北山田駅 (大分県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北山田駅
駅舎
駅舎
きたやまだ - Kitayamada
杉河内 (4.2km)
(5.4km) 豊後森
所在地 大分県玖珠郡玖珠町大字戸畑1663
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 久大本線
キロ程 67.8km(久留米起点)
電報略号 キヤ←キタヤ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
23,284人/年[1]人/日(降車客含まず)
-2013年[1]-
乗降人員
-統計年度-
降車人員: 23,526人/年[1]人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1932年昭和7年)9月16日[2]
備考 無人駅

北山田駅(きたやまだえき)は、大分県玖珠郡玖珠町大字戸畑にある、九州旅客鉄道久大本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。かつては相対式ホーム2面2線を有する構造だった。木造二階建ての駅舎を持ち、1階に改札口と売店が、2階に観光物産館が入っている[要出典]

利用状況[編集]

1965年(昭和40年)度には乗車人員が232,865人(定期外:47,774人、定期:185,091人)、降車人員が237,631人で、手荷物(発送:387個、到着:297個)や小荷物(発送:1,688個、到着:3,286個)も取り扱っていた[6]

2013年(平成25年)度の乗車人員は23,284人(定期外:2,537人、定期:20,747人)、降車人員は23,526人である[1]

※1日平均乗車人員の数値は各年度版「大分県統計年鑑」による年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。


年度 年間
乗車人員
定期外
乗車人員
定期
乗車人員
一日平均
乗車人員*
年間
降車人員
出典
1965年(昭和40年) 232,865 47,774 185,091 - 237,631 [6]
- - - - - - -
1990年(平成2年) 51,903 14,609 37,294 - 56,179 [7]
1991年(平成3年) 51,079 15,175 35,904 - 57,911 [8]
1992年(平成4年) 48,068 16,351 31,717 - 50,460 [9]
1993年(平成5年) 46,487 14,758 31,729 - 52,267 [10]
1994年(平成6年) 44,502 15,352 29,150 - 49,701 [11]
1995年(平成7年) 45,922 10,186 35,736 - 56,022 [12]
1996年(平成8年) 45,981 8,693 37,288 - 50,680 [13]
1997年(平成9年) 42,507 11,044 31,463 - 42,298 [14]
1998年(平成10年) 39,628 10,847 28,781 - 39,726 [15]
1999年(平成11年) 36,796 9,777 27,019 - 36,589 [16]
2000年(平成12年) 38,646 9,055 29,591 106 38,317 [17]
2001年(平成13年) 37,308 7,980 29,328 102 36,736 [18]
2002年(平成14年) 39,761 7,685 32,076 109 38,758 [19]
2003年(平成15年) 33,459 7,340 26,119 92 31,975 [20]
2004年(平成16年) 30,956 7,207 23,749 85 29,728 [21]
2005年(平成17年) 30,306 6,301 24,005 83 29,832 [22]
2006年(平成18年) 31,504 6,352 25,152 86 30,309 [23]
2007年(平成19年) 32,468 7,102 25,366 89 30,826 [24]
2008年(平成20年) 28,955 6,361 22,594 79 27,884 [25]
2009年(平成21年) 27,494 2,706 24,788 75 29,331 [26][注釈 1]
2010年(平成22年) 24,170 2,644 21,526 66 24,658 [28][注釈 1]
2011年(平成23年) 25,089 2,695 22,394 69 25,692 [29][注釈 1]
2012年(平成24年) 24,427 2,698 21,729 67 25,115 [30][注釈 1]
2013年(平成25年) 23,284 2,537 20,747 23,526 [1][注釈 1]
  • * 一日平均乗車人員は年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。

駅周辺[編集]

  • 北山田郵便局
  • 三日月の滝 - 駅南方徒歩約10分。玖珠川にあるミニナイアガラと呼ばれる滝。
  • 玖珠町立北山田小学校
  • 玖珠町立北山田中学校

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
久大本線
杉河内駅 - 北山田駅 - 豊後森駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e 大分県統計協会が廃止されてウェブ上で公開[27]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 平成26年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2015年3月10日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  2. ^ a b 『玖珠郡史』 玖珠町 九重町、1965年。
  3. ^ 『大分県史 近代編 3』 大分県、1987年。
  4. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  5. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  6. ^ a b 大分県総務部統計課 『昭和41年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1966年3月。
  7. ^ 大分県総務部統計課 『平成3年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1991年12月31日。
  8. ^ 大分県総務部統計課 『平成4年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1992年12月31日。
  9. ^ 大分県総務部統計課 『平成5年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1994年3月31日。
  10. ^ 大分県総務部統計課 『平成6年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1995年3月31日。
  11. ^ 大分県総務部統計課 『平成7年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1996年3月31日。
  12. ^ 大分県総務部統計課 『平成8年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1997年3月31日。
  13. ^ 大分県総務部統計課 『平成9年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1998年3月31日。
  14. ^ 大分県総務部統計課 『平成10年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1999年3月31日。
  15. ^ 大分県総務部統計課 『平成11年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2000年3月31日。
  16. ^ 大分県総務部統計課 『平成12年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2001年3月31日。
  17. ^ 大分県総務部統計課 『平成13年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2002年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  18. ^ 大分県総務部統計課 『平成14年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2003年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  19. ^ 大分県総務部統計課 『平成15年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2004年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  20. ^ 大分県総務部統計課 『平成16年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2005年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  21. ^ 大分県総務部統計課 『平成17年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2006年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  22. ^ 大分県総務部統計課 『平成18年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  23. ^ 大分県総務部統計課 『平成19年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 130 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  24. ^ 大分県総務部統計課 『平成20年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2009年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  25. ^ 大分県総務部統計課 『平成21年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2010年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  26. ^ 平成22年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 129.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年2月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  27. ^ 池端真理 『全国都道府県統計協会刊行の統計資料調査について』 地域総合研究 第38巻 第2号 (鹿児島国際大学地域総合研究所) (2011年)
  28. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  29. ^ 平成24年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2013年8月5日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  30. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。

関連項目[編集]