天神山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
天神山駅
ホーム(2005年3月)
ホーム(2005年3月)
てんじんやま - Tenjinyama
庄内 (3.6km)
(1.5km) 小野屋
所在地 大分県由布市庄内町西長宝493
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 久大本線
キロ程 118.1km(久留米起点)
電報略号 タマ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
39,010人/年[1]人/日(降車客含まず)
-2013年[1]-
乗降人員
-統計年度-
降車人員:38,957人/年[1]人/日
-2013年[1]-
開業年月日 1923年大正12年)9月29日[2]
備考 無人駅(自動券売機 有)

天神山駅(てんじんやまえき)は、大分県由布市庄内町西長宝にある、九州旅客鉄道(JR九州)久大本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

  • 単式ホーム1面1線を有する地上駅。駅入口からホームへの行き来は線路を横切って渡る構内通路となっているため、列車が構内に入ってくるとホーム側に設置している警告機が作動し、注意を促すようになっている。

無人駅である。駅舎はなく、切符はホーム上の待合所に設置されている自動券売機で購入する。

待合所の側には、小ぶりながらも迫力のある滝があり、ホーム上から見ることができる[要出典]

利用状況[編集]

1965年(昭和40年)度には乗車人員が195,149人(定期外:37,453人、定期:157,696人)、降車人員が190,216人で、手荷物(発送:212個、到着:103個)や小荷物(発送:868個、到着:542個)も取り扱っていた[5]

2013年(平成25年)度の乗車人員は39,010人(定期外:7,822人、定期:31,188人)、降車人員は38,957人である[1]

※1日平均乗車人員の数値は各年度版「大分県統計年鑑」による年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。


年度 年間
乗車人員
定期外
乗車人員
定期
乗車人員
一日平均
乗車人員*
年間
降車人員
出典
1965年(昭和40年) 195,149 37,453 157,696 - 190,216 [5]
- - - - - - -
1990年(平成2年) 69,679 9,441 60,238 - 76,369 [6]
1991年(平成3年) 74,554 17,051 57,503 - 75,668 [7]
1992年(平成4年) 38,205 8,708 29,497 - 45,132 [8]
1993年(平成5年) 58,538 7,526 51,012 - 62,599 [9]
1994年(平成6年) 61,279 7,854 53,425 - 63,520 [10]
1995年(平成7年) 57,164 6,407 50,757 - 61,531 [11]
1996年(平成8年) 58,491 9,330 49,161 - 61,924 [12]
1997年(平成9年) 61,924 14,824 47,100 - 60,241 [13]
1998年(平成10年) 64,751 13,606 51,145 - 65,987 [14]
1999年(平成11年) 57,454 11,149 46,305 - 60,161 [15]
2000年(平成12年) 51,849 9,042 42,807 142 55,911 [16]
2001年(平成13年) 47,774 10,709 37,065 131 47,441 [17]
2002年(平成14年) 51,013 13,139 37,874 140 49,027 [18]
2003年(平成15年) 52,956 13,021 39,935 145 53,764 [19]
2004年(平成16年) 54,560 12,106 42,454 150 54,728 [20]
2005年(平成17年) 47,605 12,506 35,099 130 47,447 [21]
2006年(平成18年) 48,376 10,388 37,988 133 49,889 [22]
2007年(平成19年) 43,480 10,283 33,197 119 43,702 [23]
2008年(平成20年) 45,845 9,973 35,872 126 45,255 [24]
2009年(平成21年) 44,222 9,741 34,481 121 44,165 [25][注釈 1]
2010年(平成22年) 43,876 9,990 33,886 120 43,482 [27][注釈 1]
2011年(平成23年) 40,661 9,024 31,637 111 40,974 [28][注釈 1]
2012年(平成24年) 34,371 8,319 26,052 94 34,529 [29][注釈 1]
2013年(平成25年) 39,010 7,822 31,188 38,957 [1][注釈 1]
  • * 一日平均乗車人員は年間乗車人員の値を各年度の日数で割った値。

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
久大本線
庄内駅 - 天神山駅 - 小野屋駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d e 大分県統計協会が廃止されてウェブ上で公開[26]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 平成26年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2015年3月10日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  2. ^ a b 『大分県史 近代編 3』 大分県、1987年。
  3. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  4. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863
  5. ^ a b 大分県総務部統計課 『昭和41年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1966年3月。
  6. ^ 大分県総務部統計課 『平成3年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1991年12月31日。
  7. ^ 大分県総務部統計課 『平成4年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1992年12月31日。
  8. ^ 大分県総務部統計課 『平成5年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1994年3月31日。
  9. ^ 大分県総務部統計課 『平成6年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1995年3月31日。
  10. ^ 大分県総務部統計課 『平成7年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1996年3月31日。
  11. ^ 大分県総務部統計課 『平成8年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1997年3月31日。
  12. ^ 大分県総務部統計課 『平成9年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1998年3月31日。
  13. ^ 大分県総務部統計課 『平成10年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、1999年3月31日。
  14. ^ 大分県総務部統計課 『平成11年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2000年3月31日。
  15. ^ 大分県総務部統計課 『平成12年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2001年3月31日。
  16. ^ 大分県総務部統計課 『平成13年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2002年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  17. ^ 大分県総務部統計課 『平成14年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2003年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  18. ^ 大分県総務部統計課 『平成15年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2004年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  19. ^ 大分県総務部統計課 『平成16年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2005年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  20. ^ 大分県総務部統計課 『平成17年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2006年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  21. ^ 大分県総務部統計課 『平成18年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 132 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  22. ^ 大分県総務部統計課 『平成19年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2007年3月31日。 - 11運輸および通信 - 130 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  23. ^ 大分県総務部統計課 『平成20年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2009年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  24. ^ 大分県総務部統計課 『平成21年版 大分県統計年鑑』 大分県統計協会、2010年3月31日。 - 11運輸および通信 - 129 鉄道各駅別運輸状況(JR九州・JR貨物) (ウェブ版XLS)
  25. ^ 平成22年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 129.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年2月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  26. ^ 池端真理 『全国都道府県統計協会刊行の統計資料調査について』 地域総合研究 第38巻 第2号 (鹿児島国際大学地域総合研究所) (2011年)
  27. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  28. ^ 平成24年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2013年8月5日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。
  29. ^ 平成23年版 大分県統計年鑑 11 運輸および通信 128.鉄道各駅別運輸 状況(JR九州・JR貨物) 2012年6月15日”. 大分県総務部統計課. 2015年6月26日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]