日本製紙ケミカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本製紙ケミカル株式会社
NIPPON PAPER Chemicals CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
100-0003
東京都千代田区一ツ橋一丁目2番2号
設立 2002年(平成10年)10月1日
業種 化学
事業内容 化成品の製造・販売
代表者 代表取締役社長 井上敏雄
資本金 30億円
売上高 約328億円
従業員数 396人(2007年4月1日現在)
主要株主 日本製紙 100%
主要子会社 フローリック
日本製紙ケミカルサポート
外部リンク www.npchem.co.jp/
テンプレートを表示

日本製紙ケミカル株式会社(にっぽんせいしケミカル、英文社名 NIPPON PAPER Chemicals CO., LTD.)は、かつて存在した日本製紙グループの化成品メーカー。

日本国内で唯一溶解パルプを製造していたほか、カルボキシメチルセルロースなどの機能性化成品塩素化ポリオレフィンなどの機能性コーティング樹脂ディスプレイ機能性フィルムなどの製造を手がけていた。

2012年10月1日、親会社の日本製紙に吸収合併され、同社のケミカル事業本部となった。

事業所[編集]

沿革[編集]

  • 2002年平成14年)10月1日 - 日本製紙のDP・化成品事業本部が分社化され、会社設立。
  • 2004年(平成16年)10月1日 - 日本製紙の機能材料事業部を統合。東松山事業所発足。
  • 2006年(平成18年)3月 - 食塩電解事業から撤退、岩国事業所における塩素製造を終了。
  • 2009年(平成21年)3月 - 小松島製造所を閉鎖。
  • 2012年(平成24年)10月 - 日本製紙に吸収合併され解散。

関係会社[編集]

  • 株式会社フローリック
  • 日本製紙ケミカルサポート株式会社

外部リンク[編集]