武生駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武生駅
駅舎(2018年9月)
駅舎(2018年9月)
たけふ
Takefu
王子保 (4.3km)
(5.2km) 鯖江
所在地 福井県越前市府中一丁目1-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 北陸本線
キロ程 81.0km(米原起点)
電報略号 タフ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
2,344人/日(降車客含まず)
-2016年-
開業年月日 1896年明治29年)7月15日
備考 直営駅
みどりの窓口
テンプレートを表示

武生駅(たけふえき)は、福井県越前市にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線である。

概要[編集]

当駅は福井県第2の都市である(旧)武生市の代表駅で、同地区の中心駅である。

優等列車のうち特急しらさぎ」の全列車と「サンダーバード」のほとんどが停車する。

当駅を終点とする普通列車もあり、南越地方の主要駅の一つとなっている。

事務管コードは▲541425[1]

乗り入れ路線[編集]

かつては福井鉄道南越線社武生駅(しゃたけふえき)が当駅に隣接していたが、同駅は1981年(昭和56年)4月1日に廃止となった。

また、当駅から350m離れた場所に福井鉄道福武線越前武生駅がある。

歴史[編集]

駅構造[編集]

2面3線のホームを有する地上駅である。福井地域鉄道部管理の直営駅で、駅構内にはみどりの窓口みどりの券売機・タッチパネル式自動券売機(交通系iCカード決済可能・2台)・交通系iCカード専用簡易自動改札機・売店(セブン-イレブン キヨスク)・立ち食いそば店(今庄そば)・化粧室がある。化粧室は改札の内外にあり改札内に限り身障者対応の設備となっている。

改札内の1番のりばは西側で改札を通ってすぐの単式ホーム、2・3番のりばはそこから跨線橋(エレベーター設置)を通って連絡する島式ホームである。

当地は福井県の名産品である「越前打刃物」の産地であるため、1番のりば上には刃物で制作された「龍」の模型が展示されている。

改札口とホーム上には発車標がそれぞれ設置されており、コンコースとホーム上には屋内待合室が設置されている。

駅舎の改修[編集]

2010年の夏頃から駅のバリアフリー化工事が行われ、これまで改札を抜け右手になった木造の跨線橋に変わり、2010年12月中旬に改札を抜け左手に新たにエレベータ付きの跨線橋が完成した。新跨線橋が完成したことにより、旧跨線橋は2011年1月中旬をもって封鎖となり、同年8月をもって撤去工事が完了した。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先 備考
1 北陸本線 下り 福井金沢方面 一部2番のりば
2・3 上り 敦賀大阪米原方面

ギャラリー[編集]

駅舎[編集]

駅構内[編集]

改札内[編集]

駅周辺[編集]

利用状況[編集]

「福井県統計年鑑[5]」によると、2016年(平成28年)度の1日平均乗車人員2,344人である。

近年の1日平均乗車人員は以下の通り。

年度 1日平均
乗車人員
1995年(平成07年) 2,653
1996年(平成08年) 2,593
1997年(平成09年) 2,472
1998年(平成10年) 2,358
1999年(平成11年) 2,312
2000年(平成12年) 2,437
2001年(平成13年) 2,350
2002年(平成14年) 2,271
2003年(平成15年) 2,219
2004年(平成16年) 2,230
2005年(平成17年) 2,359
2006年(平成18年) 2,423
2007年(平成19年) 2,440
2008年(平成20年) 2,394
2009年(平成21年) 2,324
2010年(平成22年) 2,287
2011年(平成23年) 2,262
2012年(平成24年) 2,253
2013年(平成25年) 2,332
2014年(平成26年) 2,290
2015年(平成27年) 2,328
2016年(平成28年) 2,344

駅周辺[編集]

駅前にはロータリーが整備されており、日中はタクシーや路線バスが停車している。駅舎の上を通る連絡通路が整備されており、駅裏への連絡手段として利用されている。

駅周辺には福井鉄道の駅のほか、宿泊施設や大型商業施設・市役所などの公共施設や教育施設をはじめ、寺院や神社などの施設が多く所在する。

バスのりば[編集]

JR武生駅停留所

駅舎北西隣にあるアル・プラザ武生の正面玄関付近。

  • 福井鉄道バス
    • 南越線
    • 坂口白山線 ※土曜・日曜・祝日運休
    • 池田線
    • 武生越前海岸線
    • 王子保河野線 ※平日4.5往復・土曜4往復・日祝2往復の運行
    • 春夏秋遊バス(武生楽市・武生そばの里・武生和紙の里・こってコテいけだ・冠荘・TPA)※2017年10月末までの土曜・日祝2往復の運行
    • 冬遊バス(北前船主の館・道の駅「越前」・水仙ランド・呼鳥門・陶芸村前)※2018年3月末までの土曜・日祝2往復の運行
  • 越前市市民バス「のろっさ」
    • 1 市街地循環北ルート ※日曜・年末年始運休
    • 2 市街地循環南ルート ※日曜・年末年始運休
    • 3-1 吉野・大虫ルート(吉野編) ※月曜・木曜運転(年末年始を除く)
    • 3-2 吉野・大虫ルート(大虫編) ※月曜・木曜運転(年末年始を除く)
    • 4 坂口・神山ルート ※火曜・土曜運転(年末年始を除く)
    • 5 王子保・南ルート ※月曜・木曜運転(年末年始を除く)
    • 6-1 国高・北日野ルート(国高編) ※水曜・金曜運転(年末年始を除く)
    • 6-2 国高・北日野ルート(北日野編) ※水曜・金曜運転(年末年始を除く)
    • 7 味真野・北新庄ルート ※水曜・金曜運転(年末年始を除く)
    • 8 白山・大虫ルート ※火曜・土曜運転(年末年始を除く)
武生駅停留所

駅舎南西隣にある武生パレスホテルの西面、ロータリー出口の交差点を左折すぐ。

越前市に停車するこのほかの高速路線バスは、いずれも北陸自動車道武生ICのバスストップを使用している。

社武生駅[編集]

社武生駅
しゃたけふ
SHATAKEHU
(0.3km) 福武口
所在地 福井県武生市(現・越前市)錦町
所属事業者 福井鉄道
所属路線 南越線
キロ程 0.0km(社武生起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
開業年月日 1914年(大正3年)1月29日
廃止年月日 1981年(昭和56年)4月1日
テンプレートを表示

社武生駅(しゃたけふえき)はかつて福井県武生市錦町にあった福井鉄道南越線の駅(廃駅)である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

切欠きホーム1面2線と単式ホーム1面1線の合計2面3線を有する駅だった。

駅跡[編集]

駅の名をとどめるものは残っていない。

北陸新幹線敦賀延伸後[編集]

所在地である越前市内には、北陸新幹線南越駅(なんえつえき・仮称)が北陸自動車道武生IC付近に新幹線単独の駅として計画されている。なお、当駅との連絡の方法は未定。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
北陸本線
快速(早朝に上り1本のみ運転)
南条駅武生駅鯖江駅
普通
王子保駅 - 武生駅 - 鯖江駅
福井鉄道
南越線(廃止)
社武生駅 - 福武口駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本国有鉄道旅客局(1984)『鉄道・航路旅客運賃・料金算出表 昭和59年4月20日現行』。
  2. ^ 建物財産表に準拠(駅長室入口貼付・ギャラリー内「建物財産表」参照)
  3. ^ 駅設置の掲示に準拠(ギャラリー内「改札口」参照)
  4. ^ “イコカ福井県内導入は9月15日 福井駅と敦賀駅は先行で自動改札”. 福井新聞. (2018年5月31日). オリジナル2018年6月4日時点によるアーカイブ。. https://archive.li/lM5VM 2018年6月4日閲覧。 
  5. ^ 福井県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]