頭襟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
頭襟をかぶった天狗

頭襟(ときん)は、山伏がかぶる帽子である。頭巾兜巾と書かれることもあるが、頭巾(ずきん)とは形状も用途も全く異なるので要注意。

概要[編集]

『役行者本記』によると、役小角701年に大赦により、配流先の伊豆大島から大和国に戻った際、ねぎらいとして文武天皇から黒色の冠を下賜されたことが頭襟の由来であるとされる。

で塗り固めたで作った、丸く小さい形式のもの(宝珠形)が一般的で、大日如来五智の宝冠を表している。十二因縁にちなんで12のひだを持ち、上から見ると放射状に12等分されているように縫い目がある。かぶるというよりはの上に載せるように着用し、の下で結んでとめる。山中で瘴気を防ぐ効果があるといわれる。

他に、1尺8寸(約54センチメートル)の黒い布を巻く小頭襟、5尺(約1.5メートル)の布を巻く長頭襟などのバリエーションがある。

なお、元々の頭襟は頭にすっぽりとかぶせる大型のものであったが、江戸時代以降に小型化が進み、現在の形になった[1]

脚注[編集]

  1. ^ 山伏 ・室町時代・武装の伸展 日本服飾史 資料・風俗博物館~よみがえる源氏物語の世界~ - 室町時代の山伏。大型の頭襟を着用している。

参考文献[編集]

  • 国史大辞典編集委員会 編『国史大辞典 第10巻(と - にそ)』吉川弘文館、1989年