北府駅 (南越線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
北府駅
きたごう
KITAGŌ
福武口 (0.8km)
(1.6km) 村国
所在地 福井県武生市(現・越前市)万代町
所属事業者 福井鉄道
所属路線 南越線
キロ程 0.8km(社武生起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1927年(昭和2年)6月7日
廃止年月日 1981年(昭和56年)4月1日
備考 貨物駅
テンプレートを表示

北府駅(きたごうえき[1][2])はかつて福井県武生市(現・越前市)万代町にあった福井鉄道南越線の駅である。同線の全線廃止とともに廃駅となった。

同社福武線にある北府駅(きたごえき)とは別の駅であり、読み仮名も所在地も異なる。

歴史[編集]

  • 1927年昭和2年)6月7日 - 南越鉄道により新設される。
  • 1941年(昭和16年)7月2日 - 福武電気鉄道への合併により同社の駅となる。
  • 1945年(昭和20年)8月1日 - 鯖浦電気鉄道との合併により福井鉄道の駅となる。
  • 1981年(昭和56年)4月1日 - 社武生-粟田部間の全線廃止により廃駅となる。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と貨物用引込線1線を有する旅客駅を兼ねる貨物駅だった。貨物としてはホクコン武生工場のコンクリートのホッパ車を取り扱っていた。

福井県立武生高等学校信越化学工業武生工場およびホクコン武生工場への最寄り駅で、朝夕の通勤・通学時間帯のみ列車が停車していた。

駅跡[編集]

駅の名をとどめるものは残っていない。村国方の日野川に歩道橋に改修された日野川南越線鉄橋が残る。

隣の駅[編集]

福井鉄道
南越線(廃止)
福武口駅 - 北府駅 - 村国駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳 - 全線・全駅・全廃線』6 北信越、新潮社2008年、25頁。ISBN 978-4-10-790024-1
  2. ^ 寺田裕一 『新 消えた轍-ローカル私鉄廃線跡探訪-』7 北陸、ネコ・パブリッシング2010年、121頁。ISBN 978-4-7770-1091-2

参考文献[編集]