光岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
光岡駅
事実上の駅舎である「すこやか光岡」(2007年7月28日)
事実上の駅舎である「すこやか光岡」
(2007年7月28日)
てるおか - Teruoka
夜明 (6.1km)
(2.4km) 日田
所在地 大分県日田市大字友田1109
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 久大本線
日田彦山線直通含む)
キロ程 45.2km(久留米起点)
電報略号 テル
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[要出典]
乗車人員
-統計年度-
45,627人/年[1]人/日(降車客含まず)
-2013年[1]-
乗降人員
-統計年度-
降車人員:48,281人/年[1]人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1934年昭和9年)6月25日[要出典]
備考 無人駅1971年昭和46年)2月10日[2]
旧駅舎(2005年3月27日)

光岡駅(てるおかえき)は、大分県日田市大字友田にある、九州旅客鉄道(JR九州)久大本線である。

夜明駅から乗り入れる日田彦山線の列車も利用が可能である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

1971年(昭和46年)2月10日から無人駅になった[2]

島式ホーム1面2線を有する地上駅。かつて木造駅舎があったが2006年平成18年)12月に解体され、跡地には「すこやか光岡」と名づけられた待合所室と便所が一体となった施設が設けられ、事実上の新駅舎として機能している。駅舎とホームは構内踏切で連絡している。

無人駅2006年11月25日をもって、駅前の森山青果店で行っていた乗車券の委託販売を終了した[要出典]

のりば[編集]

1 久大本線(待避線)
2 久大本線(主本線)

2番線を主本線とする一線スルー方式で、各乗り場の振り分けは、以下の通りで一定しない[要出典]

  • 当駅で交換がない場合、上り下りとも2番線に入る[要出典]
  • 当駅で普通列車が特急列車を待避する場合は、普通列車が1番線に、特急列車が2番線を通過する[要出典]
  • 当駅で普通列車同士が交換する場合、先に入線した方が1番線に入る[要出典]

なお、通常ダイヤでは当駅での特急列車同士の交換は設定されていない[要出典]

利用状況[編集]

1965年(昭和40年)度には乗車人員が202,065人(定期外:56,905人、定期:145,160人)、降車人員が194,502人で、手荷物(発送:457個、到着:353個)や小荷物(発送:4,406個、到着:3,566個)も取り扱っていた[5]

2013年(平成25年)度の乗車人員は45,627人(定期外:6,678人、定期:38,949人)、降車人員は48,281人である[1]

※1日平均乗車人員の数値は各年度版「大分県統計年鑑」による年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。


年度 年間
乗車人員
定期外
乗車人員
定期
乗車人員
一日平均
乗車人員*
年間
降車人員
出典
1965年(昭和40年) 202,065 56,905 145,160 - 194,502 [5]
- - - - - - -
1990年(平成2年) 74,462 12,776 61,686 - 84,214 [6]
1991年(平成3年) 74,494 17,654 56,840 - 76,710 [7]
1992年(平成4年) 63,632 11,369 52,263 - 70,752 [8]
1993年(平成5年) 62,758 11,760 50,998 - 70,752 [9]
1994年(平成6年) 60,065 12,545 47,520 - 60,493 [10]
1995年(平成7年) 59,185 13,081 46,104 - 59,720 [11]
1996年(平成8年) 62,137 18,371 43,766 - 60,314 [12]
1997年(平成9年) 57,591 18,116 39,475 - 55,646 [13]
1998年(平成10年) 53,336 16,979 36,357 - 52,273 [14]
1999年(平成11年) 57,250 20,700 36,550 - 54,973 [15]
2000年(平成12年) 55,424 18,650 36,774 152 56,523 [16]
2001年(平成13年) 57,916 14,582 43,334 159 59,026 [17]
2002年(平成14年) 50,845 13,377 37,468 139 51,423 [18]
2003年(平成15年) 44,928 12,885 32,043 123 46,716 [19]
2004年(平成16年) 37,639 6,784 30,855 103 39,643 [20]
2005年(平成17年) 53,523 9,982 43,541 147 56,978 [21]
2006年(平成18年) 58,613 7,865 50,748 161 62,695 [22]
2007年(平成19年) 54,604 6,320 48,284 149 59,073 [23]
2008年(平成20年) 52,078 5,801 46,277 143 55,893 [24]
2009年(平成21年) 54,294 6,435 47,859 149 57,837 [25][注釈 1]
2010年(平成22年) 52,905 6,529 46,376 145 55,818 [27][注釈 1]
2011年(平成23年) 50,228 6,683 43,545 137 52,704 [28][注釈 1]
2012年(平成24年) 46,758 6,307 40,451 128 49,343 [29][注釈 1]
2013年(平成25年) 45,627 6,678 38,949 48,281 [1][注釈 1]
  • * 一日平均乗車人員は年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
久大本線・日田彦山線
夜明駅 - 光岡駅 - 日田駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e 大分県統計協会が廃止されてウェブ上で公開[26]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 平成26年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2015年3月10日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  2. ^ a b c 『大分県労働運動史 第2巻 昭和41-50年』 大分県、1980年。
  3. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  4. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  5. ^ a b 大分県総務部統計課 『昭和41年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1966年3月。
  6. ^ 大分県総務部統計課 『平成3年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1991年12月31日。
  7. ^ 大分県総務部統計課 『平成4年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1992年12月31日。
  8. ^ 大分県総務部統計課 『平成5年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1994年3月31日。
  9. ^ 大分県総務部統計課 『平成6年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1995年3月31日。
  10. ^ 大分県総務部統計課 『平成7年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1996年3月31日。
  11. ^ 大分県総務部統計課 『平成8年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1997年3月31日。
  12. ^ 大分県総務部統計課 『平成9年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1998年3月31日。
  13. ^ 大分県総務部統計課 『平成10年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1999年3月31日。
  14. ^ 大分県総務部統計課 『平成11年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2000年3月31日。
  15. ^ 大分県総務部統計課 『平成12年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2001年3月31日。
  16. ^ 大分県総務部統計課 『平成13年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2002年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  17. ^ 大分県総務部統計課 『平成14年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2003年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  18. ^ 大分県総務部統計課 『平成15年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2004年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  19. ^ 大分県総務部統計課 『平成16年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2005年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  20. ^ 大分県総務部統計課 『平成17年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2006年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  21. ^ 大分県総務部統計課 『平成18年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  22. ^ 大分県総務部統計課 『平成19年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 130 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  23. ^ 大分県総務部統計課 『平成20年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2009年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  24. ^ 大分県総務部統計課 『平成21年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2010年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  25. ^ 平成22年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 129.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年2月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  26. ^ 池端真理 『全国都道府県統計協会刊行の統計資料調査について』 地域総合研究 第38巻 第2号 (鹿児島国際大学地域総合研究所) (2011年)
  27. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  28. ^ 平成24年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2013年8月5日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  29. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 光岡駅(駅情報) - 九州旅客鉄道