益田駅および三江線で運用されている。

浜田鉄道部の車両基地は浜田駅でスイッチバックして入線するようになっているが、かつて寝台特急「出雲」が浜田駅まで運転されていた名残でスイッチバック線部分が長めに作られている。そのため、通常は最大でも1 - 3両分の部分しか使用しないが、ある程度の長大編成の臨時列車なども入区することが可能である。

浜田運転区時代は以下の車両が配置されていた[2]

乗務員[編集]

浜田鉄道部の乗務員は浜田列車支部に所属しており、以下の区間で乗務している。

  • 山陰本線:米子駅 - 長門市駅
    • 山陰本線の、益田駅 - 長門市駅間は広島支社管轄ではあるが、国鉄時代に米子鉄道管理局が同区間を管轄していた関係もあり、現在も乗務している。中国電力三隅火力発電所 - 益田駅の貨物列車も、運行主体である日本貨物鉄道(JR貨物)の運転士ではなく浜田鉄道部の運転士が乗務している。
  • 三江線:全線

歴史[編集]

  • 1989年平成元年)3月11日:浜田運転区と浜田車掌区が統合し、浜田列車区になる[3][4]
  • 1990年(平成2年)6月1日:鉄道部制度に伴い、第1次鉄道部として発足。浜田列車区が統合される[4]
  • 2008年(平成20年)6月1日:鉄道部制見直しに伴い、山陰本線出雲神西駅 - 田儀駅間は米子支社直轄に変更。これに伴い、同鉄道部の山陰本線管轄範囲も田儀駅(島津屋トンネル京都側出入口) - 益田駅間に変更となる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「JR旅客会社の車両配置表」『鉄道ファン』2017年7月号、交友社
  2. ^ 『国鉄気動車客車情報 61.11.1改正号』ジェー・アール・アール、1986年。
  3. ^ 村上心『日本国有鉄道の車掌と車掌区』成山堂書店、2008年。ISBN 978-4-425-30341-0
  4. ^ a b 『JR気動車客車編成表 95年版』ジェー・アール・アール、1995年。ISBN 4-88283-116-3

参考文献[編集]

関連項目[編集]