この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

きらめき (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

きらめき
「きらめき」に用いられる787系
「きらめき」に用いられる787系
概要
日本の旗 日本
種類 特急列車
運行開始 2000年3月11日
運営者 九州旅客鉄道(JR九州)
路線
起点 門司港駅小倉駅
終点 博多駅
使用路線 鹿児島本線
技術
車両 783系電車南福岡車両区
787系電車(南福岡車両区)
軌間 1,067 mm
テンプレートを表示

きらめきは、九州旅客鉄道(JR九州)が門司港駅小倉駅 - 博多駅間を、鹿児島本線経由で運行する特急列車である。

本項では「きらめき」の派生系統で、柳ヶ浦駅中津駅 - 博多駅間を日豊本線・鹿児島本線経由で運行していた臨時特急「官兵衛きらめき」(かんべえきらめき)についても記載する。

概要

特急「きらめき」は、2000年3月11日にそれまで「つばめ102号」「にちりん101号」として運行されていた、博多発門司港行きの特急に独立した列車名を与える形で設定された。翌2001年3月3日には「ホームライナー・エアポートライナー」などの乗車整理券が必要な快速列車をすべて「きらめき」に編入し、種別統一を図った。ただし、「ホームライナー」時代は乗車整理券300円で着席が保証されたが、「きらめき」は普通車自由席のみとしたため、特急券510円(25kmまでは300円)を払っても着席が保証されなくなった。そのため、連結両数が各列車の走行時間帯の需要より多めに設定されていた。

運行当初から前身の列車を受け継ぐ形でホームライナーに近い形態で運行され、朝もしくは夕方以降の運行に限られてきたが、2011年3月12日九州新幹線鹿児島ルートの全線開業に伴い廃止された「リレーつばめ」・「有明」の門司港駅・小倉駅 - 博多駅間は「きらめき」に編入する形で存続することになり、日中の運転も含めて本数が大幅に増えていた[1]。だが日中の利用は振るわなかったことから2014年3月15日のダイヤ改正で3往復が削減、2018年3月17日のダイヤ改正ではさらに4.5往復が削減されて、再びホームライナーに近い運行形態に戻ることになった。

なお、「きらめき」の列車名は1988年3月13日から1997年3月21日まで、西日本旅客鉄道(JR西日本)が北陸本線米原駅 - 金沢駅間で運行する速達形特急の愛称に用いられていた(「しらさぎ」の項を参照)。ほかのJRで採用されていた特急列車の名称をまったく別系統の特急列車の名称に採用するという比較的珍しいケースである[注 1]

運行概況

783系の「きらめき」の側面方向幕

門司港駅 - 博多駅間下り3本(土曜・休日5本)・上り8本、小倉駅 - 博多駅間下り4本・上り2本(金曜・休前日3本)の計下り7本(土曜・休日9本)・上り10本(金曜・休前日11本)が運行されている。号数は毎日運転の列車、金曜・休前日運転の列車は1 - 13号/2 - 22号(22号が金曜・休前日運転)、土曜・休日運転の列車は101・103号が与えられている。列車番号は、1 - 13号/2 - 22号は号数+50M、101・103号は号数-10Mである。

2011年3月12日のダイヤ改正で大幅に増発され、小倉駅 - 博多駅間では早朝・夜間を除き「ソニック」2本、「きらめき」1本により特急を約20分間隔で運転していたが、2014年3月15日・2018年3月17日のダイヤ改正で日中の運行はほとんどが廃止され、20分間隔での運行は朝・夕方以降のみとなった。

九州新幹線鹿児島ルートの全線開業以前は下り3本(土曜・休日4本)・上り7本の運行で、ほとんどの列車が門司港駅発着で運行されていた。

官兵衛きらめき

2014年7月19日より土曜・休日を中心に、この年放送されたNHK大河ドラマ軍師官兵衛』にちなみ(黒田孝高〈官兵衛〉)は後半生、中津城を居城としていた)、本来の「きらめき7号」を柳ヶ浦駅始発に変更した臨時特急「官兵衛きらめき7号」が運行を開始した。787系BM-13編成に官兵衛ラッピングが施され、「官兵衛きらめき」に優先的に運用されていた。

「軍師官兵衛」の放送終了後ラッピング編成は姿を消したが、「官兵衛きらめき」は2014年度よりも大幅に運行日は削減されたものの、2016年のゴールデンウィークまで設定されていた(号数は7号から97号に変更)、また2014年・2015年には築城基地航空祭の開催日に、博多駅 - 中津駅間に航空祭向けの臨時特急「官兵衛きらめき91・92号」が運転された(92号は当時の「きらめき13号」を小倉駅始発から中津駅始発に変更した形)。

なお「官兵衛きらめき」は小倉駅で進行方向が変わるため、小倉駅到着時に座席の向きを変えるようにとの車内案内がなされていた。

停車駅

門司港駅 - 門司駅 - 小倉駅 - 戸畑駅 - (八幡駅) - 黒崎駅 - 折尾駅 - 赤間駅 - (東郷駅) - (福間駅) - (香椎駅) - (吉塚駅) - 博多駅

  • ( )は一部列車のみ停車
    • 八幡駅・東郷駅・福間駅は下り1・7・101号(1号は八幡駅のみ)と、6号以降の上り列車が停車。
    • 香椎駅は下り11・13号が停車。
    • 吉塚駅は下り7号が停車。
  • 時期によってスペースワールド駅に臨時停車する列車がある。
  • ( )を含めたこの停車駅は2000年までの快速列車停車駅とほぼ同等である。

「官兵衛きらめき97号」の日豊本線内の停車駅

柳ケ浦駅 - 中津駅 - 宇島駅 - 行橋駅 - 小倉駅

「官兵衛きらめき91・92号」の停車駅

博多駅 - (香椎駅) - 赤間駅 - 折尾駅 - 黒崎駅 - (八幡駅) - 戸畑駅 - 小倉駅 - (下曽根駅) - 行橋駅 - 築城駅 - (宇島駅) - 中津駅

  • ( )は91号のみ停車

使用車両・編成

2018年3月17日現在の編成図
きらめき
← 博多
小倉・門司港 →
5号
1 2 3 4 5 6 7 8 9
G G
  • 土曜・休日は下記の5両編成で運転
  • 4・5号車間は通り抜け不可
7・18号
1 2 3 4 5 6 7 8
G G
  • 18号は5 - 8号車のみで運転
  • 車両運用の都合で4・5号車間が通り抜け不可になる場合がある
1・9号
2・10・14号
1 2 3 4 5
G
103号
16・20号
1 2 3 4
G
3・13号
8・12号
1 2 3 4 5 6 7
DX, G G個4 自・b
11・101号
4・6・22号
1 2 3 4 5 6
DX, G G個4 自・b

  • 全車禁煙
  • 普通車全車自由席として運行される場合がある
凡例
G=グリーン車座席指定席
G個4=グリーン車4人個室(座席指定席)
DX=DXグリーン席(座席指定席)
指=普通車座席指定席
自=普通車自由席
b =普通車4人用ボックスシート(自由席)

南福岡車両区に所属する783系電車(ハイパーサルーン)、787系電車が充当されている。

783系は下り4本(土曜・休日5本)・上り6本に充当されており、1・2・5・9・10・14号は「にちりん」などに用いられる5両編成、16・103号は博多駅発着のホームライナー的列車に用いられる4両編成、、18号は「みどり」用の4両編成、20号は「ハウステンボス」用の4両編成、7号は「みどり」編成と「ハウステンボス」編成を連結した8両編成で運転されている。なお平日の5号は、この日は運行されない103号の車両を博多寄りに増結し、9両編成で運転する。各車両とも中央の乗降口を境に博多寄りのA室と小倉・門司港寄りのB室に分かれており、駅や車内でもそのように案内されている。

783系は2001年3月3日の運用開始以降長らく2往復のみでの運用であったが、2018年3月17日のダイヤ改正で「きらめき」での運用が増加し、本数では787系を逆転した。また平日の5号は、新幹線・在来線を通してJR九州管内を運行する優等列車としては最長の編成である。

787系はDXグリーン席とグリーン個室を連結した編成が下り3本(土曜・休日4本)・上り4本(金曜・休前日5本)に充当され、3・8・12・13号は7両編成、4・6・11・22・101号は6両編成で運転されている。2011年3月12日のダイヤ改正で「リレーつばめ」「有明」の博多駅以北を編入したため、783系で運行の2往復を除いて787系に車両が統一されていたが、2018年3月17日のダイヤ改正で本数減と一部列車の783系への変更に伴い、787系での運用は大幅に減少した。

運行開始当初は通勤時間帯にのみ運転されるという使命を持っていたため、ほかの特急列車の間合い運用によって運行されており、九州新幹線鹿児島ルート全線開業直前の2011年2月時点では以下の車両により運行されていた。

  • 783系(2001年より充当)
    • 「みどり」+「ハウステンボス」編成:1往復
    • CM35編成:1往復
      なお平日の下り列車は「ハウステンボス」編成+「みどり」編成+CM35編成(3編成連結)による1本の列車として運行。
  • 787系(運行開始当初より充当)
    • 「リレーつばめ」編成:上り2本
    • 「有明」6両編成:下り2本・上り1本
    • 「有明」4両編成:上り1本
  • 883系:上り1本
    ソニック」編成。2008年の一時期および2009年より充当

運行開始当初から2005年までと、2008年から2009年までは885系電車も充当されていた。なお2005年までは「かもめ」編成、2008年から2009年は「ソニック」編成での運行であった。


沿革

2000年代の動き

  • 2000年平成12年)3月11日:JR九州が門司港駅 - 博多駅間を鹿児島本線経由で運行する特急「きらめき」が運転開始。当時は上り2本の設定で、787系電車885系電車を使用。
  • 2001年(平成13年)3月3日:博多駅発着の「ホームライナー」系統を全て「きらめき」に統合し、下り2本・上り5本の運転となる。783系の使用を開始。小倉駅発着列車も設定。
    • このときの「ホームライナー」の特急格上げおよび「にちりん」の博多駅撤退により、博多駅に発着する485系電車使用の定期列車は消滅。
  • 2003年(平成15年)3月15日:それまで小倉駅 - 水前寺駅間で運行していた「有明1号」の小倉駅 - 博多駅間が「きらめき」1号として独立し、下りは3本の運行となる。
  • 2004年(平成16年)3月13日:前年独立した「きらめき1号」が「リレーつばめ」に編入され、下りは2本の運転に戻る。
  • 2005年(平成17年)
    • 3月1日:上り1本を中津駅行きの「ソニック」に変更し、上りは4本の運転となる。885系の充当は終了。
    • 10月1日:「きらめき」が1往復増発し、下り3本・上り5本の運転となる。
  • 2007年(平成19年)3月18日:全列車全車両が禁煙とされる。
  • 2008年(平成20年)
    • 3月15日:「きらめき」が上り1本増発され、下り3本・上り6本になる。883系の使用開始。
      • 883系で運行される6号は、翌日の朝に運転される小倉駅始発の「ソニック201号」の送り込み列車を兼ねるが、「ソニックにちりん」「ソニック」以外の列車に所定のダイヤで883系が充当されるのは、1995年・1997年のダイヤ改正の直前に短期間「にちりん」に充当されたのを除けば初めての事例であった。またこれにより、「きらめき」はJR九州が開発した特急形電車(783系・787系・883系・885系)がすべて所定のダイヤ上で定期列車に充当された経験を持つ初めての列車となった(車両不足時の臨時充当も含めれば「ソニック」もこれに該当する)。
    • 7月19日:「きらめき6号」→「ソニック201号」の運用を885系電車に変更。これにより883系は4か月で「きらめき」から撤退し、代わりに885系が3年4か月ぶりに「きらめき」運用に復帰。
  • 2009年(平成21年)3月14日:1往復増発し(下りは土曜・休日のみの運転)、下り3 - 4本・上り7本の運行となる。また「ソニック」の車両運用の変更に伴い885系は再び撤退し、代わりに883系が「きらめき」運用に復帰。

2010年代の動き

  • 2011年(平成23年)3月12日:九州新幹線鹿児島ルート全線開業に伴うダイヤ改正により、以下のように変更[1]
    1. 「きらめき」は「リレーつばめ」「有明」の博多駅以北を編入する形で下り14本(土曜・休日は16本)・上り17本に増発、日中毎時2本運転される「ソニック」と合わせて、ダイヤ改正前同様に小倉駅 - 博多駅間で1時間あたり3本の特急が運転される[1]
    2. 使用車両は783系のままで残る2往復(うち下り1本は土曜・休日のみ運行)を除き、787系6両編成(DXグリーン席・グリーン個室連結)に統一。これにより883系は再度「きらめき」から撤退。
  • 2012年(平成24年)7月2日 - 9月7日電力不足による節電対策として、平日に限り日中の3往復を運休する[2]
  • 2014年(平成26年)3月15日:ダイヤ改正。日中の小倉駅発着3往復を削減し、下り11本(土曜・休日は13本)・上り14本の運行とする[3]。また、787系充当列車のうち2往復を7両編成とする。
  • 2014年(平成26年)7月19日:臨時特急「官兵衛きらめき」運行開始。
  • 2018年(平成30年)3月17日:ダイヤ改正に伴い以下のように変更[4]
    1. 「きらめき」は日中の下り5本・上り4本を削減。
    2. 従来柳ヶ浦駅発着だった「ソニック101・102号」を門司港駅・小倉駅発着に変更の上で「きらめき」に編入(なお「ソニック101・102号」は中津駅 - 大分駅間の列車として存続)。
    3. 上りの最終列車(改正前28号・改正後22号)は金曜および休前日のみの運行となる。
      • 以上の変更により「きらめき」は下りが平日7本、土曜・休日9本、上りが金曜・休前日以外10本、金曜・休前日11本の運行となり、運行時間も朝・夕方以降のみとなる。また787系運用の一部が783系に置き換えられる。

脚注

注記

[ヘルプ]
  1. ^ 新幹線がらみであれば、東京 - 九州間の寝台特急の列車名から新幹線の列車名に転じた「さくら」「みずほ」「はやぶさ」の例がある。また、在来線でも「白鳥」は新旧列車に共通する停車駅こそあるものの、運転系統は全く異なる。

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 平成23年春ダイヤ改正(2010年12月20日時点のアーカイブ) - 九州旅客鉄道ニュースリリース 2010年12月17日
  2. ^ “今夏における節電対策について” (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, http://www.jrkyushu.co.jp/save_energy.pdf 2012年6月26日閲覧。 
  3. ^ “平成26年春ダイヤ改正” (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2013年12月20日), オリジナル2014年1月3日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140103211950/http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/9dd28b8cb8f46cee49256a7d0030d2e6/4f0ac469b07b069149257c4b001a6f6c/$FILE/%E5%B9%B3%E6%88%9026%E5%B9%B4%E6%98%A5%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%A4%E6%94%B9%E6%AD%A3.pdf 2017年2月9日閲覧。 
  4. ^ “平成30年3月にダイヤを見直します” (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2017年12月15日), http://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2017/12/15/171215NewsRelease_honsha.pdf 2017年12月15日閲覧。 

関連項目

外部リンク