彦山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
彦山駅
駅舎
駅舎
ひこさん - Hikosan
豊前桝田 (4.0km)
(7.9km) 筑前岩屋
所在地 福岡県田川郡添田町大字落合[1]800
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日田彦山線
キロ程 47.2km(城野起点)
電報略号 サン
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線[1]
開業年月日 1942年昭和17年)8月25日[1]
備考 無人駅[1](自動券売機 有)
駅構内の様子 駅舎側ホームより島式ホームをのぞむ (2015年5月)
駅構内の様子 島式ホームより駅舎をのぞむ(2015年5月)
待合室の様子(2015年5月)

彦山駅(ひこさんえき)は、福岡県田川郡添田町大字落合にある、九州旅客鉄道(JR九州)日田彦山線である[1]。『ひこやま』とは読まないことに注意。

次駅の筑前岩屋駅との間で旧国境を越える(当駅は豊前国、次駅は筑前国)。

歴史[編集]

駅構造[編集]

駅舎に接して単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅[1]。中線(2番線)は折返し列車専用である。

駅舎は木造の大きなものである。駅の開業と同じ1942年(昭和17年)8月に建てられたもので英彦山神宮を模して赤い柱を使用するなど[1]英彦山への入り口駅にふさわしく優雅なつくりであるとの評判が高い。

1980年(昭和55年)の無人化後しばらくこの駅舎はほとんど待合所として使用されるのみであったが1994年(平成6年)にある女性陶芸家がこの駅の旧事務室部分に工房と陶芸のギャラリーおよび喫茶室(翔房舎)を設け以後はこの陶芸家が乗車券の販売を受託していた(簡易委託駅[4]。しかしながら2004年(平成16年)7月には乗車券販売の委託は解除され、無人駅扱いとなった。

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日田彦山線
豊前桝田駅 - 彦山駅 - 筑前岩屋駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 『週刊JR全駅・全車両基地』第7号、朝日新聞出版、2012年9月23日、 27頁。
  2. ^ a b 弓削(1993)、p.218-219。
  3. ^ 弓削(1993)、p.204-205。
  4. ^ 弓削信夫 『福岡鉄道風土記』 葦書房1999年1月16日、170-173頁。ISBN 4751207334

参考文献[編集]

弓削信夫 『福岡県JR全駅』 葦書房1993年10月15日、204-205頁。ISBN 4751205293

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 彦山駅(駅情報) - 九州旅客鉄道