宝珠山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宝珠山駅
駅舎
駅舎
ほうしゅやま - Hōshuyama
大行司 (2.0km)
(1.6km) 大鶴
所在地 福岡県朝倉郡東峰村大字福井[1]326*
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 日田彦山線
キロ程 61.3km(城野起点)
電報略号 ホユ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線[1]
開業年月日 1937年昭和12年)8月22日[2][3]
備考 無人駅1971年昭和46年)2月10日[4]
* 正式な所在地。南側は大分県日田市大字大肥にまたがる。
テンプレートを表示

宝珠山駅(ほうしゅやまえき)は、福岡県朝倉郡東峰村大字福井にある、九州旅客鉄道(JR九州)日田彦山線である[1]

九州で唯一、プラットホーム県境をまたいでいる駅であり、ホームの3分の1が大分県、残りが福岡県にある[1]。大分県と福岡県の境界線には東峰村の特産である小石原焼の陶板が埋め込まれている。

宝珠山駅の県境表示

歴史[編集]

駅構造[編集]

1971年(昭和46年)2月10日から無人駅になった[4]

単式ホーム1面1線を有する地上駅[1]。かつては島式ホーム1面2線だった[1]夜明駅側に向かって線路右側にホームが、左側に駅舎がある。駅舎は開業以来の建物の老朽化のため[要出典]、外観デザインをほぼ踏襲する形で1998年(平成10年)3月[要出典]に建て替えられたもので[1]無人駅であるため旧駅舎の事務室部分を撤廃した上で建物自体は夜明駅方向へ拡張され[要出典]、地元の集会所(福井コミュニティーセンター)が入っている[1]

駅周辺[編集]

東峰村の南端部に立地しており、村の中心地や村役場へは隣の大行司駅のほうが近い。駅前を大肥川が流れ、その川の向こうに国道211号が日田彦山線に並行して通っている。

バス路線[編集]

  • 駅前の駐車場に西鉄バスの宝珠山停留所があり、杷木、小石原への路線がある。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
日田彦山線
大行司駅 - 宝珠山駅 - 大鶴駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『週刊JR全駅・全車両基地』第7号、朝日新聞出版、2012年9月23日、 27頁。
  2. ^ a b c 大木孝 『土木社会史年表』 日刊工業新聞社、1988年11月。ISBN 978-4526024443
  3. ^ a b 『大分県史 近代編 3』 大分県、1987年。
  4. ^ a b c 『大分県労働運動史 第2巻 昭和41-50年』 大分県、1980年。
  5. ^ 『交通年鑑 昭和36年版』 交通協力会、1961年。
  6. ^ 『交通年鑑 昭和63年版』 交通協力会、1988年3月。
  7. ^ 今村都南雄 『民営化の效果と現実NTTとJR』 中央法規出版、1997年8月。ISBN 978-4805840863

関連項目[編集]

外部リンク[編集]