筑前岩屋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
筑前岩屋駅
駅舎
駅舎
ちくぜんいわや - Chikuzen-Iwaya
彦山 (7.9km)
(4.2km) 大行司
所在地 福岡県朝倉郡東峰村大字宝珠山[1]4014
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日田彦山線
キロ程 55.1km(城野起点)
電報略号 チイ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
開業年月日 1956年昭和31年)3月15日[1]
備考 無人駅[1]
釈迦岳トンネルを抜け構内へ進入する気動車。写真手前のレールは使われていない

筑前岩屋駅(ちくぜんいわやえき)は、福岡県朝倉郡東峰村大字宝珠山にある、九州旅客鉄道(JR九州)日田彦山線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅[1]。元々は島式ホーム1面2線だったが、駅舎側の線路は撤去されており、使用されているのは1線のみである[1]。ホームから駅舎へは、この使われていない線路を構内踏切で渡る。

駅舎は1997年(平成9年)に出来たもので[1]、消防団の倉庫と合築。近くの岩屋神社を模した木造建築である[4]。改築前は山小屋風の駅舎だった[4]無人駅である[1]

駅周辺[編集]

駅脇には日田彦山線釈迦岳トンネルの湧水が引かれており、これを汲むことができる(岩屋湧水)[1]。この湧水は元は旧国鉄が蒸気機関車の給水用に、トンネルの掘削時に湧出した地下水を引く導水管を敷設したものである。その後2003年に地元の宝珠山村(当時)が給水場を整備した。当初は誰でも自由に汲める湧水であったが、2008年に環境省平成の名水百選に選出したことで訪問者が急増し、悪質な例も続出したことから、2009年12月より有料による自動給水装置での供給に変更されている。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日田彦山線
彦山駅 - 筑前岩屋駅 - 大行司駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 『週刊JR全駅・全車両基地』第7号、朝日新聞出版、2012年9月23日、 27頁。
  2. ^ 弓削信夫 『福岡県JR全駅』 葦書房1993年10月15日、204-205頁。ISBN 4751205293
  3. ^ 『九州の鉄道100年記念誌 鉄輪の轟き』 九州鉄道百年祭実行委員会・百年史編纂部会、九州旅客鉄道、1988年、初版、181頁(日本語)。
  4. ^ a b c 弓削信夫 『福岡鉄道風土記』 葦書房1999年1月16日、174-175頁。ISBN 4751207334

関連項目[編集]

外部リンク[編集]