白鳥 (列車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
白鳥
Hakucyo.jpg
特急「白鳥」
2001年1月9日 新疋田 - 敦賀間
概要
運行開始 1961年10月1日
運行終了 2001年3月2日
後継 特急「雷鳥」
特急「北越
特急「いなほ
旧運営者 Japanese National Railway logo.svg 日本国有鉄道(国鉄)→
JR logo (west).svg 西日本旅客鉄道(JR西日本)
JR logo (east).svg 東日本旅客鉄道(JR東日本)
路線
起点 大阪駅福井駅
終点 青森駅上野駅
使用路線 JR西日本:東海道本線湖西線北陸本線
JR東日本:信越本線白新線羽越本線奥羽本線
技術
車両 80系気動車(国鉄尾久客車区・国鉄向日町運転所)
485系電車(JR東日本青森運転所・JR西日本向日町運転所・JR東日本上沼垂運転区・JR西日本京都総合運転所)
軌間 1,067 mm (3 ft 6 in)
電化 直流1,500V
交流20,000V・50/60Hz
運行速度 最高120 km/h (75 mph)

白鳥は、日本国有鉄道(国鉄)およびJRが、かつて大阪駅 - 青森駅間などで運行していた特急列車である。

概要[編集]

1961年10月に運行を開始。大阪駅 - 直江津駅間は青森駅発着編成と上野駅発着編成を併結した多層建て列車として運行された。混乱を防止するため国鉄内部では青森駅発着編成を「青森白鳥」、上野発着編成を「信越白鳥」と区分していた。また、「青森白鳥」は大阪 - 青森間(当時1052.9km)を走るという、昼行特急列車としては日本一の走行距離を有する列車となった。また大阪発基準で「青森白鳥」が下り、「信越白鳥」が上り列車となる。

青森白鳥
信越白鳥
  • 列車番号:上野行き4002D / 大阪行き4003D(直江津 - 上野間)
    大阪駅 - 直江津駅間は青森白鳥に順ずる。
  • 北陸本線・信越本線・高崎線東北本線経由

青森駅では青函連絡船深夜便を介し北海道内の特急「おおぞら」に接続。

  • 連絡船の深夜便に接続するダイヤは連絡船の便名をとって「1便接続」と呼ばれたが、接続列車の列車番号も1D(「はつかり」・「おおぞら」)、2001D(「白鳥」)など下一桁が1で統一されており、以後廃止されるまで踏襲された。

1965年10月1日のダイヤ改正で上野駅発着の「白鳥」を「はくたか」と系統分離した後、青森駅発着の「白鳥」が単独で運行されたが、国鉄分割民営化を経て2001年3月3日のダイヤ改正により、大阪駅 - 金沢駅間は「雷鳥」、金沢駅 - 新潟駅間は「北越」に、新潟駅 - 青森駅間は「いなほ」に系統分割され廃止された[1]

列車名は新潟県北蒲原郡水原町(現・阿賀野市)の瓢湖(ひょうこ)に飛来する白鳥とされていた[注 1]

運行概況[編集]

停車駅[編集]

運行開始時
青森白鳥(大阪 - 青森間)
大阪駅 - 京都駅 - 米原駅 - 敦賀駅 - 福井駅 - (大聖寺駅) - 〔動橋駅〕 - 金沢駅 - 高岡駅 - 富山駅 - 直江津駅 - 長岡駅 - 新津駅 - 鶴岡駅 - 酒田駅 - 秋田駅 - 大館駅 - 弘前駅 - 青森駅
信越白鳥(直江津 - 上野間)
直江津駅 - 長野駅 - 軽井沢駅 - 横川駅 - 高崎駅 - 上野駅
  • ( )は大阪行きのみ停車、〔 〕は青森・上野行きのみ停車
2001年3月運行終了時
大阪駅 - 新大阪駅 - 京都駅 - (近江今津駅) - 敦賀駅 - 武生駅 - 鯖江駅 - 福井駅 - 芦原温泉駅 - 加賀温泉駅 - 小松駅 - 松任駅 - 金沢駅 - 高岡駅 - 富山駅 - 魚津駅 - 糸魚川駅 - 直江津駅 - 柏崎駅 - 長岡駅 - 東三条駅 - 新津駅 - 新潟駅 - 新発田駅 - 中条駅 - 坂町駅 - 村上駅 - あつみ温泉駅 - 鶴岡駅 - 酒田駅 - 象潟駅 - 仁賀保駅 - 羽後本荘駅 - 秋田駅 - 東能代駅 - 鷹ノ巣駅 - 大館駅 - 弘前駅 - 青森駅
  • ( )は大阪行きのみ停車

担当乗務員区所[編集]

  • 運転士は各旅客会社が自社区間を担当。

能生騒動[編集]

運行開始当初、単線による列車待ち合わせのため、北陸本線能生駅(当時・西頸城郡能生町、現・糸魚川市)に「白鳥」が運転停車するダイヤが組まれたが、誤って駅の時刻表や一般の時刻表に発車時刻が掲載された。これが一漁村である能生駅に新しい特急列車が客扱い停車をすると伝わってしまい、地元はたちまちお祭り騒ぎになってしまった。

運行開始日に大勢の人が「白鳥」を出迎えたが、停車するだけでドアを開けずにそのまま走り去ってしまい、出迎えた地元の人々は愕然とした。騒動は国鉄の不祥事としてマスコミによって日本中に伝えられ[3]、「能生(のう)はNO!」などという流行語も生まれた。

使用車両[編集]

車両は前年の1960年に開発され東北本線特急「はつかり」に投入されたキハ81系の改良型となるキハ82系新造車が充当された。

  • キハ81系は初の特急形気動車であり開発期間が短かったことも災いし初期故障を頻発させたことからマスコミから「はつかり、がっかり、事故ばつかり」と揶揄された。そのためキハ82系では故障防止のために入念な試運転などが行われた。しかし1963年の冬期には豪雪によって運行不能となる事態が発生しマスコミから「瀕死の白鳥」と書き立てられたこともあった。

青森編成・上野編成ともに同一のキハ82系標準とされる1等車(現・グリーン車)・食堂車各1両を連結した6両編成で組成された。それぞれの有効時間などの兼ね合いで両編成とも食堂車は日本食堂(現・日本レストランエンタプライズ)により営業された。編成ごとのメニューの相違から、当該列車をよく利用する客は気分や好みで使い分けをしたり、味の比較を行った乗客もいたエピソードも残っている[4]

「白鳥」食堂車2両組込編成[5][6]・調理接客担当業者(1961年10月1日現在)
信越白鳥 青森白鳥
← 大阪・上野
直江津 →
← 大阪
青森 →
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
キハ
82
キロ
80
キシ
80
キハ
80
キハ
80
キハ
82
キハ
82
キハ
80
キハ
80
キシ
80
キロ
80
キハ
82
尾久客車区 向日町運転所
日本食堂上野営業所 日本食堂青森支店
備考
  • 信越白鳥は上野 - 直江津逆編成。
  • 1963年4月20日より信越白鳥は向日町運転所に移管。普通車1両(キハ80形)増車の7両編成となり、5号車にキシ80形、6号車のキロ80形を組成する編成に変更[7]
  • 1963年10月1日より青森白鳥も普通車1両(キハ80形)増車の7両編成となる[7]

1972年10月に白新線・羽越本線の電化により485系電車に置換えられた当時は「運行距離世界最長の電車列車」と称された。

「白鳥」485系編成(1972年10月2日現在)[8]
← 大阪・青森
新潟 →
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13
クハ
481
モハ
485
モハ
484
モハ
485
モハ
484
サシ
481
モハ
485
モハ
484
モハ
485
モハ
484
サロ
481
サロ
481
クハ
481
青森運転所

その他[編集]

1998年1月29日大阪発、翌30日青森発「白鳥」は583系10両編成で運転され、臨時「日本海」などに次ぐ3電源直通運転となった[9]

降雪や暴風など列車が大幅に遅れた場合には、途中区間から特発として他区所の485系を用いた「白鳥」を見ることができた。その一例を示す[10]

  • 485系3両編成(南秋田運転所・かもしか編成)による「白鳥」(秋田 → 青森)
  • 485系9両編成(上沼垂運転区)による「白鳥」(新潟 → 大阪)[注 2]

沿革[編集]

「白鳥」1983年 山崎付近
「白鳥」
1983年 山崎付近
「白鳥」福井発着6両編成1985年 秋田
「白鳥」福井発着6両編成
1985年 秋田
「白鳥」上沼垂所属車1987年 秋田
「白鳥」上沼垂所属車
1987年 秋田
「白鳥」上沼垂色グレードアップ編成1991年 青森
「白鳥」上沼垂色グレードアップ編成
1991年 青森
  • 8月8日:グリーン車1両減車により、12両編成に短縮[注 4][11]
  • 10月2日:ヘッドマークを「飛び立つハクチョウ」のイラストマークに変更。
  • 1982年(昭和57年)11月15日ダイヤ改正により、金沢駅 - 青森駅間の急行「しらゆき」を発展的解消させ、福井駅 - 青森駅間で1往復を増発。増発分は青森運転所所属の485系9両編成(グリーン車1両連結)が担当し、「白鳥」は計2往復となる。
  • 1984年(昭和59年)11月1日:大阪駅発着の2・3号に連結されていた食堂車の営業を休止し、編成から外す。
  • 1985年(昭和60年)3月14日:ダイヤ改正で福井駅 - 青森駅間の「白鳥」1・4号を「北越」・「いなほ」の2列車に系統分割。再び1往復となる。
    • 車両運用を向日町運転所に移管のうえ、普通車1両減車の10両編成とする[12]
  • 1986年(昭和61年)11月1日:ダイヤ改正で日本海縦貫線に関係する特急車両配置基地の見直しを行った結果、車両配置を上沼垂運転区(現・新潟車両センター)に移管のうえ、普通車1両減車の9両編成とする[12]
    • 民営化後に上沼垂所属車は指定席車のシート交換とピッチ拡大・自由席車を簡易リクライニングシートに統一などのグレードアップ改造と塗色変更などを施工。
  • 1988年(昭和63年)3月13日:青函トンネル開通に伴うダイヤ改正で「白鳥」の対北海道接続[注 5]が従来の青函連絡船から青森駅 - 札幌駅間の夜行急行「はまなす」に変更。
  • 1990年平成2年)3月10日:前述のアコモ改良の進捗に伴い、アコモ改良編成が毎日充当されるようになる[13]
  • 1997年(平成9年)3月:車両配置を京都総合運転所(現・吹田総合車両所京都支所)に移管。
  • 1999年(平成11年):秋田駅 - 青森駅間の車内販売営業廃止。


2001年3月廃止時の編成図
白鳥
← 大阪/青森
新潟 →
1 2 3 4 5 6 7 8 9
Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg Rauchen Verboten.svg
G
凡例
G=グリーン車座席指定席
指=普通車座席指定席
自=普通車自由席

廃止日の編成は4号車を除いて全車自由席

  • 2001年(平成13年)3月3日:ダイヤ改正で日本海縦貫線の昼行列車運行系統を新潟駅で分離することになり、「白鳥」を廃止。以下の運行区間に分割。
    • 大阪駅 - 金沢駅・富山駅間:「雷鳥」・「サンダーバード」[注 6]
    • 金沢駅 - 新潟駅間:「北越」[注 7]
    • 新潟駅 - 青森駅間:「いなほ」[注 8]


脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 同時期に運行を開始した特急列車の列車名には、鳥類を使用した事例があり、この列車の場合もその一つとも言える。
  2. ^ 1997年9月に「白鳥」運用を京都総合運転所に移行後、関西地区での上沼垂色「白鳥」は見られなくなった
  3. ^ 運行距離が1,040.0kmに短縮。同時に延伸開業した東海道山陽新幹線ひかり」の東京駅 - 博多駅間直通列車が1,069.1km(実キロ)と29.1km長くなった関係で「在来線運行距離最長の電車列車」となった。
  4. ^ 10月2日ダイヤ改正への移行作業のため。正式には10月2日ダイヤ改正より減車扱い。
  5. ^ しかし、すでに1980年代以降は「白鳥」の京阪神北海道連絡の役割は航空機利用へのシフトに伴いほとんど失われていた。「白鳥」・「はまなす」の接続は秋田駅 - 弘前駅間周辺の地域ならびに「北海道周遊券」などの特別企画乗車券利用者程度だったと言われている。
  6. ^ 2011年(平成23年)3月12日ダイヤ改正で、列車名が「サンダーバード」に統一された。また、2015年(平成27年)3月14日ダイヤ改正の北陸新幹線開業に伴い、金沢駅 - 富山駅間は新幹線列車「つるぎ」となった。
  7. ^ 2015年(平成27年)3月14日ダイヤ改正の北陸新幹線開業に伴い廃止され、金沢駅 - 東京駅間の新幹線列車「はくたか」と接続する形で、新井駅・上越妙高駅 - 新潟駅間が「しらゆき」となった。
  8. ^ 2010年(平成22年)12月4日ダイヤ改正でさらに運行系統を分割し、新潟駅 - 秋田駅間が「いなほ」、秋田駅 - 青森駅間が「つがる」となった。

出典[編集]

  1. ^ “-平成13年3月 ダイヤ改正について- I 在来線特急・急行” (プレスリリース), 西日本旅客鉄道, (2000年12月8日), オリジナルの2001年4月17日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20010417124807/www.westjr.co.jp/kou/press/4press/n001208b.html 2001年4月17日閲覧。 
  2. ^ 『鉄道ジャーナル』1997年8月号、鉄道ジャーナル社、1997年、p.23
  3. ^ 「ぬか喜びの特急停車 北陸線能生駅 国鉄が不手際」- 朝日新聞 1961年10月3日朝刊
  4. ^ 「仰天列車 鉄道珍車奇車列伝」 藤崎一輝、秀和システム
  5. ^ 『80系気動車物語』草原社
  6. ^ 『鉄道ファン』2001年5月号、交友社、2001年、p.74
  7. ^ a b 『鉄道ファン』2001年5月号、交友社、2001年、p.76
  8. ^ 『鉄道ファン』2001年5月号、交友社、2001年、p.79
  9. ^ 『鉄道ファン』2001年5月号、交友社、2001年、p.84
  10. ^ 『鉄道ファン』2001年5月号、交友社、2001年、p.137
  11. ^ 『鉄道ファン』2001年5月号、交友社、2001年、p.80
  12. ^ a b 『鉄道ファン』2001年5月号、交友社、2001年、p.81
  13. ^ 『鉄道ファン』2001年5月号、交友社、2001年、p.83

参考文献[編集]

  • 寺本光照『国鉄・JR列車名大事典』中央書院、2001年。ISBN 4-88732-093-0

関連項目[編集]