豊後中川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
豊後中川駅
旧駅舎(2013年6月9日)
旧駅舎(2013年6月9日)
ぶんごなかがわ - Bungo-Nakagawa
豊後三芳 (5.9km)
(4.2km) 天ヶ瀬
所在地 大分県日田市天瀬町合田1974
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 久大本線[1]
キロ程 55.3km(久留米起点)
電報略号 フハ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
13,007人/年[2]人/日(降車客含まず)
-2013年[2]-
乗降人員
-統計年度-
降車人員: 13,418人/年[2]人/日
-2013年[2]-
開業年月日 1934年昭和9年)11月15日[3]
備考 無人駅

豊後中川駅(ぶんごなかがわえき)は、大分県日田市天瀬町合田にある、九州旅客鉄道(JR九州)久大本線である。

かつては急行「由布」の一部が停車していた。

歴史[編集]

かつての駅舎(2007年8月4日)

駅構造[編集]

ホーム。手前が久留米方面、奥が大分方面。

単式ホーム1面1線を有する地上駅である。無人駅[要出典]

駅舎はJA(農業協同組合)のスーパーマーケット・Aコープとの併設駅舎となっていたが[6]2011年にスーパーマーケット部分は解体され待合室のみとなっていた[要出典]

この待合室は老朽化していたため、駅近郊の出身者のふるさと納税等を資金として改築が行われ、2015年3月14日に新たな駅舎(待合室)の落成式が行われた。新駅舎は木造平屋で、延床面積約33m²[1]

利用状況[編集]

1965年(昭和40年)度には乗車人員が271,112人(定期外:91,864人、定期:179,248人)、降車人員が282,163人で、手荷物(発送:192個、到着:111個)や小荷物(発送:759個、到着:666個)も取り扱っていた[7]

2013年(平成25年)度の乗車人員は13,007人(定期外:2,102人、定期:10,905人)、降車人員は13,418人である[2]

※1日平均乗車人員の数値は各年度版「大分県統計年鑑」による年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。


年度 年間
乗車人員
定期外
乗車人員
定期
乗車人員
一日平均
乗車人員*
年間
降車人員
出典
1965年(昭和40年) 271,112 91,864 179,248 - 282,163 [7]
- - - - - - -
1990年(平成2年) 86,290 19,345 66,945 - 95,226 [8]
1991年(平成3年) 78,685 18,344 60,341 - 88,468 [9]
1992年(平成4年) 59,846 16,764 43,082 - 64,218 [10]
1993年(平成5年) 66,479 15,045 51,434 - 71,694 [11]
1994年(平成6年) 74,726 15,050 59,676 - 79,085 [12]
1995年(平成7年) 73,012 12,192 60,820 - 78,543 [13]
1996年(平成8年) 67,192 11,925 55,267 - 71,682 [14]
1997年(平成9年) 60,566 12,068 48,498 - 62,013 [15]
1998年(平成10年) 60,940 12,367 48,573 - 62,045 [16]
1999年(平成11年) 60,104 10,320 49,784 - 61,495 [17]
2000年(平成12年) 54,383 9,102 45,281 149 56,442 [18]
2001年(平成13年) 49,142 9,135 40,007 135 49,502 [19]
2002年(平成14年) 46,601 37,562 128 47,691 [20]
2003年(平成15年) 40,948 5,613 35,335 112 44,549 [21]
2004年(平成16年) 43,647 4,798 38,849 120 45,630 [22]
2005年(平成17年) 34,567 4,390 30,177 95 35,825 [23]
2006年(平成18年) 35,776 4,194 31,582 98 37,148 [24]
2007年(平成19年) 33,242 3,389 29,853 91 35,041 [25]
2008年(平成20年) 31,487 2,447 29,040 86 33,466 [26]
2009年(平成21年) 27,110 2,090 25,020 74 28,307 [27][注釈 1]
2010年(平成22年) 27,044 2,181 24,863 74 28,215 [29][注釈 1]
2011年(平成23年) 22,211 2,281 19,930 61 23,269 [30][注釈 1]
2012年(平成24年) 14,484 2,039 12,445 40 15,444 [31][注釈 1]
2013年(平成25年) 13,007 2,102 10,905 13,418 [2][注釈 1]
  • * 一日平均乗車人員は年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。

駅周辺[編集]

旧天瀬町の中心部より北側の山間部にある。国道210号が久大本線に並行して駅前を通る。

  • 日田市役所馬原出張所
  • 馬原郵便局
  • 五条東渓幼稚園
  • 日田市立東渓中学校
  • 日田市立馬原小学校
  • 高塚愛宕地蔵尊 - 当駅が最寄り駅。駅前の高塚愛宕地蔵尊入口交差点から県道54号線を約5km進む。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
久大本線
豊後三芳駅 - 豊後中川駅 - 天ヶ瀬駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e 大分県統計協会が廃止されてウェブ上で公開[28]

出典[編集]

  1. ^ a b c 楢原義則(2015年3月16日). “JR豊後中川駅:郷土愛で駅舎改築 出身者の寄付元手に−−日田”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  2. ^ a b c d e 平成26年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2015年3月10日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  3. ^ a b 『日本鉄道請負業史 大正・昭和(前期)篇』 日本鉄道建設業協会、1978年3月。
  4. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  5. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  6. ^ 桜田純 『鉄道なんでも日本一 車両・路線・駅から「日本初」までを徹底調査』 PHP研究所、2004年11月1日。ISBN 978-4-569-66286-2
  7. ^ a b 大分県総務部統計課 『昭和41年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1966年3月。
  8. ^ 大分県総務部統計課 『平成3年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1991年12月31日。
  9. ^ 大分県総務部統計課 『平成4年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1992年12月31日。
  10. ^ 大分県総務部統計課 『平成5年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1994年3月31日。
  11. ^ 大分県総務部統計課 『平成6年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1995年3月31日。
  12. ^ 大分県総務部統計課 『平成7年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1996年3月31日。
  13. ^ 大分県総務部統計課 『平成8年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1997年3月31日。
  14. ^ 大分県総務部統計課 『平成9年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1998年3月31日。
  15. ^ 大分県総務部統計課 『平成10年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1999年3月31日。
  16. ^ 大分県総務部統計課 『平成11年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2000年3月31日。
  17. ^ 大分県総務部統計課 『平成12年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2001年3月31日。
  18. ^ 大分県総務部統計課 『平成13年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2002年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  19. ^ 大分県総務部統計課 『平成14年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2003年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  20. ^ 大分県総務部統計課 『平成15年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2004年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  21. ^ 大分県総務部統計課 『平成16年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2005年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  22. ^ 大分県総務部統計課 『平成17年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2006年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  23. ^ 大分県総務部統計課 『平成18年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  24. ^ 大分県総務部統計課 『平成19年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 130 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  25. ^ 大分県総務部統計課 『平成20年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2009年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  26. ^ 大分県総務部統計課 『平成21年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2010年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  27. ^ 平成22年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 129.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年2月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  28. ^ 池端真理 『全国都道府県統計協会刊行の統計資料調査について』 地域総合研究 第38巻 第2号 (鹿児島国際大学地域総合研究所) (2011年)
  29. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  30. ^ 平成24年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2013年8月5日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  31. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]