越前市市民バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
「のろっさ」

越前市市民バス(えちぜんししみんバス)は、福井県越前市が運営するコミュニティバス。小学生以上1乗車100円で、運行は福井鉄道(嶺北営業所)及び市内のタクシー会社に委託している。福井弁で「乗ろうよ」を意味する「のろっさ」という愛称が付けられている。

歴史[編集]

1990年代初め、若泉征三が当時町長を務めていた今立町(現・越前市)において町内の全居住集落を網羅する福祉バス運行構想を実現、現在の市民バスへと発展してゆく原点となっている。

  • 1992年4月 今立郡今立町、福祉バス「うらら号」運行開始
  • 2000年12月 武生市、福祉バス運行開始
  • 2001年11月 今立町、コミュニティバス「フレンズ」として再編し試験運行
  • 2002年4月 今立町、「フレンズ」本格運行開始
  • 2002年10月 武生市、コミュニティバス「武生市市民バス」として再編し、武生駅を拠点に運行開始
  • 2005年10月 武生市と今立町の合併により越前市が成立、名称を「越前市市民バス」に統一
  • 2007年4月 越前市、市民バスの愛称を「のろっさ」とし、越前武生駅への乗入開始

路線[編集]

  • 武生地区は市街中心部にある福井鉄道福武線越前武生駅及びJR西日本北陸本線武生駅を拠点に月曜 - 土曜の市街循環2路線と週2回の郊外6路線、今立地区は同市粟田部町の今立ふれあいプラザを拠点に月曜 - 金曜の巡回3路線を運行。両地区間は接続しておらず、公共交通機関の場合は福井鉄道の一般路線バス(南越線もしくは池田線)を利用することになる。

外部リンク[編集]