春江駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
春江駅
駅舎
駅舎
はるえ - Harue
森田 (2.3km)
(3.7km) 丸岡
所在地 福井県坂井市春江町中筋1-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 北陸本線
キロ程 108.1km(米原起点)
電報略号 ハル
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
1,035人/日(降車客含まず)
-2014年-
開業年月日 1926年大正15年)5月1日
備考 業務委託駅
POS端末設置
テンプレートを表示
ホームから見た駅舎(2009年10月12日)

春江駅(はるええき)は、福井県坂井市春江町中筋にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線である。

駅構造[編集]

元々は島式ホーム1面3線を有する地上駅であったが島式ホーム外側上り待避線が撤去され、現在は島式ホーム1面2線を有する地上駅分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。線路西側に駅舎があり、ホームへは跨線橋で連絡している。福井地震後に再建された木造駅舎が残っている。

福井地域鉄道部が管理し、ジェイアール西日本金沢メンテックが駅業務を受託する業務委託駅であり、窓口にはPOS端末の設備を備える。

春江駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 北陸本線 下り 芦原温泉金沢方面
反対側 上り 福井敦賀方面
  • 案内上ののりば番号は設定されていない。ホーム上及び時刻表にも記載はなく、「金沢方面」、「福井方面」という区別があるのみである。
  • 接近警告機から鳴るメロディは、下りホームが「村の鍛冶屋」、上りホームが「エリーゼのために」である。
  • トイレは改札の外側、待合室の南隣にある。

利用状況[編集]

「福井県統計年鑑」によると、一日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1998年 1,112
1999年 1,115
2000年 1,100
2001年 1,176
2002年 1,102
2003年 1,093
2004年 1,051
2005年 1,043
2006年 1,073
2007年 1,083
2008年 1,082
2009年 1,028
2010年 1,037
2011年 1,051
2012年 1,053
2013年 1,084
2014年 1,035

駅周辺[編集]

駅のすぐ南に線路をくぐる地下道があるが、自動車は通れない。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
北陸本線
森田駅 - 春江駅 - 丸岡駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『福井震災誌』(名古屋鉄道局、1950年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]